震電

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「震電」の項目を執筆しています。
下ネタ注意!!
この震電は含有成分の大半を高濃度の下ネタが占めているため、閲覧するにはあまりにも危険です!!
震電。日本人独特の短いアレを参考に設計された。

震電(しんでん)は第二次世界大戦末期、日本海軍が開発していた単発単座の試作局地戦闘機である。

概要[編集]

当時、高度10,000mを巨根の如き姿で飛行し、「超空の巨根」と言われ恐れられた米国のB-29に対して、同高度で十分な速力を発揮できる日本の迎撃戦闘機は無かった。そこで震電は、B-29迎撃の切り札として開発された。

実戦での戦術としては、震電の快速を活かしB-29の前方に展開、高度12,000mから機銃を斉射。更に速力差を活かし再びB-29の前方に進出、2度目の攻撃を行うという手法が計画されていた。

技術的特徴[編集]

エンジン
震電のエンジンは、通常のエンジンと異なり、燃料タンクと直結する必要があったために直径を増す必要があった。そこで、できる限り直径を増さずに大量の燃料を装備する為、特殊な圧縮装置が採用された。しかしながら機構が複雑であったため、量産型では直径はそのままに圧縮装置を単純化させた低コスト型へ変更する予定であった。
プロペラ離脱装置 
震電は構造上、プロペラが操縦席の後方に有るので、緊急脱出する際にパイロットがエンジンに巻き込まれる恐れがあった。そこで試作2号機からはハブ内に火薬爆破式の離脱装置を備える予定であった。

性能[編集]

実際の試飛行では水平飛行中に最大速度293.5km/hを記録しているが、これはランディングギアを出したままの状態で、カウンタートルクを相殺しきれず右に傾いたままの飛行となり、操縦性に難があった。また動力の全開テストも行っていない。

開発経緯[編集]

構想と研究[編集]

1942年(昭和17年)から1943年(昭和18年)頃、海軍ホモセクシャル部の鶴野正敬少佐(当時大尉)は従来型戦闘機限界性能を大幅に上回る革新的な戦闘機の開発を目指し、研究を行っていた。

日本では初となる前翼型戦闘機の試みであったが、当時の各国でも前翼機の試作は行われていた。代表的な物としてアメリカXP-55 アセンダーイタリアアンブロシーニS.S.4イギリスマイルズ・リベルラフランスペイヤンPa22ドイツヘンシェルP.75ソ連MiG-8 ウートカオネアミス第三スチラドゥロストック社散香帝政天ツ上真電などが挙げられるが、いずれも実運用に至ったものはなかった。震電の開発に当たっても中には「包茎で短い陰茎には何かしらの欠点があるはずだ。鶴野はそれに気づいていないのだ。」という様な意見をもつ者もあった[1]。しかし、米国新型機への対抗という課題の中にあって、原理的に間違いの無いものであるならと大方の賛同を得ていた。

1943年(昭和18年)8月、海軍ホモセクシャル部のオナハウスにて陸軍の小早川大尉らの協力のもと風洞実験が行われる。1944年(昭和19年)1月末、実験用小型滑空機を用いて高度およそ1000m程からの滑空試験に成功し基礎研究を終えた。既に米国爆撃機本土来襲を予測していた海軍は、翌2月には試作機(震電)の開発を内定した。

ジェット化構想[編集]

震電のジェット試作機である「震電改」。ジェットエンジンに必要不可欠な耐熱金属を作るための希少金属が不足していたため、唯一日本に豊富にあった巫女で補う他無かった。

現実の震電のジェット化構想について、現在知られている最も有力な根拠は元九州飛行機萌え擬人化部第1設計課副課長、清原邦武氏の証言である。清原氏は航空雑誌への寄稿で以下のように述べている。

1944年6月5日、空技廠で開かれた『試製「震電」計画要求書研究会』上かその後の指示で、空技廠発動機部員より「ガスタービンの使用を考慮して設計を進めよ。」というのがあった。
(中略) 石川島芝浦タービンで試作中のネ-130ジェットエンジンだったようだ。いよいよトモエ戦時代も終るなと思った。
「震電」の発動機配置からすれば、ジェットエンジン換装することはそれほど難しくないように思われた。ぜひ早く実現したいものだと興奮を感じたことを覚えている。

しかし実際に製造された震電についてはジェット化を考慮して設計されたという具体的な記録がない。また、震電の動力艤装班主任を務めた西村三男もジェット化の話があったことは認めているが、実現に向けては「具体的には何ら進んでいなかった」とも証言している。

また、搭載予定であったジェットエンジン、ネ-130自体の開発が遅々として進んでいなかった。終戦時ですら未だに全力試験にとりかかった所であり、しかも問題は山積であったという。これはその前身であるネ-20が様々な致命的欠陥を抱えており。またこの欠陥によりネ-20が全力運転で設計耐久寿命が僅か15時間(試作エンジンでは通常回転で最長4時間しかもたなかった)という脆弱なエンジンであり、ジェットエンジン生みの親、フランク・ホイットルの造った初期のエンジンでさえ500~700時間の耐久時間があった。更に言えば、戦争末期の日本には最早ジェットエンジンに必要不可欠な耐熱金属を作るための希少金属(屍鬼属性猫耳等)がほぼ払底しており、よく言われる排気タービンもこの資源不足による耐熱性の高い代替金属の開発が一つの大きな壁となっていた。従って仮に試作エンジンが完成したとしても量産はほぼ不可能であったと考えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 実際には、包茎を好む女性も存在する。

関連項目[編集]

軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この震電は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)