青田買い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青田買い」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「青田」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「青田買い」の記事を執筆しています。

青田買い(あおたが-)とは、将来性を見込んで予め収穫を予約しておく人的投資行為である。

概要[編集]

女性による、成功した青田買いの例。
青田買われ、とも言える。

人間がどのように成長し実を為すかということは、実際に時間が過ぎなければ確定しない。確定はしないが、それを予測し将来の姿を仮定する事は可能である。故に「将来は○○になるであろう」という可能性に対する投資し買い注文を確定させておくのが青田買いである。予測する範囲や期間は千差万別だが、容姿に関しては両親の容姿から類推出来るし技能に関しては教育の進捗率から推し測れる。そういった要素が100%当たるわけではないが、投資とはそもそもそういうものである[要出典]

歴史の中でも青田買いは盛んに行われており、日本において有名なのは「源氏物語」における「紫の上」に関する物語だろう。主人公・光源氏は亡き母桐壺に良く似た藤壺中宮が初恋の相手なのだが、彼女の姪子さんが生き写しな上にまだ幼いと知り「あ、じゃあ俺好みに育てよう」と決意してしまう[1]。その後正妻扱いの愛人という微妙なポジションにさせられたわけだが、そんな光源氏から取って青田買いを「光源氏計画」と呼ぶこともある。

ただし現代日本で男性がこれを行うとモラルに反すると断ぜられる可能性が高い。友人の娘に「大きくなったら結婚してね」などと言ったら確実に絶縁されるだろう[要出典]。女性の場合は、本人の劣化速度によっては丁重に断られる可能性が出てくる。年齢差が一回りを越えてしまうと、ほぼ確実に失敗するとされている[2]。行う場合は自己責任で、そしてあまり法律家が頭を痛めるような年齢差の相手とは行わない方がいいだろう。

そして青田買いが得となるか損となるかは、対象が実りの時期にならなければわからない。上手く行けば左団扇だが、失敗したからといって放り出すわけにもいかない。良くも悪くも、人生を背負うとはそういうことである。

青田刈り[編集]

青田買いと混同されやすい語句に「青田刈り」がある。これはまだ実る前に刈り取ってしまう行為であり、未熟なモノを相手取る為、周囲から顰蹙を買いやすくまた法令にも抵触しやすい。ただし実る前でなければ価値がないという人間も多く、敢えて未熟な状態で刈り取る事に価値を見いだす事もある。

こういった行為このような状態を好む愛好家もいるが、あまり青いままで刈るのも考えものである。早くに刈り取るということは種を残せないということであり、数の保全を考えるならば熟するのを待つべきだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 「君の叔母さんが俺のママにそっくりなんだ、だから君大好き」と言われた紫の上も複雑だっただろう。
  2. ^ 向こうにも選ぶ権利はあるし、そもそもそんなに年下の婿を貰って身体が持つとも思えない。たとえ持っても35越えたら高齢出産になる。悲しいことにリスクしか無い。

関連項目[編集]