餃子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「餃子」の項目を執筆しています。
「なあに、かえって免疫力がつく」
餃子 について、東京新聞
安心設計の餃子
安全性は人体実験で確認済みです。どうぞ安心してご利用ください。
化学兵器と化した餃子は、食した人間の顔をも変形させてしまう。

餃子(ぎょうざ、ぢゃおず、Zhaos)とはエビまたは謎めいた、もしくは到底食えそうにない具を生地で包んだ、恐怖と期待が入り混じる、食べて美味しいお楽しみ袋である。この料理中華料理に分類されている。

臭いのわりに人気で餃子宗教餃子拳法が生まれている。

近年では中国から日本に向けて発射される化学兵器としての活用も検討されていたことがあるが、これは中国共産党の党決議により新兵器として開発が進められている。

概要[編集]

歴史は古く紀元前には食べられていた。そもそも、あれほど単純な料理であるため、たいした歴史も無い。見た目は皮から中身が透けて見えると言うグロテスクな状態で表面をあたかもうんこを塗ったかのような色に焼きあげる。餃子を作る料理人は一種の催眠状態にあり又、餃子を食べる人もこれをおいしそうだと思うような催眠にかかっていると言えよう。

中華圏では旧正月に、中に金貨などを入れて楽しむ風習があった。最近では、汚染物質への耐性を高めるために農薬(主に有機リンなどの殺虫剤)、検閲により削除などを混ぜるのがトレンドである。この習慣は近年まで注目されることはなかったが、敵地に送り込んで鬼畜どもを駆逐する化学兵器としての活用が検討されるようになり、2007年10月20日には製造され2008年1月にはその初実験が行われた。

だが餃子に検閲により削除などを入れる風習は、ウリナラ起源という説もある。2004年には生ゴミ入り餃子が韓国で製造されているという記録によるものである。

また、中には背後からいきなり抱きつき「さよなら! 天さん・・・」と言って爆発する種類もある。

作り方[編集]

餃子に欠かせない調味料
  • 白菜・ニラをみじん切りにして、挽肉と混ぜる。
  • こしょう・ごま油・メタミドホスなどで味付けをする。
  • 最近では、新たなバリエーションとしてジクロルボスを使うこともある。
  • 餃子の皮で包む。
  • 焼くなり、煮るなりして勝手に食う。
  • 死ぬかも知れないのですぐ病院に行く。同時にマスコミへ連絡。

作り方2[編集]

人類の体に付属している「耳たぶ(人類が勝手に決めた呼び名)」という皮に、「耳の中」という洞窟から採取(採取には手を使うこともできるが、使いにくいので、「耳かき」というものを使うことが多い)した、「耳クソ」というものを包み、餃子を作ることもできる。

兵器としての応用[編集]

使用例

一小貧民の発案で中国共産党の党決議により兵器応用が検討されており、2007年10月20日には製造され、自民党福田政権の主導下2008年1月にはその初実験が日本で行われた。威力は絶大で、何も知らない日本人達は「この隠し味は何だ?」「旨い旨すぎる、埼玉銘菓十万石饅頭。」とかコメントしつつ争って食した。一時期は、店頭から冷凍餃子が姿を消したことからも、その餃子人気が垣間見れる。

一時期、日本においても冷凍餃子兵器の開発が検討されたが、物資調達の困難性から開発が見送られた。特に、日本では風味の強いメタミドホスの入手が既に困難な状況にあり、すでに生産が中止になっていたのがその大きな理由である。中国産メタミドホス風味は強く、世界広といえど中国産メタミドホスの右に出るものは他にない。

後に福田首相は「中国の冷凍餃子は旨い。隠し味に使ったのは中国産メタミドホスか?」とコメントした。それを受け胡錦濤 中国国家主席は、「そんな調理法は中国にはない。メタミドホスは日本人が後でかけたのだろう。」とコメントを返したが、中国産メタミドホスが世界一旨いのは誰もが認めるだろう。

名前[編集]

北京語で「チャオズ」山東方言で「ギャオズ」奥方方言で「ギョエッツ」と呼ばれる。又、朝鮮語で「キョーヂャ」日本語で「ギョーザ」と呼ばれる。どれが日本のギョーザという呼び方の由来かは分かっていない。

北京語説[編集]

北京語のチャオズが由来とする説だが(はっきり言ってそんな訳ないのだが)一部でチャオズが訛ってぎょーざになったとされる説を唱えている。これは目立ちたい奥方地方の戦略である。ちなみに北京できょうざと言えば二つ折りのピザである。

英語圏への伝播[編集]

餃子「Chaos」は英語圏へも伝わり、「カオス」という言葉の語源となった。 皮の中に何が入っているか分からない、混沌とした様子が語源へ結びついたものと考えられている。(民明書房より)

餃子拳法[編集]

餃子拳法は餃子を作るために特化した戦法である。

餃子のおいしさに酔い、無意識のうちに大量の餃子を作る技。餃子をあやまって食べてしまいかねない。
両手に餃子の皮を乗せ、中央に肉を置き「か~め~は~め~は~」と言いつつ肉を皮に折り込む。同時に皮にひだをつけるのは上級者にしか出来ない。かめ仙人の必殺技。
手の剣の部分に具をつけて皮にチョップして折り込む技。

このほか、腋の下に皮と具を挟みこんで高速で製造する技が確認されており、この技により製造された餃子はほんのりとすっぱいにおいがする。

餃子教[編集]

餃子教とは餃子を「神の使い」や「神の落し物」「神のかつら」等として崇める餃子崇拝の宗教である。儀式として月に二回、餃子祭りを行うほか、餃子投げ、餃子の寝返り、等の意味不明な行事が多く存在する。特に「餃子の舞」は、選ばれたもののみが巨大餃子像の前で舞を披露する大行事である。

この宗派と異なる形で、餃子教を広めんとするのがパラダイス山元である。 松村邦弘とそっくりだがそれも当然で、松村邦弘はかれのクローンなのである。

巨大餃子像[編集]

宇都宮餃子が封印されていた女神像

巨大餃子像(餃子神多襞多肉像)とは、宇都宮市通称餃子村の中央にある巨大な餃子の像である。現在宇都宮人民共和国の国家主席である餃子主席/将軍が封印されていた。西暦1609年に作られ2003年に補修工事が行われた。餃子崇拝における重要な像であるが、雨ざらしにされている。餃子型UFOや天の御恵みなど、宗派によって崇拝のされ方が違う。この像は一つしかないが2008年10月に二つになった。[1]

ぎょう座[編集]

餃子教の無茶さを物語っている。

19世紀末に餃子熱心な天文学者が考案した星座である。そもそも無茶が多い餃子教をより無茶苦茶にしたものである。

食べ方[編集]

  • 焼き餃子 - 神の使いを日サロに連れて行っておいしくいただく方法。
  • 水餃子 - 神の使いを風呂に入れてから、おいしくいただく方法。
  • 蒸し餃子 - 神の使いをサウナに入れて適度に脂肪を絞る方法。
  • 揚げ餃子 - 神の使いを油に入れて適度に脂肪を付ける方法。

関連事項[編集]


Dish.png この餃子は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)