頚城県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「頚城県」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「頚城県」の項目を執筆しています。

頚城県(くびきけん)とは、親不知のすぐ東にある、日本海側の県である。県庁所在地は上杉市(城下町名:春日山市)。

歴史[編集]

日本海側の県で、律令体制下の旧越後国頚城郡(春日山糸魚川など)と北信濃(長野白馬など)の一帯を占める。日本でも屈指の豪雪地域で、スキー場も多い。

律令制が布かれる前の7世紀前半には、現頚城県は久比岐国造(くびきこくぞう)の領土であった。ところが、ヤマト王権と越国が連合軍を組んで領土を拡大すると、久比岐国造は越国に編入された。律令体制下で北陸越国と呼ばれて来たが、越国が分割されると、現頚城県は越後国に分けられたが、これらのうち長野や白馬などは信濃国に分断された。残りの越後部分は頚城郡と魚沼郡(現魚沼県)であるが、頚城郡は越後国の国府が置かれるなど、越後の中心的な地域であった。しかし、当初の越後国は親不知から鳥海山まで、つまり蒲原郡(現新潟県)と出羽郡(現庄内県)が編入されており、逆L字型のイビツに広大な県であった。どれだけ広いかというと、掛川水戸が同じ県、東京岩沼が同じ県に入れられてるような広さである(掛川⇔水戸と東京⇔岩沼は、335km)。掛川と水戸が疎遠である、東京と岩沼が疎遠であるのと同じく、頚城郡は蒲原郡や出羽郡とは疎遠であり、とても「同じ越後」とは呼べない状況であった。

戦国時代になると、隣の魚沼県(後国)や富山県中国)と同じく、上杉家や浄土真宗の支配下となった。

徳川時代になると上杉家は米沢に追放され、春日山城が解体されて、春日山城の5kmに高田城が建設された(高田藩)。高田藩主は松平家であったが、高田松平家は会津松平家と戊辰戦争で敵対し、血で血を洗う抗争となった。この歴史的経緯もあって、会津と水系が同じ蒲原郡とは相性が悪い地域になっている。

廃藩置県当初、頚城郡と北信濃は、高田(現在:上杉市高田地区)に県庁を置く高田県であった。しかし、高田県は分割され、北信濃は長野県となり、頚城郡は魚沼郡と合併されて柏崎県となった。しかし、1873年6月10日には、柏崎県は、強引に新潟県(蒲原郡)と合併されてしまった。頚城郡からは県庁所在地の新潟市が余りに遠く、長野県庁所在地の長野市佐久県筑摩県・南木曽以東の木曽郡を強引に併合した為に、旧頚城郡・佐久地方・筑摩地方・伊那地方・木曽地方から苦情が殺到していた。この為、長野県は解体分割され、長野や白馬などの長野県北部は旧頚城郡と一緒に頚城県として分立した。

交通[編集]

現在の頚城県が成立する前は、長野の行政屋が専横を極めていた。北陸新幹線は、本来なら上越新幹線の延長線上で魚沼県長岡十日町)を経由して春日山や富山に行くルートだったのに、長野のワガママのせいで、強引に長野経由に変更されてしまった。このため、東京や高崎から春日山や富山に行く鉄道路線は、上越新幹線(長岡経由もあるが、ほくほく線は湯沢乗り換え)、北越急行ほくほく線(十日町経由)、長野経由北陸新幹線(長野経由)というメチャクチャな状態になっている。そして、上杉市の北陸新幹線の駅も、実質的な中央駅である直江津駅じゃなくて、高田駅よりも南の新設駅にさせられた。というか、高田と直江津は春日山や脇野田に奪われた

尚、空路では富山空港を利用する。でも、つい最近新潟空港へ、直行便が。。。もう頸城県は、北陸を頼らない

名物[編集]

頚城県はスキー場の密集地だが、頚城県はそばの大産地でもあり、スキー場の夕食ではそばが出される所が多い。 ぎょぎょぎょな魚介類が豊富。

関連項目[編集]


この項目「頚城県」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)