風が吹いても桶屋が儲からない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「風が吹いても桶屋が儲からない」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

風が吹いても桶屋が儲からない(かぜがふいてもおけやがもうからない)とは、「風が吹けば桶屋が儲かる」を批判する言葉。当たり前のことだが、風が吹いて桶屋が儲かるわけがないと否定すると同時に現在の社会問題を克明に映している。

概要[編集]

ウィキペディアによると「風が吹けば桶屋が儲かる」はこのように説明されている。

Quote1.png 日本のことわざで、あたかもバタフライ効果のように思わぬ所に思わぬ物事の影響が出ることの例えである。しかし現代では、その論証に用いられる例が突飛である故に、「あり得なくはない因果関係を無理矢理つなげて出来たトンデモ理論」も指すことが多い。 Quote2.png

これは悪質なである。あまりにも的を外した説明である。

風が吹けば桶屋が儲かるの本来の意味は江戸時代桶屋が儲かった事に由来する。当時江戸の人々はなぜ桶屋が儲かったのかしあった。その結論が「」である。しかし、直接的にこの意味を取ってはいけない。「風」とは「ありきたり」、「当たり前」の隠喩である。つまり、どんなことが起こっても桶屋が儲かるという意味である。

なぜ、どんな事があっても桶屋が儲かったのだろうか。これは当時の江戸時代がバブルを謳歌していたからである。本来は繁栄を表す言葉だった「風が吹けば桶屋が儲かる」も時代を経るに従い本来の語義を失い今に至ったのだ。

では、「風が吹いても桶屋が儲からない」とはどういう意味か。この語義は由来をたどれば分かりやすい。バブルはいつかはじける。これは、世の摂理である。江戸時代のバブルもはじけ桶屋も当然儲からなくなった。江戸の人たちはこれを揶揄して「風が吹いても桶屋が儲からない」と桶屋をおちょくったのである。つまり、「風が吹いても桶屋が儲からない」とは何が起こっても桶屋が儲からないという意味である。

後世まで生き残った「風が吹けば桶屋が儲かる」に比べて「風が吹いても桶屋が儲からない」は二番煎じの感が強く忘れ去られていた。それにアメリカ住宅バブル崩壊の前までは「風が吹けば桶屋が儲かっていた(=景気が良かった)」からである。しかし、リーマン・ブラザーズ倒産を機にこの言葉は一気に注目を集める。

世界中の政府や中央銀行はサブプライムローン問題に端を発した金融危機に対して対策を打ち出したが焼け石に水。どんな対策をこうじても効果はなく、トヨタは赤字に転落しアメリカもついにゼロ金利政策を実施した。投資家たちはこの情勢を「風が吹いても桶屋が儲からない(=どうしても、経済が好転しない)」と表現した。バラック・オバマは「Yes We Can」と言ってこの危機を乗り切れると言うが、百年に一度の危機を若造が解決できたら政府なんか要りません。現に、日本でのバブル崩壊当時に銀行員として大阪に駐在していた経験をもち、現在は大阪大学経済学部客員教授であるジョン・モーカリマッセ氏は日本のマスコミに対し、オバマ大統領の経済政策を高く評価するとしながらも、「OKや。が、儲からない」と漏らしている。

俗説[編集]

風が吹けば桶屋が儲かると語感が似ているため、風が吹けば桶屋が儲かると同じように盛大な紆余曲折があると勘違いされがちである。これはあくまでも一例である。

  1. が吹く
  2. 寒くなる
  3. みんな外出しなくなる
  4. みんなひきこもる
  5. みんなネットを使いだす。
  6. ネット回線がパンクする
  7. みんなプロバイダーにクレームを付ける
  8. 電話回線がパンクする
  9. 電話好きな女性は憂鬱になる
  10. 女性がやけ食いするようになる
  11. 女性が太る
  12. ダイエット業界が大繁盛
  13. コスト削減の為ダイエット用品の製造拠点を発展途上国に移転する
  14. 中国などの発展途上国が経済発展する
  15. 富裕層が増える
  16. 富裕層は別荘を持ちたくなる
  17. 森林破壊が加速する
  18. 環境対策としての需要を減らす
  19. 箱(=桶)の需要が減る
  20. 桶屋が儲らない

もう一例[編集]

  1. 風が吹く
  2. 大事な書類が吹き飛ばされる
  3. 社員が始末書を書かされる
  4. 上司が怒る
  5. 上司が不機嫌になる
  6. 職場の雰囲気が悪くなる
  7. 全体的に営業成績が下がる
  8. その会社は倒産する
  9. 株価が下落する
  10. 景気が悪化する
  11. 閉塞感が広がる
  12. みな家に帰りたいと思うようになる
  13. 風呂の需要が増える
  14. 桶屋が儲かる

あれ? 桶屋が儲かっちゃった……?

と思いきや続きが。

  1. みなが家にひきこもる
  2. ネットに夢中になる。
  3. 時間が惜しいほど熱中するので、風呂じゃなくシャワーで短時間で済ませようとする。
  4. 桶を使わない世帯が増える。
  5. 桶屋が儲からない。

なっ!儲からないだろ。

いや、それなら別に[編集]

  1. 風が吹く
  2. 涼しくなる
  3. みんながあまり汗をかかなくなる
  4. 入浴と洗濯が抑制される
  5. 桶屋が儲からない

でいいだろ

いやいや[編集]

  1. 風が吹く
  2. 桶屋が吹き飛ぶ
  3. 桶屋が儲からない

これくらい小学生でもわかる

王道の2進数[編集]

  1. 風が吹いて桶が宙を舞い飛んで、お怪我なさる消費者が相次ぐ
  2. 桶屋に苦情が殺到しモンスタークレーマー効果にモンスターペアレンツの乗数効果がシナジーし、数ある桶屋は連鎖倒産

しかし、これが真実[編集]

  1. 洗面器という新参者があらわれ、桶は老舗温泉旅館以外、だれにも買われなくなった。
  2. よって、風が吹いても桶屋は儲からない。たとえそれが、27年に一度の巨大台風だとしてもな。

どんなに硬い桶でも、時代の流れには逆らえない。時代の流れは、残酷なのだ。

関連項目[編集]

この項目「風が吹いても桶屋が儲からない」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)