館山市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「館山市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「館山市」の項目を執筆しています。

館山市(たてやまし)は、千葉県南部の中心都市?である。都会になろうとしていろいろと画策しているものの、所詮は田舎町であり、数々の施策はすべて裏目に出ている。

概要[編集]

平成の大合併」によって作られた田舎の寄せ集めからは早々と抜け、伝統ある「館山」の名を守り抜いた。南国の意地でありまことに天晴れなことである。実は県内でも5番目に市制をしいた歴史のある町なのである。実際に南総里見八犬伝の城山や自衛隊の基地もあり防空壕も残る、「歴史の町」であることは一応うそではない。 かつての旧館山市は海水浴や観光で大賑わいし、バスや内房線特急が観光客を運び、街は大賑わいしていたが人口減少、経済の冷え込みによって今ではかつての面影がないほど落ちぶれている。

地理[編集]

なんとしてでも南房総市の吸収から免れようと、最近は高速バスも走り、道路も良くなった。しかしそれにより逆に鉄道利用客が減少し、人口はさらに減りついに5万を切った。それにより市街地はがらすきで、道路整備によって社会となったががらすきなので渋滞もなく快適である。

気候は温暖である。気象観測所があるがNHKではこれを「山の中にある」と誤解しているため、沿岸部であるにもかかわらずここの気象情報は「千葉県山岳部」として全国へ伝えられている。

都会に似せようとバイパスを作り大型店を開店させたため、バイバスの周辺すなわち辺縁部にはそれなりの賑わいがあるが、中心市街地は依然として寂れたままであり、都市化に失敗した田舎だということは誰の目にも明白である。

前述のとおり、都市化を目指した施策はことごとく失敗して逆効果となっているのだから、いっそのこと今後はより田舎を目指すことがかえって都市化につながるのではないかとの有識者の声もある[要出典]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「館山市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)