高坂昌信

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
信玄とは主従以上の蜜月の関係であった。

高坂昌信(こうさか まさのぶ)とは、戦国時代の甲斐の武将。「武田赤軍」に所属し、上杉謙信と張り合った。日本のレーニンである武田信玄のセフレであり、信玄が浮気した際には嫉妬して不幸の手紙を送り付けるというイケメンの嫌なやつである。通称「セフレ弾正」「逃げ弾正」。

あだ名の由来[編集]

一つ目のあだ名である「セフレ弾正」については前述したとおり、武田信玄の寵童だったことに由来しており、徳川四天王の井伊直政に通づるものがある。信玄が他の童にうつつを抜かした際、抗議の手紙・電話を連日繰り返し、あの信玄を芯から恐れさせた。このことから、「甲斐のtiger」のあだ名は実は昌信にこそ与えられるべき称号であると主張する者もいる(土屋昌次ら寵童出身の面々)。

もう一つの称号である「逃げ弾正」については読んでの通り、彼が腰抜けだったからに他ならない。三方ヶ原の戦い後、圧倒的優位に立っているにもかかわらず大規模追撃を中止させ、小規模部隊を繰り出して無用の損害を出したにもかかわらず、信玄のセフレであったというだけで無罪になった。しかし反面その逃げ足の速さはベン・ジョンソンをも凌ぎ、対峙した上杉軍は追撃する度に激しく疲労し、損害を出した。軍神・上杉謙信もこの作戦に困り果て、長篠合戦後も武田領を攻めようとはしなかったという。

作家としての業績[編集]

甲陽軍姦』という同人誌を小幡景憲と共同出版している。これは日本初の同人誌であり、文学史上でも大変価値あるものとされている。しかし武田信玄の画像がデブ、諏訪御料人・三条夫人のエロ画像、武田四天王の活躍がヤバ過ぎ、武田軍YABEEE、というような記述が多く、歴史家(主にウィキペディアン)には信憑性に疑問が持たれている。さらに内容の二十パーセントが昌信と信玄のカラミの画像で占められているという箇所に賛否両論の意見がある。また、赤備えのAV女優、「紅音ほたる」も描かれており、武田騎馬軍団の突進をその潮吹きで援護し、織田軍の鉄砲隊を蹴散らす姿が確認される。しかし現代におけるまでの武田氏に関する文学で最も著名なため、数多くの武田信者を生み出し、「武田教(狂)」という仙石ファンなら誰っでも一度は罹る病を生み出してしまっており、信州の軍神、村上義清らを卑下する結果となってしまっている。ゲームとして人気の「信長の野望」をプロデュースするシブサワ・コウ氏は軍姦を読んだ後、武田狂に入信、自らがプロデュースするゲームにおいては武田軍が最強過ぎる設定となっている。三好氏でクリアするにはどうすればいいんだ?

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高坂昌信」の項目を執筆しています。