静岡鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

静岡鉄道(しずおかてつどう)、通称静鉄電車とは、静岡県中部を走る超ミーハーあれな鉄道である。

概要[編集]

静岡県中部の極僅かな距離を走る地方私鉄である。その総延長は11.0キロと東名高速道路、火災帝国の同等の区間に到底及ばない。その割に朝っぱらからじゃんじゃん5分おきに往復運動し、客が0人でも日中6分おきに往復運動するので、地元の生活道路はしょっちゅう静鉄渋滞がおきていて、数人の乗客の為に多数の車が迷惑を被っている。JR東海がバカ混んでいるのに、3両とかでしかも10分強おきくらいに来るから仕方なく(下手したら待ってる間に着いちゃうもん)乗るのである。ちなみに新清水―新静岡は29800円なのでJR東海よりかなり高いが、これは着席料に他ならない。しかし、手馴れた静岡市民はJRはおろか静鉄すら使わずチャリンコで移動する。 付属品に日本平の高額ロープウェーがある。

運転技術が世界で最もよくウテシの手つきがプロいことでも地元の人では有名だ。実際に到着の際停止位置との誤差は0.5cm以内であり、1.0cmを超えようものなら非難轟々である。その代わり多少の遅延はかなり大幅に認められている。

駅とその周辺環境[編集]

すべての駅(と言ってもたった11キロ15駅)に平行棒と便所が付いている。

新静岡(しんしずおか):0.1km 通勤急行終着駅並びに急行始発駅
新静岡センターの地下から這い上がったところにあったが、市民の皆様ご期待の施設新静岡死ねばいいのにと平行して改良工事が行われ中心部からのアクセスが向上した。このため人の流れが良くなり当の施設より周りの某老舗デパートあの有名な店のほうが売り上げの伸び率が良くなった。
日吉町(ひよしちょう):0.5km 通勤急行停車駅
新静岡の次にある駅。距離が距離だけに乗降が少ない。しかし、最近は新静岡が極端に乗りづらいので若干増加傾向にある。静岡県には日吉町と呼ばれる地名がなくこの駅名は謎が深い。駅の周りは静岡市葵区鷹匠と同区横田町で日吉町はこの駅だけである。一説には親会社の日吉をぱくったとのこと。
音羽町(おとわちょう):1.0km
文字通り駅のすぐ北に大手ぼったくり寺院チェーン高野山清水寺のお寺がある。おしるし程度に舞台と滝があるが、あまりにもしょぼい為自殺者はいまだにいない。地元では通称きよみずさんで、駅のすぐ東を通る道路はその名もきよみずさん通り。年に一度お祭りがある。そのときに売られる蛍水は甘ったるいようななんとも言いようがない味がする。過去には急行が止まっていた。
春日町(かすがちょう):1.5km
国道1号沿いにある。ここから先1キロほどR1を走る車たちと仲良くエクストリームスポーツを開催する。また駅のすぐ横にしずてつジャストラインのバス停があるが、その名前は「下横田」である。バスなら新静岡から100円で着くが電車は120円である。乗降する際は改札機に向かってトゥッス! と一声掛けないとラッチがあかない仕組みになっている。
柚木(ゆのき):2.0km
すぐ南にJR東海の静岡車両区がある。国道の交差点はよく事故るので見ものである。また、北東には靖国神社静岡支店とでも言うべきであろう静岡縣護国神社がある。
長沼(ながぬま):3.1km
名前のとおりここには沼があったらしいが定かでない。近年はガンプラオタクらの聖地と化している。ここには静鉄電車のねぐらがあるが、駅は付属品らしく、きわめて質素な感じだ。が、特筆すべきなのはその駅舎の建築費をケチったために柱へと線路を使用したが、その線路がとてつもなく貴重な鉄道文化遺産だった。壊さなくて良かったネ。
古庄(ふるしょう):3.8km 通勤急行停車駅
静岡市の住宅街の中にひっそりとある駅だが、新静岡、草薙、新清水についで乗降が多い。それに比例して、長沼―古庄間のレールのジョイントの数も半端ない。直線区間なのに地震を思わせるくらい揺れる。そのためしぞーかでは少々珍しいエクストリームスポーツの開催地となっている。
明るくて、楽しい、古庄自動車学校がこの近辺にある。
ここを出るとJR東海の上を通る。ちょっとだけ優越感が味わえる。
県総合運動場(けんそうごううんどうじょう):4.8km 急行停車駅並びに緩急接続
数年前、県が予算を空港に回したために古いバスケットゴールが倒れ一人がお亡くなりになった体育館への最寄り駅。その後も県はバスケットゴール購入のための予算を立てず空港建設に走ったことに憤りを感じる駅である。
唯一通過線がある駅。たまに清水方面で電車が危篤になるとここに回送される。
待避線は通常使わないが、放っとくと腐るので、新静岡、新清水の両駅を12:00、06に発車する列車は使ってやっている。だけかと思ったら新静岡セノバの開業で乗りに乗った静岡鉄道は後述のごとく急行を復活し、当駅折り返しの電車(←意味あんのか?)を運行するため、フルで使用するようになった。静鉄で唯一静岡市駿河区に属する? ほんとか? じもっぴはそうは思わないけど。
県立美術館前(けんりつびじゅつかんまえ):5.7km
この路線の中で唯一戦後に出来た駅。県立美術館までは地獄のような坂を数百メーターあがることになり、毎年数人が倒れるらしいが、心配後無用。ちゃっかりしずてつジャストラインがきてくれる。夏なんかうれしいわぁ…。残念だが清水区。微妙に境界が敷かれている。
草薙(くさなぎ):6.4km 通勤急行並びに急行停車駅
静鉄 - JR東海への乗換えがとりあえず一番楽な駅。駅員が常駐している。駅を降りると、仕事帰りのお父さんはうれしい一杯飲み屋が点在している。しかし、終電が早いのではしご酒は厳禁である。
ここもしずてつジャストラインのバス停があるが、意地を張ってJR東海の草薙駅のほうにバスのロータリーがある。
御門台(みかどだい):7.5km 通勤急行並びに急行停車駅
ここは古庄についで、住宅地の駅である。有度(うど)第一小学校がすぐ近くにあり、昔は有度学校前が駅名だった。ありきたりな名前がいやだったので、改名した。
某頭の悪い辞典によれば、この近くには日本武尊がいたらしくその辺からこの名前にいたったそうだ。
ついでに言うと、日本武尊の時代から引き継がれた首塚稲荷は願い事が良くも悪くもかなうそうだ。
また、戦いで討ち取った首を洗った川が現在もあり、その名称は「血流川」である。嘘だと思うなら来て確かめてみるがいい。コレは本当である。くどいようだが史実であるから本当である。もう一度言うけど本当に本当の話。
狐ヶ崎(きつねがさき):8.3km 通勤急行並びに急行停車駅
静岡で有名な茶っきり節が発表されたところ。有名な歌なのだが893が登場する。バブル期までは近くにヤングランドという遊園地があり、駅名も狐ヶ崎ヤングランド前であったが、ショッピングセンターになってしまい駅名も変更された。ヤングランドという名前がナウなヤングには受け入れられなかったものと思われる。
ここからJR東海と電車でDをやる。次の駅までは1.7キロあるのでスピードを比較的出しやすい直線区間になっている。またJR東海に対抗して、ロングレール区間である。最近、南北縦貫道路の工事のため火災帝国の車両がのんびりと走っていたので、そのときだけは颯爽とがんばった。よくやった。600Vにしてはがんばった方。しかし、知らぬ間に元通りになってしまった。
桜橋(さくらばし):10.0km 通勤急行並びに急行停車駅
真上が県道の桜橋だし、周りも桜橋。でも桜の木は...
とりあえず旧清水市のハコモノが点在している。ちびまる子ちゃんの学校は線路の裏の路地を歩き、旧東海道沿いにある。
入江岡(いりえおか):10.3km
桜橋と300mしか離れていない。
10両の電車はぴったり納まる。2両の静鉄はひた走る。改札機も券売機も1つ。
ほかの駅は名所や近所の情報とかやっているのにさ、ここに限って何もなし。隣(桜橋)より利用者が極端に少ない。というか、静鉄の中で一番少ない。名所に関しては特に言うことはない。
新清水(しんしみず):11.0km 通勤急行始発駅並びに急行終着駅
二面二線の駅である。ある意味頭端式。新静岡とは違い少し寂しい。よたよたと落ちそうになりながら巴川をわたりすぐに着く。ちびまる子ちゃんに登場する川田さんはこの川を守っている。空想の人物とは言うものの、実際に川田さんの後継者はいる。川を守るかどうかは知らないが、この川の水質を10年以上調査している静岡北高校がそうである。彼らは土曜日の10時頃にチャリンコや学校ご自慢のバスで現れる。
新清水の周りには特に他ない。いいとこ天才を自負してやまない秀英予備校かな。

川端康成の著作を携えてこの駅まで乗車しようとするとホーム直前であのトンネルに入る。土合駅トンネル内ホームで下ろされる。486段登っても上越線は来ない。静岡鉄道の車輌が待っているのでそれに乗って帰ることになる。病院で目が覚める。

車両・保安装置[編集]

無論目立ちたがりでミーハーであるため大東急の7000系を親会社からかっさらい、自社の技術で美容整形を施した。非貫通でとても元が7000系とはいえないご立派な代物になっている。近年グモが増加したため、ダッサダサのスカートをはいている。 無論、日中6分おきに走ったところで、赤字なので山手線並みに広告をしている。また似たテイストの京王井の頭線に対抗する意図もある。他は車体全体にわたり気色の悪い広告が貼られている。加速性能は2.2km/h/sで私鉄の600V線にしては上出来。かもね。そしてなんといっても電車なのに痛車率が高い。中にはバスをそのままパクったウソ電もいる。また、車齢的には走れルンですの仲間でもある。

急行[編集]

お隣を併走するJR静岡に対抗するため1990年代まで井の頭線に倣って急行を走らせていたがクソ過ぎて廃止。と思いきや、新静岡センター改め新静岡セノバが開業する2011年10月1日にダイヤ改正が行われ急行が復活し通勤急行を新設することになった。多くの静鉄ユーザーは「ププ~っクスクス。この距離で急行とか。クスクス」とかなりバカにした態度である。ちなみに急行よりも通勤急行のほうが遅いというオチ。これには住民や大きなお友達も驚いて井戸端会議の議題となっている。無論ミーハーで目立ちたがり屋な性癖は代わらず、お手製の急行マークやどっかの赤い色をした私鉄のマネをしてしょんぼいミュージックホーンを鳴らしている。

映画での活躍[編集]

ミーハーで目立ちたがりの静鉄は中村トオル清水宏次朗主演のヤンキー映画ビー・バップ・ハイスクールで大活躍したこともある。当時最新型だった1010編成がボロボロにされた。しかし、電車も高校生に負けじと160Rの急カーブで振り落とすなど、ヤンキー以上に喧嘩に強い一面も。立花のゴリラや、戸塚の連中ももろとも巴川に突き落とす。そこで鍛えられた実力は今は生かされていないのが残念。年をとったので、盾をつけておかないとグモで、大打撃を食ってしまうまでになった。当時の末恐ろしさとは裏腹に、踏切事故も未然に防ぐなど成長したヤンキーに見られるやさしさがある。

関連会社[編集]

自動車関係
小売店
  • しずてつストア:別名高額ストア。ワケわかめなどのオーガニック食品を高額で売りつける。また、個人商店を悉くつぶすため戦車ストアと呼ばれる。一度入るとなかなか出られない。ただ、いつだか知らんがあのイチゴを半額以下の200円台で売っていたがその理由はヒミツである。
  • 新静岡センター:通称センターなので筆者が勝手に決めた。静岡近辺でセンターは、試験でなくデパートを示す。しかし、大学進学率が芳しくないのは気のせいである。4Fに書店と喫茶店があり、受験生のたまり場となっている。現在は再開発でガラガラと解体されている。あれを見て東海地震が来なくて良かったと思うのは気のせいである。で、それのお陰でしぞーか市の中心部は検閲により削除となってしまった。静岡駅がクソの役にも立たないのは当然の成り行きである。2011年華々しく新静岡セノバがオープンしたが、cenovaのovaの部分が検閲により削除に見えると西の猿がほざいていた。
しずてつ不動産
しずてつグループの主な収入源。売り上げの9割を占める。
最近は静岡市最高峰の体たらくマンションの建設にいそしんでいる。しぞーかの高層マンションはほとんどしずてつの産物である。ただ、場所が場所だけに億ションには至らない。チバラキ県あたりに買って走ルンですで通勤するよりはいいと火災帝国ならではのジャイアニズム的悪魔のささやきに負けないことである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「静岡鉄道」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「静岡鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)