食品

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事は、en:Foodから翻訳されたものです。

食品(しょくひん)は人類に知られている最も危険な物質の1つ。発がん性があり、すべてのがん患者の腫瘍には食品またはその誘導体が含まれる。避けるのが難しく、極度に中毒性が高いことで知られ、あなたも毎日摂取しているかもしれない。伝統的な医学界はこの公衆安全への脅威を認識せず、それどころか食品の摂取を推奨した。代替医療界は食品の危険性をよく理解しているため、代替医療者は患者に食品の摂取を決して許可しない。食品はどこにでもあり、それを避けることの難しさにより多くの者が代替医療を受けることを断念し、時代遅れな切開、焼却、切除に頼った無力な伝統的な医師の元に回帰している[1]

食品回避の手引き[編集]

食品の調理に使用される装置。このような装置の販売はその製造者に利益をもたらす。健康を危険にさらす食品を調理するためにそれらが使用されることは、彼らの最上の利益である。

食品の回避法は戸惑うほど単純に聞こえる: 食べないこと。しかし聞こえほど容易ではない。食品は現代食生活の不可欠な要素となっている; 確かに、多くの者はそれ以外に何も摂取していない。しかし栄養の摂取は生きるために必要であるから、食品を何か別のものに置き換えなければならない。

解決策は、食品でないものを食べることである。「食品」と表示されているものは、棚に戻すか放り投げるべきである。ラベルを注意深く確認することを忘れてはならない。食品とされていないもの、例えば不凍液は最適であるが、ブロッコリーは自動車の次に危険な敵かもしれない。

食品ではないものを食べることができて、さらにその多くが健康増進に利するということは多くの者にとって驚きであろう。食品が唯一の可食物であって、その他のものは食べられず、その多くは有毒であると虚偽情報を流していたのである。不凍液は一般的に有毒であると考えられているが、実際には抗がん効果など無数の健康増進効果を持っている。このような真実はこれまで秘匿されてきた。本当に効果的な健康法が一般に知られてしまうと、製薬会社は廃業せざるを得なくなってしまうためである。

食品の効用[編集]

食品の「効用」だと思われるのは、食品会社が自社製品を購入するよう人々に宣伝し、彼らの健康を害し、「健康」企業の売り上げが増加することである。あなたはおそらく食品を摂取することは健康に良いと聞いたことがあり、健康食品などと呼ばれるものも存在するが – しかしそれらは完全に、嘘である。健康食品は撞着語法であり、すべての食品は健康上極めて悪いものであり、いかなる対価を払っても避けるべきものである。食品の効用を示す研究報告は数多いが、これも嘘である。それらは食品会社による援助を受けている。食品会社はあなたの健康など気にしない。製品をできうる限り多数の人々に販売することのみを考えており、存在しない健康上の効用を宣伝することによってそれは達成される。

簡潔に言えば、食品の効用はその販売とそれが引き起こす悲劇により便益を得る者のみにあり、目隠しされた消費者のためのものではない。

食品に関連する疾患の対処法[編集]

食事から食品を排除すれば、通常数日から数週間で症状は消える。食品を排除することは回復には不可欠である; 完全に排除することができない場合、再び発症することとなる。このような例は多数報告されている。何度も食品をやめようとするが、摂取を再開してはがんや関節炎といった疾患が再発する。多くの者は食品の摂取を再開してから死亡している[2]

脚注[編集]

  1. ^ そして、死ぬことになる。
  2. ^ 悲しいことに。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「食品」の項目を執筆しています。