飛行石

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

飛行石(ひこうせき)は、数々のアニメや漫画作品に登場するアイテムであり、読んで字のごとく、飛ぶために必要なアイテムとして描かれている。初見となる作品は1726年に書かれたジョナサン・スウィフトの作品ガリヴァー旅行記で、飛行石は巨大な磁石として描かれている。

他の作品では、最近有名な飛び出る青い巨人が住んでる星などでも、アンオブタニウムとして登場している。

また、1980年に制作されたドラえもんの長編漫画ドラえもん のび太の宇宙開拓史でも、反重力物質ガルタイトとして登場し、作品の重要なファクターとして描かれている。この項目では、反重力物質ガルタイトについて記述する。

何か忘れてるって?気のせいだろ。

概要[編集]

1980年に制作された長編漫画、ドラえもん のび太の宇宙開拓史は、ワープ航法の失敗により、のび家の二階の畳とはるか宇宙のかなた、コーヤコーヤ星に住むロップルの宇宙船とがつながってしまうという奇想天外なストーリーで始まる。

しまった、大ヒットした映画作品を忘れていた!

失礼失礼、1981年に制作されたアニメ映画、ドラえもん のび太の宇宙開拓史は観客動員数360万人を記録する大ヒットを記録している。

構造[編集]

表面は光を通す塩などでできているが、劣化が激しいものがあるため密度が高く水に溶けにくいものが使われる。 内部には表面張力の低い液体があり、その中に反重力分子がブラウン運動によって均等に拡散している。 一定の加速度を得ると反重力分子の衝突によって臨界に達し、反重力効果を得ることができる。

宇宙開拓史の基本情報[編集]

重力が地球よりも弱いコーヤコーヤ星では、一般的な動力源として地球でいう水晶のような鉱物、ガルタイトが使われている。反重力を持つこの鉱物は、二つ合わせることで無重力を生み出すことができるという特徴があるため、ロップルのいる文明では、石器時代からこの鉱物を使って飛行や重たいものの運搬を行っていた。しかし、貴重な鉱物であるため、それを欲する企業との軋轢が生じることになる。そして、ロップルたちの住むコーヤコーヤ星がガルタイトの塊であることをしったガルタイト企業は、ロップルの父親を暗殺。住民たちにさまざまな嫌がらせを繰り返し、立ち退きを迫っていた。そんな中、地球という知られてない星から、変な少年と変なタヌキがやってくる。

しまった!もっと大事な映画情報があったじゃないか![編集]

2009年、新しい声優陣による「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」が劇場公開された!キャッチコピーは「DORAEMON THE HERO 2009」・・・て、ちょっと待て。いいか、よく考えろ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」の項目を執筆しています。

戦闘シーンの迫力なんてものは、ドラえもん映画に必要あるだろうか、はなはだ疑問である。

飛行石の現在[編集]

飛行石は現在産出量が極めて少ないが、そのためレアメタル以上の価値を持ち、1グラムあたり約1000ドルで取引されることもある。資源大国の中国では最近チベット自治区で飛行石の鉱脈が発見され、経済成長の一環として大規模な採掘工事が行われている。このため、胡錦濤国家主席は飛行石の利益を独占するべくチベットの独立をかたくなに拒み続けている。チベット人たちがデモにおいて「Free Tibet!」の文字を掲げたのに対し、政府側は「Free Fly Stone!」の標語で対抗している。ダライ・ラマ曰く非常に不服とのこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


Hakaibakudan.gif 大変なことになっちゃった。この記事「飛行石」はおもしろくないドラえもんが暴走しているよ!早く良い記事にして、ドラえもんを止めなくちゃ!良い記事にしてくれたら僕のお小遣いお察し下さい円あげるからよろしく! のび犬より (Portal:スタブ)