飛び級

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

飛び級(とびきゅう)は、日本の一部の大学(千葉大学など)や欧米にはある学校制度のひとつである。

システム[編集]

知能発達のはやい学生に対し、それに相応する分の教育を早期に施すというのがこの飛び級制度である。欧米においては個人の尊重が重視されることから、早い段階よりこの制度が取り入れられた。それゆえ、十代で大学院に進んだものもいる。

しかし日本では、「出る釘を打つ」思想に基づいて義務教育課程の修了子供全員に命じているため、そのような現象が起こることはなくなっている。日本社会の特色といえばそうであるが、それゆえノーベル賞や国際競技大会の金メダル大半アメリカ合衆国に持っていかれてしまっているのである。

なお日本に飛び級制度がほとんどない理由は、無駄にプライドが強い教師が生徒に馬鹿にされたくないと、文部科学省教育委員会に何らかの圧力をかけている可能性もあると噂されている。真偽は不明であるが、こうした教師の横行が学級崩壊引きこもり不登校)の増加を招き、無駄に左翼への反動で極右翼化した電子網状の若者の増加に拍車をかけているとする考えを唱えるものもいたりする。

近年、千葉大学の物理学科が飛び級入試をはじめ、これに高校2年で合格し、千葉大学3年でMIT(マサチューセッツ工科大学)の大学院に飛び級入学するのがあらたなエリートコースとして脚光をあびている。

一方、このようなわれわれの社会に反感を持ったものたちは、二次元という異世界の日本に飛び級制度を設けて現実社会に反抗したりもしている。それゆえ二次元世界では美浜ちよ三千院ナギのような無駄に知能の高い子供が多くいたりするのである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飛び級」の項目を執筆しています。