飯山満

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

飯山 満 (いいやま みつる 1916年6月3日1986年12月17日)は、日本実業家、ならびに政治家であり、千葉県船橋市を中心に一大勢力を築いた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飯山満」の項目を執筆しています。

来歴[編集]

幼いときの満と母親を模した像は、現在船橋駅構内に設置されている。

満は船橋市内の農家の三男として生まれたが、生家にて硫化水素ガスが発生し一家離散の危機に直面したため、三歳のときに単身渡米。自らの名前から運命を覚悟していたのかヒーロー養成所の門を叩くが、手土産を持参しなかったことから入門を断られている。 その後地元の豪農、飯山家に養子として迎えられ、船橋小学校・船橋中学校を首席卒業。 このころクラスメイトからは、「飯山マン」と呼ばれ、校内のヒーロー的存在として親しまれた。

政治家としての功績[編集]

やがて船橋市の市議会議員となる。船橋市東部地域の状況を勘案しいち早く「東京都心への直結鉄道乗り入れ」を提言。その為、船橋市を「ギャンブル風俗で健康都市」とネーミングし、多数の施設を誘致し財源の確保に努めた。また、市民にはギャンブルを義務化し、小学校3年生の社会科の教科書の副教材には「たのしいぱちんこ」という資料が添付されるようになった。社会科見学の一環として船橋駅南口の歓楽街を1晩体験させるようになったのも、彼の功績である。こうして船橋市は、賭け事と風俗の代表的地域として広く親しまれるようになった。

土地の買収[編集]

飯山の構想にあった、「都心への鉄道直結」には、いくつかの障害があった。 その最たる例が、用地の確保である。殆どの土地が農地かパチンコ屋か競馬場かの船橋にとって、残された土地は「農地」だけであった。そのため、満は大規模な作戦を講じた。その最たる例が、「1回3万円でどう?」作戦と名付けられたものである。

これは、駅構内で暇そうにしている女子高生に対し、上記のような声掛けをすることにより懐柔し、自らの子孫を繁栄させていく長期的な作戦として実行された。(なおこの作戦が姿を変え伝承されているのが、数例目撃されている。) こうして農家の婦女を取り込み、用地の買収が行われていった。(計画から20年以上を経て東葉高速線が開通したのは、この作戦による「子孫」の一部を、成人する際に社員として登用する制度があったからだと言われている) こうして彼の努力は東葉高速鉄道として実を結ぶが、完成を見ることなく生涯を終えることとなる。

駅名の由来[編集]

彼の船橋市への功績をたたえ名の一つとして、名前を取り入れることとなり、東葉高速鉄道線内の駅名として、地元で古くから親しまれていた地名「狭間」に当て字をする形で「飯山満(はさま)」と命名、今日に至る。

余談[編集]

船橋市では年内をめどに「それゆけ!イイヤママン」を放送開始する方針。 現在市内各所で行われている下水道工事は、それを名目として各世帯に専用ケーブルを配策しているものである。 なお、「イイヤママン」は愛と勇気だけではなく、金も女も友達だという。

関連項目[編集]


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)