革新犯

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

革新犯(かくしんはん)とは文字通り革新的な犯罪者であり、革命家などを反対派が揶揄する目的で使われる言葉である。革命にはしばし流血を伴う事があり、革命家達の己を正当化するための「革新の為にやむを得ない流血だった」という類の言葉に対する皮肉と思われる。

転じて、「今の世の中は腐っている、だから俺が腐った世の中を変えて理想的な世界を作る」という革新的な考えを飛躍させ「そのためなら何をやっても許される、多少の犠牲はやむを得ない」と思い込んで迷惑行為や破壊活動を行う革命家気取りのテロリスト達を革新犯と呼ぶ事もある。これらの「革新犯」は保守的な考えを極めて嫌悪しており、少しでも反対する者を全て保守派、懐古主義者老害と決め付けたがる傾向がある。

またこの類の革新犯の中には自己陶酔が激しく自分が悲劇のヒーローないしヒロインだと思いこんでいることが多く、総じて中二病患者であることが多い。端から見たら偽善者にしか見えない困った連中である。

一方で「流行に流されるだけの大衆なんて屑だ。俺は誰にも出来ない革新的な事をやって世間をギャフンと言わせてやる」とか言ったりするようヘソ曲がりというか玄人気取りというかヒネクレモノというかイレギュラーな人達を革新犯と呼ぶ事もある。

さらに、昔は良かった今時の若い者はが口癖の老害が若者を揶揄する意味で革新犯という言葉を使うこともある。またアンチ懐古主義を揶揄する目的で使われることもある。

おもな革新犯[編集]

関連項目[編集]

この項目「革新犯」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)