頭痛が痛い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

頭痛が痛い(ずつうがいたい)とは、頭痛に苦しむ人間が混乱するさまである。

概要[編集]

統計では、頭痛を患った人間が痛みに耐えかねてこぼした愚痴の内容はほとんどが「頭痛が痛い」だったという。しかし、頭痛を訴えるなら「頭が痛い」や「頭痛がする」が正しい言い方であり、「頭痛が痛い」は非文である。まあ、最も重要な部位であるにダメージを受けているのだから、仕方ない・・・のか?

とある患者の話[編集]

4月1日エイプリルフールの事だ。私は朝の朝食を食べ、新聞の朝刊を読みながら勤め先の仕事の用意を準備するため上の2階に向かった。しかし不注意でうっかり階段の段差から足を滑らせて踏み外し、転がり落ちて落下してしまった。その一瞬の瞬間、激しい激痛が右の右腕を襲い、おそるおそるビクビクしながら右を向いて覗き込んで見てみると、腕は骨折して折れていた。私は急いですぐさま119番の救急車に連絡したが、4月1日のエイプリルフールだったのが不運にも災いして、半信半疑で信じてもらえなかった。あきらめて激しい激痛をこらえ、自分のマイカーで最寄の一番近い病院に向かったが、私は利き腕が右利きだったのだ。痛みに耐えて我慢している上に利き腕が使えない片手運転では安定せず、不安定な蛇行でよろよろと進んでいった。嫌な予感が危惧していた通り、やはり途中で向かいの対向車とぶつかって事故を起こしてしまい、病院に到着するのは私の計画していた予定よりだいぶ遅れるわ、相手も怪我で骨を骨折するわでこれからの事を考えると頭痛が痛いよ。

決意の話[編集]

晴れ晴れとした快い快晴、明日は旅行の旅へと行く予定となっていたその日、激しい頭の頭痛の激痛によって目覚めてしまい、早朝早くに早起きすることとなった。頭痛は痛いけれども前に前進しなくてはと気力で意気込むが、うまく動かない自分の動体を前に、虚ろな虚しさから来る虚無感を感じるだけだった。

前日は猛烈な猛暑で酷く暑かった。しかし午後になると天候は雪崩のように崩れ、落雷落ち、炎天下のもとであちこち走り回って疲労で疲れていた自分は、足元にあった危険が危ないとは判断できず、馬から落ちて落馬してしまった。幸い骨を骨折するなどの負傷は負わなかったものの、置いてあった置き石に頭をぶつけてしまい、偶然近くに居合わせた犯罪を犯した犯人の人の手を半ば脅しで借りて、何とか家へと帰家したのだ。一瞬の注意を怠ったことが、後で後悔する結果となってしまった。

これが自分が一番最初に「もう二度と決して気を抜くものか」という決意を決心した時の話である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「頭痛が痛い」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「頭痛」の項目を執筆しています。