霧島市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「霧島市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「霧島市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「霧島市」の項目を執筆しています。

霧島市(きりしまし)は、大隅国国府所在地にして、姶良地方最大の都市である。

日本一かっこいい市町村名トーナメント」の鹿児島県代表であり、天孫降臨の地として伊勢出雲に比肩する聖地である。タバコの産地であることから拝火教の聖地でもある。

概要[編集]

鹿児島県本土の中部に位置し「花は霧島 煙草は国分」とうたわれるようにツツジと葉タバコが名物である。皇紀2665年平成17年)に、葉タバコが名物の国分市、鹿児島神宮や嘉例川駅で有名な隼人町、鹿児島空港がある溝辺町、大隅横川駅で有名な横川町、霧島温泉のある牧園町、霧島神宮のある霧島町、黒酢の壺畑で有名な福山町が合併し、大隅の新星として華々しく誕生した。

鹿児島県内では鹿児島市に次ぐ人口を有することから、鹿児島県の第二の都市の座を巡って薩摩川内市鹿屋市と争っている。

伊勢・出雲方式による新市名選定[編集]

霧島市は平成の大合併によって設置された若い市であるが、旧国分市と旧隼人町が新市の名前を「国分隼人市」にするか「隼人国分市」にするかで揉めた経緯がある。結局、霧島山霧島神宮のお膝元であることから「霧島市」を名乗ることになった。

霧島市役所と霧島連山は20キロメートル以上離れているが、宮崎県側から苦情は寄せられていない。宇治山田市が伊勢市に、今市町が出雲町を経て出雲市になったことで地名度が格段に向上したように、新市名の選定方法はこの2市を参考としているのは言うまでもない。もちろん、最大の決め手は「響きの良さ」である。

地理[編集]

鹿児島県姶良地方の中心都市であり、霧島山の麓に位置している。古代の霧島山はその名が示す通り、鹿児島湾に浮かぶであったが、度重なる噴火と地殻変動によって本土と地続きとなった。桜島も霧島と似た経緯をたどっており、本土と完全に一体化し「桜島山」と呼ばれる日はそう遠くない。

旧霧島町は村時代から霧島と名乗っており、霧島市が発足するための布石としてうまく機能した。十和田湖に隣接する青森県十和田市の事例と同じく、名乗った者勝ちであるといえる。霧島山は鹿児島県宮崎県にまたがった山であるにもかかわらず「霧島といえば鹿児島県」という図式を内外に印象付けることに成功した。

歴史[編集]

天孫降臨の地であり、天降川(あもりがわ)という名のが流れている。現在では「天下り」という言葉が「貴様」と同じように本来とは異なる意味で使われるため、大変迷惑している。

旧国分市は大隅国分寺、旧隼人町は隼人塚が名前の由来であるが、この地名は一部の極右勢力によって抹殺の対象とされており、霧島市発足後の動向が気がかりである。

交通[編集]

鉄道[編集]

薩・隅・日・豊を結ぶ日豊本線、肥・隅・薩を結ぶ肥薩線が通じているが、路線名には「大隅」の「隅」の字も入っていない。霧島市や姶良市にしてみれば地元を無視されているようで、良い気分はしないだろう。大隅線もあるにはあったが、もうとっくの昔に廃止された。JR九州はこの地域の不満を知ってか知らずか「きりしま」という名の特急列車を日豊本線に走らせている。

霧島駅の不在[編集]

霧島市内に「霧島駅」は存在しないが、肥薩線に霧島温泉駅が、日豊本線に霧島神宮駅がある。両駅とも郊外に位置する駅で、霧島市の代表駅とは言い難い。

市の代表駅が国分駅隼人駅か分からないという声を受けて、国分駅と隼人駅はそれぞれ田川市の田川伊田駅と田川後藤寺駅のように「霧島国分駅」と「霧島隼人駅」となる見込みである。伊勢市や出雲市と同じく「市駅」方式を採用するという案も出たが「霧島市駅」は新幹線が開業する時まで取っておくことになった。

空港[編集]

鹿児島空港の存在は霧島市の強みの一つだが、「鹿児島市」の項目では鹿児島空港がまるで鹿児島市内にあるかのように記述されており、霧島市は鹿児島市が振りかざすジャイアニズムに翻弄されていることがうかがえる。鹿児島空港があるのは鹿児島市ではなく旧溝辺町であるが、鹿児島市の主張によると「鹿児島」の名が付く物であればすべて鹿児島市の物となってしまい、初代鹿児島空港が鹿児島市にあったという事実を考慮しても、その理屈はおかしいと分かる。

観光[編集]

霧島神宮[編集]

高千穂に降った天孫・邇邇芸命(ニニギ)を祀る。高千穂峰の麓にあるので噴火の巻き添えで過去に何度も炎上したようだ。霧島市はタバコの産地でもあるので、南九州では多数派を占める拝火教霧島派から圧倒的な支持を受けている聖地である。

山幸彦の墓[編集]

高屋山上陵は、天津日高日子穂穂手見命(山幸彦)の陵墓とされており、薩摩川内市の可愛山陵と鹿屋市の吾平山上陵とともに「神代三山陵」と呼ばれる大変有り難い聖地である。この日向三代の三山陵の伝承地はすべて鹿児島県にあるため、隣の宮崎県の住民は当然ながらこれに反発しているが、鹿児島県によって封殺されている。

関連項目[編集]


この項目「霧島市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)