飛龍族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

飛龍族(ひりゅうぞく)とは、太古の昔に地球を支配していたとされる種族。一説には邪気眼使いとの深い関係があるとされる。

絶滅[編集]

太古においては絶大な勢力を誇っていた飛龍族だが、現在ではほぼ壊滅状態にあり、僅かな生き残りしか確認されていない。壊滅に至った理由は現在をもって謎に包まれているが、地龍族との覇権争いによるものとの説が関係者の間では大勢を占めている。そのためか、僅かな生き残りも平時は姿を消した上で自らの力を押さえ込んでおり、発見は極めて困難。また、一時期「飛龍族の王子」を名乗る少年の存在が噂されたが、現在は消息を絶っている。

なお、近年になってカノッサ機関が飛龍族狩りをはじめたとの噂も流れているが、真偽は不明。こちらにも地龍族が関係しているとの噂がある。

飛龍族の末裔[編集]

本当の俺は人間じゃなく、実は飛龍族の最後の生き残りで
竜界の覇権を巡る戦乱の際に地龍族に敗れ人間界に送られた王子と言う設定。
俺の周囲には配下の炎龍(激情的性格)氷龍(クール)雷龍(爺さん)が姿を消して護衛している。
が、下手に力を使うと、俺を狙っている地龍族に見つかってしまうため、力を使うことは無い。
俺は人間としての記憶しか無かったが思春期になり徐々に王子としての記憶が蘇りつつある。
来るべき地龍族との最後の闘いは近い…ってな感じで。
授業中や休み時間等に「貴様、見てるな!?」と叫んだり
「そこだ!」と気を溜めた(つもりの)掌底を壁に叩き込んだりしてた
メインの戦闘は下校の時だったなあ
ヤンキーに絡まれたときも
「坊ちゃま、ここは我慢ですぞ。人間相手に力を使うことはなりませぬ」
「ふざけるな!俺は限界だぜ!俺の炎で燃やしつくしてやる!」
「やめろ炎龍。ここは地龍脈の走る地。地龍族が現れれば街が滅ぶ・・・」
と、一人で呟いてた
きもいんだよと殴られたけど、俺の中の力が覚醒するまでは我慢だと思い込むようにしてた

関連項目[編集]