風評被害

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「風評被害」の項目を執筆しています。

風評被害(ふうひょうひがい)とは、「ふう」という擬音によって表される出来事に、「ひょう」という擬音で表される出来事が重なって発生する被害を指す言葉「ふう・ひょう被害(FU-HYO被害)」を常用的に適している表記に直した単語のことである。

概要[編集]

表記は本来と違うものに直されているが、意味に関しては上述の通りでほぼ変わっていない。

基本的に「ふう・ひょう」の「ふう」は気圧の変動や人間の溜息によるの音を表す擬音である。表記を修正するに際して「風」という漢字に置き換えられたのもそのためである。また、「ひょう」は驚愕といった評価の音を表す「ひょう!」を表す擬音である。「評」という字に置き換えられたのもそのためである。即ち、「ふう」という風の音から紆余曲折あって「ひょう!」という驚愕の声に至るような被害を風評被害と呼ぶのである。

具体例[編集]

具体的な風評被害の例としては2011年3月の福島原子力発電所爆発事故による風評被害である。この事故によって、「ふう」という風に乗って放射性物質が事故現場から広がり、近隣の地域に拡散され汚染が及んだ。すると、こういった地域から産出される食料に対しても放射能汚染の恐れが懸念される。するとこういった生産物の消費が格段に減り、現地の生産者はその経済的被害に「ヒョーウ!!」と驚きの声を上げた。このために風評被害が生じたのである。日本の教育機関では、風評被害に対する姿勢の教育ではこういった認識を持つように指導される。

同じ語義として、「ふー」と手に息を吹きかけても、「ひょー」と寒いという被害をも風評被害と呼称することができるほか、風に言葉を載せると平らになってしまう被害、風に乗って評議員がふっ飛んでくる被害、風に乗って雹が降ってくることによる被害なども風評被害の一例として挙げられる。

関連項目[編集]