青森市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青森市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「青森市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「青森市」の項目を執筆しています。

青森市(あおもりし、Blue forest city)は日本の本州島の北端にある都市

概要[編集]

気候[編集]

街中で販売されているりんごがあまりに多いため、甘酸っぱい空気が漂っている。(ただし、元々青森市内ではほとんどリンゴは造られていないが、「難で林檎を作っていないんだ!」という都会人のクレームに耐えかねて、しぶしぶ旧浪岡町を合併した。) 厳しい寒冷地帯である。冬のほとんどは猛吹雪に見舞われる。そのため、年間降雪量では旭川市に負けているにもかかわらず、同規模の都市では世界一の降雪量と自称している

[編集]

最近浪岡町と合併したが、東北で唯一区のある仙台市ほどの人口にはなっていない。にもかかわらず区が作られているのは、勿論見栄を張るためである。

善知鳥区[編集]

読み方は「うとうく」。善知鳥神社という神社が青森市の発祥の地であることからその名が付いたと言われるが、「善」く「知」るという名前に似合わず、地元民以外は誰にも読めない。 もと「油川区」であったが、「あんな田舎と一緒にするな!」という声で変更。

浅虫区[編集]

青森市の数少ないアミューズメントパーク・ワンダーランド(2007年閉園)・浅虫水族館と、志々雄真実がムリヤリ開拓した浅虫温泉郷があるが、あまり盛り上がった様子はなさそうだ。そりゃそうだよ。駅から遠すぎて、バスで浅虫まで行くと600円以上かかるからねぇ。(土・日・祝日は1日乗車券使用可能)

浪岡区[編集]

浪岡町が青森市に併合された際に作られた区。だが、別に大したものはない。 分立騒ぎが起こっている。

上磯区[編集]

「後潟」だとか言う町がある、北のほうの区。この地方の古い地名から命名。

丸山区[編集]

 三内丸山遺跡にちなんで命名。札幌市へのライバル意識が見て取れる。「三内」だとか言う町がある、南のほうの区。「県立美術館」がある。なんでまた駅から遠いところに。なお、「三内丸山遺跡」が駅から遠い、という不満は観光客から聞こえるが、遺跡の北側に、縄文の駅遺構が2017年4月1日に発見され、考古学者を震撼させた。残念ながら、その後、利用の急激な減少により、廃止されたという。

高齢化社会の最先端[編集]

「とにかくおじいちゃんとおばあちゃんばっかりで、うんざりって感じ。」
~ 青森のおじいちゃん・おばあちゃん について、孫

「青森のおじいさんとおばあさんがうんざりと思ってりゃ謝るし、
孫がうんざりと思って謝らせなきゃ承知はできねぇ!」
青森のおじいちゃん・おばあちゃん について、吉田こと

青森夏の有名行事「ねぶた祭り」のとき以外、他の県の人はほとんど青森に来ない。その他の時期に来る人といえば、さびしそうで哀れなおじいちゃんやおばあちゃんの相手をしてあげるために行く孫(とその親)ぐらいである。
青森には高齢者が多いため、そのぶん孫もたくさんいる。この高齢者とその孫がこの青森を建前上盛り上げていると言える。「ねぶた―」の時期以外で青森の駅前やデパートに人がわんさか集まっているときは、100パーセントの確率でおじいちゃん・おばあちゃんの相手をしてあげてる孫とその親である。

青森県観光物産館アスパムにはけっこう毎日若い人がいたりする。

性生活[編集]

青森市におけるセックスの状況は特徴がある。現在、日本で最も初体験が早い街の日本記録を所持している。原因については、寒いためだという都市伝説が流されているが、夏の「ねぶた祭り」の時期に性活動が盛んになるため根拠は無い。ちなみに少女に処女がいないため、女性も少女もみんな同じだと男達はみなしており、東京とは世界観が違う。つい先日、東京者に指摘されるまで、市内の小中学校では男女が同じ教室で着替えをするのが、おかしな行為だとは思われていなかった。何と言うかヤケクソ?いや価値観が違うんですよ。

交通[編集]

※赤リンクのとこはとりあえずWikipediaにでも行って調べてくれ。

鉄道[編集]

青森駅[編集]

東北本線青い森鉄道奥羽本線津軽線津軽海峡線の駅。ボロい。現在、駅前や新町通りは寂れている(#新青森駅を参照)ため、再開発が進んでいる。また、橋上駅にするらしいが、今のところ進展なし。(そもそも青森市が赤字だから)駅ビルのラビナにはなぜかCDショップがない(過去にあったが閉店した)。アウガにもない(こちらも閉店)。先ほども申しました通り、にぎわうのはねぶた祭りの時期だけです。少し歩くと青森県観光物産館アスパムがある。最近は、ワラッセにかなり客を取られ、大幅な赤字である。修繕費がとれない為、雨漏りしている。

新青森駅[編集]

奥羽本線の駅であり、東北新幹線の駅である。そりゃそうだ、あんなボロい青森駅に新幹線は任せられん。で、当然青森駅前や新町通りは寂れ、店がつぎつぎと閉店し、シャッターが並ぶわ並ぶわ。一方、ますます賑わいを見せるあおもり健康ランド我愛羅ガーラタウン北海道新幹線開業後、乗降客は以前に関係者が恐れていたとおり、、降りるのは地元の人だけになってしまった。このため、青森市では利用促進のため、メイドカフェを誘致した。

油川駅[編集]

津軽線の駅。老人タウンの最初の玄関口で、これ以上北にはもうほどんど老人しかおらんのじゃ、フォッフォッフォ。

空港[編集]

  • 青森空港 - 実は旧浪岡町にある空港である。
  • 三沢空港 - 県庁所在地にある青森空港よりデカい!
  • 八戸空港 - てか三沢空港も八戸空港も青森市じゃないだろw

道路[編集]

船舶[編集]

マスメディア[編集]

日本時間17:00に笑っていいともを放映。このことから、日本標準時-5時間が青森の標準時であることが読み取れる。

放送局[編集]

青森市の全テレビ局に「青森」と名前がつくため、ムリヤリこんな名前になった。早くめんこくないテレビとも合併して、青森市民にフジテレビ系列見せてくれよ。
ずるい。八戸あたりの連中だけでフジテレビ系列見やがって、ずるいぞバカヤロー。青森市でめんこくないテレビが見られないのに、この項目にそういうこと書いたってしょうがないんだけどね。

関連項目[編集]