首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「首都圏新都市鉄道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「つくばエクスプレス」の項目を執筆しています。

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス(しゅとけんしんとしてつどう-)は、東京都千代田区秋葉原駅より、チバラギ共和国つくば市のつくば駅、石岡市の石岡駅を経由し空港いばらき駅までを結ぶ鉄道路線である。

正式名称は「筑波急行」であるが、筑波という漢字がダサイ、中国語っぽい、英語っぽい方がカッコいいなどの意見により一般には「つくばエクスプレス」の通称が使われる。しかし本当の理由は、沿線住民が漢字を読めないからである(沿線にはつくば市、つくばみらい市など、さいたま市レベルのひらがな自治体が多い)。

概要[編集]

頭も体も不細工男の密度ナンバー1、宇宙にまでその名を轟かせる恥知らずの趣都・秋葉原を、日本で初めて「現代視覚文化研究会」(この同好会はフィクションであり、現実の同好会と混同すると痛い目に遭います)を創始したイケメン揃いの筑波大学が植民地化するために建設された、日本のオタク文化の構造を象徴する路線となっている。終着駅(秋葉原)より起点駅(筑波)の知名度が高いことから、「ツクバエクスプレス」(同名のバスも存在するが、そちらは期間限定の運行である)と呼ぶことがある他、終着駅への気配りで「」と称することがある。

また京浜急行電鉄本線と同様、関東の鉄道では珍しいほどのハイスピードを出すことから、「ロングシート新幹線」と呼ばれることもある。一方、関西では新快速があるため大したことない存在だと、蔑んで見る向きもある。

JR束日本では、それに対抗し開業直前に走ルンです交直流バージョンことE531系を投入した。そいつは西日本東日本に対する小さな反抗こと新快速並みの最高130km/hも出せる車両である。が、そこは走ルンですシリーズの血をなみなみと引き継いでおり、転換クロスシートに乗りたい客は強制的にグリーン車へ行かされる。

尚、あまり知られていないようだが西武鉄道の血が入った存在であり、中の人の多くも西武からの出向が多いという話である、というか多すぎ。このため一部では「西武つくば線」、「西武鉄道茨城方面出張所」などとも呼ばれる。

経緯[編集]

都内に直通する各線の中でも常磐線の状況は特にひどく、朝はエクストリームスポーツ満員電車を日常的に行い、夜は夜で(特に取手以遠の)列車本数が少ないために車内で酒盛りが始まるなど、もはやgdgdと言っていい状況であった。それを見かねた日本国有鉄道(国鉄)が、破産寸前の財政をも顧みずに、埼京線(通勤新線)や東北新幹線上越新幹線と同様に、「鉄道」として最後の力を振り絞って「常磐新線」の名称で着工した路線である。

しかし、関東地方における国鉄の後継者である東日本旅客鉄道(JR東日本)は親不孝であり、「常磐新線はカスになりそうなのでいらん」「酒盛りは伝統文化であり、その破壊につながる行為は認められない」「筑波に昔列車が走っていたが、お客さんが乗らないので廃止された」と同線の工事継承を拒否した。結局、当線は第三セクターによって運営されることになった。

その後、バブルの崩壊もあって、この手の企業にしては珍しく予想輸送人員が切り下げられ、先行きが不安視されながらも当初予定より5年遅れて2005年8月24日に開業した。しかし予想を引き下げすぎた結果、とりあえず列車・施設を6両編成対応で開業してしまったために、またしてもエクストリームスポーツが開催されるという状況を招いている。 ただし全ての駅に8両分のホーム設置スペースがあるほか、車両も8両編成に対応できるように異様に電動車が多い編成になっているので近々8両編成化されるらしく、したがってより多くの人々にエクストリームスポーツへの参加をよびかけるつもりのようだ。

なお、JRの方は開業間際になって見苦しく「常磐特快」を新設して対抗しようとしたが、本数が少ないことから効果は限定されている。また子会社のJRバス関東が運行する高速バスつくば号」も減便が続くなど、相変わらずのgdgdを続けている。 最近は何故か警備員、じゃなかった、軌道刑事ツクバクンが意味も無く列車に乗り込んでくることが多い、よくわからん。だれがこんなド田舎でテロをおこすってんだ。

列車種別[編集]

急行
筑波急行の最速達列車。それまでは筑波急行を名乗りながらも急行列車が無かったが、急行の登場で名実ともに筑波急行となった。廃止となった鹿島鉄道の線路を一部利用し、鉾田・空港いばらき・常陸小川・石岡・筑波山・守谷・流山おおたかの森・南流山・北千住に停まる。その間ずっと時速160km! 北千住以南は全て停車してしまうが、まぁそこは実質地下鉄と、新御徒町は本社前なのでしょうがない。全24駅中10駅に停車。停車駅は多く見えるが北千住から地下鉄に乗り入れていると思えばそれほどでもない。茨城空港の飛行機にあわせたダイヤを組んでいるため本数は多くない。筑波山駅で某かのランクの低い列車と接続する。
  • 対するJR常磐線では、常磐特快を時速220kmで北千住我孫子駅通過でどうにか補っている。せめて北千住は止めろと苦情が絶えないが、それは北千住駅で身体能力次第では飛び乗りができることを意味しており、エクストリームスポーツの観点からはこちらのほうが一歩優っていると言えよう。しかしJRは負けを認めたのか北千住に止めてしまった。
  • JRの高速バスは、石岡ICには止まらなくなった。
快速
かつては最速達列車であった。北千住までの各駅と南流山・流山おおたかの森・守谷、つくばからの各駅に停車する。24駅中13駅に停車。
区間快速
なんと24駅中20駅に停車する恐るべき快速列車。ほとんど通過しない。ラッシュ時間帯を除いて多くの列車は筑波山駅で折り返している。
各駅停車
全駅に停車する。守谷からは交流になるのと区間快速が実質各駅停車なのでほとんどの列車が守谷で折り返す。停車駅が多いので4M2Tの高加速を感じたい人には良いかも。
スーパー快速
秋葉原から南流山までノンストップ。
バズ快速
宇宙の果てまでさあ行くぞ‼︎

使用車両[編集]

TX-2000系
6両編成で運用される交直両用電車。全車両4ドア、ロングシートの車両が4両、何故かクロスシートになっている車両が2両。このクロスシートで天皇陛下も運んだ。ATC連動の自動運転装置を備え、運転士はボタンを押すだけである。発車時は白い二つのボタンを目潰しの要領で押して発車する。どこかに秘密のボタンが隠れていて、これを押すとロボットへの変形、線路が持ち上がって宇宙へ飛び立てるなどの秘密機能を使える。日本が誇る研究都市つくばの技術力をつぎ込んだのだから当然である。電動車比率は4M2Tと異様に高いが、これは将来の8両編成化に備えるためと、ロボット変形時に十分なパワーを確保するため、持ち上がったカタパルト軌道で第一宇宙速度に達する加速力を得るためである。普段は控えめな出力で運転しているが、それでも物凄い加速をするのでクロスシートに座っているとGを感じる。マスコンはワンハンドルのに何故か「抜取」位置が設定されている。あと全線降下orトンネル、ホームドア完備という、日本で一番衝突事故が起こりそうにない鉄道の一つであるにも関わらず何故か頑丈なスカートを装備しているが、これはロボット変形時に敵を切り裂くために使うのである。尚、車両番号の百の位は号車番号が当てられているが、8両になったときどうなるのかは知らん。なお、デザインモチーフは映画「ターミネーター」に登場するアンドロイド。型式名称の「TX-」はここから取られている。
TX-1000系
開業前に儲からないのではないかとびくびくしていた筑波急行が、予算をケチって交流設備を省いた守谷以南専用車両。他は2000系と変わらない。実は後付けで交流設備が乗っけられる、かもしれない。尚両者とも妙にパンタグラフがいっぱいついてて妙に屋根の上がごっついが、これは無駄にカッコいいからと、トンネル内の鋼体架線区間に対応するためである。電動車四両全部高圧引き通し線を通せばパンタグラフ半分で済むのにやらないのを見ると、8両編成化の時は間に二両つっこむつもりなのかも。両者ともに、昔は160km/h運転対応といいつつスピードメーターの目盛りは何故か両者とも140km/hまでしかなかったが、160km/h運転開始前に順次交換された。しかし今度は何故か目盛りが250km/hまでついているので、そのうち新幹線になるのかもしれない。
TX-3000系
現在開発が進められているという噂のあるオール転換式クロスシート車両。設計上の最高時速は270km/h。さすが「つくば新幹線」と呼ばれているだけのことはある。実現すれば常磐線を圧倒的に引き離す! かもしれない。

沿線の駅[編集]

秋葉原駅
起点駅。秋葉原にある駅では最も深い位置にあるが、これは軌道刑事ツクバンの本部が併設されているためである。また自分を見捨てたJR束日本にとどめをさすべく、東京駅までの延伸を計画しているとの情報もある。
新御徒町駅
御徒町の外れにある地下駅。通称筑波急行本社前駅小田急本社前駅の異名を持つ南新宿駅と状況が近い。都営地下鉄大江戸線との乗り換え駅である。秋葉原からオタクが外部流出しないよう、砦の役割を果たしている。壁面に大名の家紋がずらりと並んでおり、これらの大名の霊力でオタクの流出を食い止めているが、最近になって秋葉原側へ寝返った者が出現し、混乱の渦中にある。
浅草駅
浅草を名乗ってはいるが、既存の浅草駅とは離れた位置にある。元は「新浅草」にする予定であったが、いまさら「新」もないだろうということで却下された。地理的には浅草六区に近いが、「ロック」という言葉に反応したキユ信奉者がロケットでつきぬけるのを防ぐため、現駅名に落ち着いた。
南千住駅
近くに北千住というターミナルがあるにもかかわらず、常磐線、日比谷線が集まる謎の駅。一説には禁則事項ですの呪いであるといわれている。都内の駅の中では一番駅の中・駅前が殺風景であるため、天皇陛下を運んだときはここで下車した。多分警備しやすかったんだろう。そういえばこの駅のあたりでは筑波急行は常磐線と日比谷線の下の地下を走っているが、お召し列車の上を他の列車が走ってはならないという掟は適応したのだろうか。尚普通の人は絶対にこの駅で乗り換えてはいけない。改札からホームまでむちゃくちゃ遠いのに階段とエレベーターしかない。こち亀本田速人も驚いた。あ~!見るんじゃない!
北千住駅
東京東部を走る各線が集まるターミナル駅。大東京の鬼門に位置し、東京を厄難から守っている。また、日光から東武線経由で運ばれた東照大権現の霊気と、秋葉原から流れてくる瘴気が正面衝突する場所でもある。
青井駅・緑茶王(六町)駅
地下駅であるにもかかわらず電車が高速で通過する。実際にはたいしたことないスピードを、速いように錯覚させるための施策である。六町駅は、週末になると東口で、緑茶王祭りがある。これは、さんさん茶の緑茶王をもっと知ってもらおうという一大イベント。全国から一万五千七百人あまりが集まるので、六町快速を出す羽目に。おかげで住民も迷惑がらずに町自慢になってるようだ。
八潮駅
陸の孤島こと八潮市及び、ろくにバスも通らない木曽根や南川崎を救うために出来た駅。実際、この駅が出来たおかげで木曽根から都心までの移動時間は四時間から四五分にまで短縮されている。また、首都高三郷線にも近く、渋滞に巻き込まれ身動きが取れなくなったつくば号を眺める絶好のビューポイントでもある。一部の人々には駅付近にりっちゃんの妹が在住していることでも知られている。
三郷中央駅
三郷市で最後にできた駅。市役所に近いため、「中央」となった。区間快速がとまって通勤快速が通過する点では六町とは逆のスタンス
南流山駅
武蔵野線と交差する。新しく開業した路線は通常既存路線の上を通るが、面倒なので地下線にした。なお、この駅を境に駅名の命名センスが一気に変化する。これが何を意味するかはお察しください。ちなみに当駅の仮名称は「流山サザンストリート駅」であったが、JR線の駅がたまたま近くにあったため、しぶしぶ現在の駅名が付けられた。
流山セントラルパーク駅
駅の近くにあるのは総合運動公園であり、セントラルパークなるものは存在しない。「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」などと同じ公園名詐称駅であるが、駅名を意味もなく長くしようという魂胆は特にない。
流石おおたかの森駅
流山市の中心駅。東武野田線と交差する。流鉄を流失の危機に追い込んだ。駅名に採用した「おおたかの森」は、当線の開業の犠牲になってしまい大半が消滅した。このため、一部で「検閲により削除の森」などと揶揄されている。
柏の葉キャンパス駅
僻地に大学があることをごまかすため、設置された駅。東京大学も加担している。
柏たなか駅
駅名の通り、田んぼの真中にある。あまりにも僻地であるため、駅名でごまかすことも諦めざるを得なかった。
守谷駅
守谷市の中心駅。関東鉄道常総線と交差する。新御徒町駅の砦を通り抜けることに成功したヲタクたちによって第2のアキバにしようと企まれている。
みらい平駅
「伊奈谷和原駅」を公募でこの名称にし、さらには所在地の市名までつくばみらい市としたもの。「筑波未来」すら漢字では書けなくなるとは、まさにゆとり教育の成果である。しかし、周辺は農村地帯であり、日本の食卓を支えていることから、「味蕾平」との掛詞ではないかという説もある。
みどりの駅
未来、少年少女がここを舞台として巨大ロボットを操縦し戦う(原作:鬼頭莫宏)。
万博記念公園駅
大阪府吹田市愛知県長久手市の類似種同様、過去の威光にこだわるものが命名した駅。
研究学園駅
駅名と異なり、研究学園都市から離れた位置にある。駅名に騙されて下車した利用客が、駅前の風景を見てどういった反応を示すかということを研究するため設置された。まぁでも現在急速ハッテン中。その発展速度はシムシティを上回り、マンション・道路・住宅がいつの間にか出現するため「時の流れがおかしい。時空が歪んでいる」「テレポートで何処からか運んできた」「実はハリボテ。壁は段ボールで出来ている」という噂が絶えない。でも学園にはならないと思うのだが、もう一つ大学もってくるのかね。
つくば駅
終点ではない。つくば市の中心駅。筑波山のふもとから移転した。茨城県下初の地下駅という称号を得るために地下駅になった。これほどの規模でありながら、これまで交通手段がバスしかなかった街も、TX開通によりようやく変革を迎えている。これにより、関東鉄道バスの高額な運賃にも変革が望まれるところである。なお、当駅から発車するバスは、なぜかどの路線もホームから全力疾走しないと乗り遅れるダイヤになっている。このダイヤ設定は、関東鉄道及び首都圏新都市鉄道並びにつくば市などの合意に基づいている。
筑波大学
日本で最初に現代視覚文化研究会を設立した筑波大学の最寄り駅。筑波大学の敷地に高架で建設した。追い抜きのために2面4線である。つくば駅と大学の間の輸送を独占してウマウマしている関東鉄道バスに打撃を与えるためにつくられたが、筑波大学の一部教員から治安が乱れるとして攻撃を受けている。また怒った関東鉄道バスがバスで自爆テロを仕掛けてくる可能性も無いとは言えないため、日夜軌道刑事ツクバクンによって警備されている。つーか本当、いい加減PASMOつかえるようにならないのかね関鉄は。
筑波山駅
筑波鉄道の筑波駅があったところの近くに建設された地下駅。東京から筑波山まで直行するようになり、ここでも関東鉄道に大打撃! ここからトンネルで筑波山を抜ける。土日のみ特別急行が停車する。
石岡駅
常磐線の線路の上に高架で作った駅。これで石岡-北千住間で常磐線と本格的に競合したためバトル勃発。常磐線が特別快速を増やして全力130km/h運転を始めるも、筑波急行は160km/h運転を開始した他、新たに急行列車を設定して対抗した。今のところ筑波急行の方が速い。ここから常陸小川駅まで、2007年に終了した鹿島鉄道の線路を伝って行く。
常陸小川駅
もと、鹿島鉄道の列車が走っていた。現在は、筑波急行と鉾田行き路線バス、京都市経由大阪民国行きの高速バスが発着する。鉾田駅には鹿島臨海鉄道が来ているのでご心配なく。
空港いばらき駅
終点。茨城空港の最寄り駅。東京から直結したことで茨城空港も利便性がぐーんとあっぷ。近くに車両基地も作られ、有事には基地に配備されたTX-2000系が自衛隊の戦闘機とともに出撃可能になっている。

その他[編集]

  • 筑波急行では「多目的トイレの使用方」などの掲示が駅にあふれている。特にトイレの「使用方」なんてあまり変換で出てこないと思うのだが、秋葉原に外国人観光客が多いこと・海外でデタラメな日本語表記がありふれている点から、デタラメな日本語を使用することで観光客に懐かしさを感じ取ってもらい、集客をアップさせるつもりらしい。そうかと思えば「Nagareyama-Chuo-Koen Park」といったもろローマ字の表記も見られ、英語が依然苦手な日本人にも親しみやすい環境づくりを目指していることがわかる。
  • また、2009年8月27日には乗務員が居眠り運転をしていた事が発覚したものの、ATOシステムでドアを閉めてボタンを2つ同時にぽちっとなとするだけで発車し自動運転していたため遅れはなかった。
  • 2014年の3月下旬から、運転士が勤務中にSNSを使って運行情報をお知らせするサービスを開始した。