馬鹿も休み休み言え

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
馬鹿な事をしてから休む馬鹿。

馬鹿も休み休み言え(ばかもやすみやすみいえ)とは、ふざけた事ばかりなのは許さないユーモア欠落症患者の考えたとされることわざである。

概要[編集]

あり得ない事を言われた時などに使うことわざであり、主な意味は、馬鹿はたまには言ってもいいが、馬鹿なことばかり言うのはやめろ。馬鹿は適度に言え、ということである。「休み休み言え」と命令形ではあるが、「休み休みに馬鹿を言え」と馬鹿を言うことを強制している訳では無ので、勘違いしないよう注意。

生い立ち[編集]

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「馬鹿も休み休み言え」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

生い立ちは前述の通り、このことわざ、はジョークに飽き飽きしたユーモア欠落症患者が考えた説が有力とされる。時期は不明だが、少なくともある程度馬鹿が増えてきた時代であることは確実であろう。ではその時代がいつなのかというと、具体的にはまだ分かっていない。専門家による独自研究が期待される。

使用例[編集]

このことわざの主な使用例は下の通り

B「そんな訳ないだろう、馬鹿も休み休み言ってくれよ。」
  • A「すいません、ここはこうで良いんですか?」
B「もう五回目だよ、君は本当に世話がやけるなあ、馬鹿も休み休み言ってくれ。」

アンサイクロペディアへの影響[編集]

ジョークが関係していることわざなので、アンサイクロペディアも影響を受けてしまう。一説によると、アンサイクロペディアを嫌っている者の多くは、このことわざの信者であるらしい。もちろんユーモア欠落症患者も。

また、アンサイクロペディアでは最近活動を行っていない管理者等を休止状態と言うが、その語源はここから来ているとかどうとか。

関連項目[編集]

この項目「馬鹿も休み休み言え」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)