風の歌を聴け

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「風の歌を聴け」の項目を執筆しています。
「やれやれ」
風の歌を聴け について、村上・やれやれ・春樹

風の歌を聴け(かぜのうたをきけ)は、日本の小説。村上・やれやれ・春樹の処女作である。

ストーリー[編集]

架空の作家の存在をデッチ上げたりと多忙な毎日を送る主人公の「僕」(29)が、ひと夏の思い出を語る。

その夏田舎に帰省した彼は、友人の鼠と共に呑んだくれたり、小指の無い女の子とイイ感じになってみたり、ラジオのDJからダサいTシャツを貰ったりして過ごす。 ある日の事。プールに行った「僕」と鼠。プールサイドで寛いでいると、鼠が突然古墳の話を始める。聞けば小説を書こうとしているらしい。すると今度は小指の無い女の子とのイベントが発生。「僕」は、得意の「牛の胃袋トーク」で彼女を口説き落とさんと目論む。「セックスしたい?」と彼女。「うん」と僕。しかし何も無いまま終わる。

そして夏休みが終わる。「僕」は、フライドポテトを食べつつ東京へと帰るのだった。

登場人物[編集]

主人公。回りくどい話し方しかできないという奇病に罹っている。
大学では生物学を専攻しており、大学で解剖をした際に、の胃袋の中から取り出した草をビニール袋に入れ、命より大事にしている。
趣味は冷蔵庫の広告板を見ながらあれこれ妄想すること。
作中でうっかり某有名ネズミのテーマソングを歌ってしまい、某会社から提訴されそうになる。
現在は結婚してジャズ・バーを経営。
人が死なずセックス・シーンの無い小説「メリークリスマスはハッピー・バースデイ」の作者。
家は金持ち(虫よけ兼洗剤兼栄養剤の販売をしている)だが、金持ちの事を憎んでいる。
  • ジェイ
ジェイズ・バーのバーテン。
ボーボボのジェイに脳内変換されてしまうのは自分だけでしょうか。
  • NEBラジオのDJ
ラジオ番組のDJ。「僕」にダサいTシャツを送りつけた。座右の銘は「僕は・君たちが・好きだ」
番組で曲の合間にコーラを飲む癖があり、常にげっぷ及びしゃっくりをしている。
ラジオのDJは副業であり、本業はの漫才師である事が「僕」によって明らかにされる。
デレク・ハートフィールドの本はありますか」などという大学生のせいで、全国の図書館司書及び書店員さんは大変迷惑しています。
やめましょう。

関連項目[編集]


面白くなさすぎる.jpg 先生、風の歌を聴けの原稿まだですか。
もう、先生だったらこんなのあっという間に仕上がりますよ。全国の読者も先生の秀逸な記事を待ち望んでるんですから、先生もこたえなきゃ。
よろしくお願いしますよ。 (Portal:スタブ)