風物死

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索


出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は風物詩だから。君は間違っていないよ。
ひよこ陛下
秀逸な記事

Featured.png

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「風物死」の項目を執筆しています。
「八月は、死者の匂いがする季節である。」
神奈川新聞(2008年8月13日付1面)

風物死(ふうぶつし)とは、日本において、毎年必ず特定の季節や時期に発生する「」の総称である。死亡事故や殺人事件など、その死因は様々であり、死者数の規模もまた様々であるが、マスメディアによって広く日本全国に報道されることにより、人々に季節の到来や節目(季節感)を感じさせる役割を持っている。

このような現象は、四季のはっきりしている日本特有のものであることから、しばしば「日本の風物死」という慣用表現も用いられる。

なお、「死」そのものだけでなく、過去に発生した「死」について、翌年以降の死亡日(命日)にこれを思い出すことによって死者を悼む「追悼」や「慰霊」、あるいは、過去の死者を呼び戻す日や墓参りの日が暦によって定められている「お盆」や「お彼岸」などの年中行事も、広義には風物死に含まれる。

概説[編集]

水難事故での死体回収風景。夏の風物死のひとつである。

わが国日本は、「」「」「」「」という4つの特徴ある季節をもつ、美しい国である。この4つの季節は、更に「二十四節気」(例えば「冬至」や「霜降」など)として細かな名称を持っており、太古の昔から人々はこれらの暦に従って、様々な年中行事を行ってきた。

しかし、それ故に、それぞれの季節に彩られた特有の事件・事故も多く、四季折々の死傷者が絶えない国でもある。また、台風集中豪雨大雪などのように季節特有の自然災害も多く、「自然災害の博物館」とも呼ばれている。更に災害以外でも様々な年中行事、地域によっては祭礼でさえ毎年数多くの死者が発生している。

私たち日本人は、これらの死を目にしたり、あるいはマスメディアなどで死が報道されるのに接することによって、例えば「ああ、今年もまた神戸キャンドルナイト[1]が。もうすっかり真冬だなあ……。」とか、あるいは「お、もう御巣鷹山の山登り[2]か。もう夏休みも半分終わってしまったんだなあ……。」また、2012年からは3月11日が来るたびに、「東北で黙祷か、もう年度末だなぁ…」などといったように、季節の到来を感じることができる。

このように、季節の到来を告げる「死」を、日本では総称して「風物死」や「日本の風物死」などと呼んでいるのである。

また、ある死因を季節と関連付けて、「熱中症は夏の風物死」とか「雪崩は冬の風物死」という表現が用いられることもある。同様に、風物死を季語として数多くの俳句和歌も詠まれている。季節感と「ことば」を大切にする我が国独特の、風情ある文化である。

なお、日本は「安全な国」と名乗るだけあって、季節の趣きを全く無視した死が拳銃などによって年がら年中発生している某国に比べれば、1年間の死傷者数は少ない。日本国民は、季節に応じた正しい安全行動――例えば「冬山には登らない」「諏訪大社の御柱祭[3]には参加しない」など――を取ることによって、ある程度は自己の生命を守ることができよう。

春の風物死[編集]

父さん、母さん。私の命は、五月に散る桜の花びらのように
3月
4月
  • 新歓コンパの「イッキ」のコールで、一気にあの世へ
  • 春の陽気とともに現れる人が、なぜか包丁を持っていた
  • 春の山をなめた軽装の人々による雪山惨禍合掌
  • 花見名物、桜の木で首吊り
  • 若葉マークの新社会人が就職祝いの新車に仲間を乗せてあの世へドライブ
5月

夏の風物死[編集]

6月
7月
  • 水難の夏 日本の夏
  • そこに山があるから登った人たちが、そこに危険があるから昇天する
  • 動きたくなくなる暑さの中、本当に動かなくなる老人多数
  • 花火が地上爆発イリュージョン
ワッセー、ワッセー
あれ、あいつどこいった?
8月

秋の風物死[編集]

9月
  • 台風をも恐れない海の男たちが海の藻屑と消える
  • 夏を乗り切ったおじいちゃんの電池が切れる
  • がよく鳴るわね、あっ?」
  • 悲願・おはぎ
10月
11月

冬の風物死[編集]

12月
正月の風物死を伝えるテレビニュース。
1月
2月

風物死を詠った俳句[編集]

四季が育んだ日本の山。山も、死者の匂いがする。

強調した部分が季語である。

春の句
  • 雪とけて 村いっぱいの 仏かな
  • 菜の花忌 月は東に 司馬は死に
  • 御柱祭 つわものどもが 夢の跡
  • 春うらら 隣は何を する人ぞ
  • 五月病」(さつきやみ 帰宅は早し もうダメポ
  • 赤い椿 サラリーマンと 落ちにけり
夏の句
  • 激流や DQNのみこむ 川流れ
  • 夏の海 ひねもすゴハガバ ゲホゴボボ
  • 麻生祇園 そこのけそこのけ お馬が通る(馬出し祭)
  • 五六人 くらりと果てぬ 夏の海
  • 取り巻きに 火の粉降りたる 花火かな
  • 五月雨や 大河の中に 家二軒
  • 川流れ 足を取られて あの世行き
秋の句
  • 土砂崩れ 岩からしみ出す 人の声
  • 紅葉に ボッと火の出る 山火事かな
  • 牡蠣食えば 腹が鳴るなり ノロウイルス
  • 人体を 二つに断てり 秋列車
冬の句
  • 冬の山で 人は雪原 かけ廻る
  • 降るや 意識は遠く なりにけり
  • 受験散って うち飛び降りぬ 二三人
  • ここがまあ われのお墓か 五尺


風物死を詠った和歌[編集]

  • この世をば あの世とぞ思ふ 餅好きの 詰まりたること ありと思へば
- ああ、餅が喉に詰まることを考えると、この世もあの世に早変わりしてしまうなあ
  • 桜ばな いのち一ぱいに 咲くからに 首なわかけて われ眺めたり
- 桜の花が命をかけて精一杯咲いているから、私もその枝に自分の命をかけて眺めるのだなあ
  • 五月病む 人の風呂場の 香をかげば 硫化水素の 毒の香ぞする
- 五月病の人のお風呂場からする香りを嗅いでみたら、硫化水素の香りがすることよ
  • 人よりも 車は早く 飛び出して 咲かんとすなり 飛び血の桜
-徒歩よりも車の方が早い。激しく激突した時飛び血の桜が今まさに咲こうとしている。
  • 屋上に うつ病患者が 腰掛けて 自分から降り 地面夕焼け
-うつ病=五月病患者が屋上から飛び降りた、地面は夕焼けのように赤く染められている。
  • クチナシの 老人暮らしは 独身の におうがごとく 今さかりなり
- クチナシ(口無しとの掛詞)の花が咲き匂っているように、老人1人暮らしのアパートから、ありえない匂いが今まっさかりなことだ
  • アパートの 長鳥の尾の しだり尾の ながながし無視 ひとり孤独死
- 長鳥の尾のように長い間無視され続け、とうとう孤独死してしまったよ
  • 見わたせば 花も紅葉も なかりけり 裏のおやまの 火事の夕暮れ
- 見渡してみると秋の美しい花も紅葉もないなあ。裏の山の山火事で燃えてしまった夕暮れであることよ
  • ポン引きの 客取りの後の みだら後の ながながし夜を 一人かも寝む 
- 冬の夜に風俗店を出た酔客が、厳寒の中を寝てしまったよ
  • 宴会の 酔いもほろろに 飛ばす車 われてくだけて さけて散るかも
- 宴会もお開きになってほろ酔い気分で飛ばす車が粉々になっていく様子は儚い人の生の散り様の一つだなあ

脚注[編集]

  1. ^ 1月17日午前5時46分を皮切りに、神戸、阪神間淡路島では阪神・淡路大震災の追悼行事が毎年行われる。
  2. ^ 1985年8月12日日本航空の旅客機が、上を向いて行こうとして誤って群馬県の御巣鷹山に墜落し、乗客のほぼ全員が死亡するという大惨事が発生した。翌年から、毎年8月12日には、被害者の遺族による御巣鷹山への“慰霊登山”が行われている。近年は遺族の高齢化により、登山で新たな死者が発生することもあり、これもまた一つの風物死となっている。
  3. ^ 諏訪大社は長野県の諏訪湖付近にある神社。巨大な棒に跨って急斜面を滑り降りることで、いかに凄絶に死ねるかを競う「御柱祭」は、日本三大奇祭に数えられている。

関連項目[編集]

二十四節気


俺はここにいるぜ。 なあに、こんな風物詩すぐに完成させるさ、出来たら遊びに行こうな! (Portal:スタブ)


阿部ちゃん
流行記事大賞 銅賞受賞記事

この記事は2008年流行記事大賞にて銅賞を受賞しました。
この受賞に阿部ちゃんも思わず興奮。

Featured.png