飯田蛇笏

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飯田蛇笏」の項目を執筆しています。

飯田 蛇笏(いいだ だこつ)は、山梨県出身の植物学者。副業として俳人でもある。

人物[編集]

1885年、山梨の山中にて生まれる。幼少期を荘厳な霊峰の側で過ごし、大自然との調和を人生の基軸に置くようになる。豪雪の中でもたくましく育つ植物の姿に感動し、子供の頃から植物の研究に没頭、植物博士の異名を取る。その後東京に転学して早稲田大学へ進学、高浜虚子と出会い洗脳されて、俳句の道へ引きずりこまれる。山梨出身ゆえ故郷の山々に関連した俳句ばかり作っては、自然と調和して美しいと称賛されながらも田舎臭いとバカにされていた。だが24歳の時、山梨の家族から、「雪降ろしが出来なくて死にそうだ、帰ってきてくれ」という要請を受け、学業を放棄して帰京、しかし俳句への熱意は収まらず、山梨でも俳句に打ち込み、やがて蛇笏とは正反対の都会っ子であった渡辺水巴などと共にホトトギス派の中心人物にカテゴライズされるが、俳句の田舎臭さは相変わらずだった。1962年に死去。病床で自分の爪をまじまじと見つめ、病で衰えた身体でも爪は光沢感があって、肉体との対比が美しいと陶酔してひとり笑いをして家族を狼狽させた。

業績[編集]

蛇笏の俳壇での貢献はウィキペディアやその他百科事典にも掲載されているのでここでは割愛する。ここで言及するのは植物学者としての蛇笏の業績である。

俳人としての活躍の方が目立ったためあまり注目されていないが、蛇笏は植物学者である。むしろこちらが本業で、俳人は副業である。植物学者の業績として有名なのが、風になびいて軽そうなススキが、総合的には重い植物であることを証明したことである。

その他[編集]

かの芥川龍之介と友人関係であり、芥川が自殺した際にはそれをとむらう俳句を読んだ。しかし友人関係といっても実は文通していた程度で、面識すらなかった。それにも拘わらず、蛇笏は芥川のことを水魚の交わりを持つ親友であると豪語していた。ちなみに、その追悼するために読んだ俳句では、芥川の魂を秋の夜のホタルに例えているが、芥川が自殺したのはであった。