面白くない記事

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

面白くない記事(おもしろくないきじ)とはその名の通り面白くない記事である。

概要[編集]

これほどつまらない記事はない。なぜなら、面白くないということを前提に書かれているからである。もしこの記事を面白くしたいのであれば、少なくとも記事のタイトルに「面白くない」などという文言を入れるべきではない。しかし今のところ、{{DISPLAYTITLE:面白い記事}}のようにつまらなさを緩和する対策を講じる姿勢が筆者自身に感じられないことから、つまらない記事を書きたいという意図が明らかである。しかし後述するとおり、こうした執筆姿勢はアンサイクロペディアでは存在を許されない類のものであり、不本意である。NRV即時削除を貼られる充分な理由が明確に存在している。こうした理由をできる限り強調するためにも、当記事を「面白くない」「つまらない」などと批判し、非難してほしい。実際に当記事には全く面白みが感じられず、ユーモア以前の問題である。下らない。面白くないったら面白くない。

この記事の存在意義[編集]

アンサイクロペディアはウィキペディアのパロディサイトとして開設されたので、何よりも面白い事が要求されるがこの記事は面白くない記事であるため読者が笑わない事が要求される。しかし、そうするとたちまちNRVを貼られ、削除されてしまう。そう、この記事は構造的ジレンマに陥ってしまっているのだ。しかし、あえてこの記事を書いているのはこの矛盾で笑ってくれる読者が居ると信じるからだが、だとすると面白くない記事はたちまち面白い記事になってしまい、また矛盾してしまう。困ったものだ。

どうしょうもない記事とこの記事の違い[編集]

さて、面白くない記事とどうしょうもない記事の違いはなんなのか。

荒らし行為——完全に無意味な記事、一文か二文しかない記事...(中略)...いくつかの記事はひとつかふたつのジョークしか含まないスタブ記事

これは「Uncyclopedia:どうしようもない記事」に書かれたどうしょうもない記事の定義である。面白い記事とは明らかに最初の定義、つまり荒らし行為や一文か二文しかない記事ではない。つまり、面白くない記事とは最後の定義つまり「ひとつかふたつのジョークしか含まないスタブ記事」に当てはまると思われる。しかし、実際はそうではない。面白い、面白くないは当然主観によるものだ。だから、秀逸な記事でも面白くないと思う人も居る。そうすると全ての記事にNRVを貼り付けてもなんら問題はない。だとすると、この面白い記事は誰か一人でも面白くないと判断するとたちまち面白くない記事になるからこの構造的ジレンマから解放される。

面白くない記事の例[編集]

個人的においしいものを紹介しているに過ぎず、一つも皮肉や風刺が書かれていない。
  • ごく個人的な観点の多い記事
たしかにウィキペディアの執拗な空気に息がつまり、こちらへやってくる度にリラックスすることはある。そうはいっても、個人的な嗜好をグダグダ書くことは褒められたことではない。一般的に「おいしい」「美しい」などと宣伝されているようにコンセンサスを得た主観ならば、閲覧者の理解も容易であろう。しかし一人一人の思い出トラウマ妄想といったことは他人にとってピンとこないことであり、各々が胸にしまっておくにとどめるべきである。
明らかな宣伝目的をもった記事。短いのが幸いである。
  • 宣伝記事
一応記事形式に則りつつ、「説明」と「宣伝」を意図的に混同している記事はタチが悪い。しかもアンサイクロペディアでは口語体が許されている面を悪用し、あえて語りかけるような文体を多用することでいたいけな閲覧者の気を引こうとするのが目に付く。当然ながら「警告なしに削除されるもの」に該当するだけでなく、記事の内容があまりにもしつこい場合、何となく印象に残ってしまうのも鼻につく。
  • 寒いダジャレ
白い犬。当然「尾も白い」

関連項目[編集]

この項目「面白くない記事」は、まだまだ面白いことだらけです。よりつまらなくしてくださる方を求めています。 (Portal:スタブ)