飛騨市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飛騨市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「飛騨市」の項目を執筆しています。

飛騨市(ひだし)は、岐阜県の市。飛騨市であるが飛騨村とよばれてもいいほど都市としての風景ではない。古川や神岡などの町村を寄せ集めて無理やり都市に仕立て上げたためである。

因みに、本来の表記は「飛驒」である。

概要[編集]

岐阜県の北部に位置、隣は日本一の名の高い高山市。平成の大合併によって、しょうがなく飛騨市となった。

はっきりいって糞田舎である。隣の高山市はまぁまぁの都会風景であったりもするが、この飛騨市は都市だが都市ではない。とはいうものの、隣の白川村雛見沢村のような郷愁を誘う田舎の風景もさしてない。

観光名所[編集]

飛騨市は広いため、いろいろ観光名所がある。

スーパーカミオカンデ
飛騨市神岡にある、高級スーパーマーケット。頭の良い人しか利用できないうえ、地下1000mの場所にあるので、入店許可を貰えない人はバローに行くしかない。
古川祭
名所ではないが、ちょっと有名な祭り。高山祭にはかなうはずもない。
神岡鉱山
かつてカドミウムを流して関係ない富山県民にイタイイタイ言わせていた鉱山。廃鉱になった今でも嘗ての就労者の住んでいた跡が残っており、廃墟マニアには人気があったりする。
金塊が取れることでも有名であり、韓国人考古学者が金塊2キロを採掘したことがある。(この学者は、以前にも大分県中津江村で、金のを発掘したことがある。)
神岡鉄道(かみおかてつどう)
かつて猪谷駅と奥飛騨温泉口駅を結んでいた鉄道。通称神鉄(かみてつ)、神戸電鉄とは関係はない。

このとは七福神のことであり、富山県にある猪谷駅は無視して、飛騨市にある7駅に七福神が一人ずつ置かれている。しかし飛騨市と七福神は縁もゆかりもないはずである。廃止されたはずだが、観光用に復活するとかしないとか。地元住民は車を使うので、廃止されてもさしたる影響はない。

奥飛騨温泉郷
奥飛騨にあるいくつかの温泉地の集合体を表し、奥飛騨温泉口駅から徒歩で6時間もあれば着ける。

漫画[編集]

飛騨市の一部では漫画が好きな住民が住んでいるといわれている。そのため、高山本線の無人駅にも漫画図書館を置いた。もちろん、無人駅とあって、ほとんど利用されていない。鉄道すら止まらなかった時期もある。

その他[編集]

  • 飛騨牛が名産だと思われがちだが、飛騨牛は岐阜県全域のであったりする。
  • 飛騨ナンバーの車を見かけても、飛騨市の車とは限らない。なぜならば飛騨ナンバーは岐阜県の飛騨地方全体の車であるからだ。高山市と思ったほうが確実かもしれない。
  • 奥飛騨温泉郷は長野県の温泉だと思ったほうがよい。

関連項目[編集]