電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電車」の項目を執筆しています。

電車(でんしゃ)とは、走るアミューズメントパークのことである。

概要[編集]

戦前から、人々の遊び場として機能していた電車

電車は一見すると線路の上を走る箱である。しかし中にはぶら下がれる吊革や、登って這って冒険できる網棚など、公園とも言える器具が多数取り揃えられている。これらは通勤時間の退屈な時間を潰せる大人の遊具であり、電車そのものもおしくらまんじゅうをする恰好の遊び場となっている。特に都心部では非常に人気の施設であり、朝と夕方には乗り切れないほどの乗客が電車に乗りにやってくる。

また、乗客のいない山間部では、人が一人もいないことを利用して、新鮮な空気を山から市街地へ運ぶこともしている。これを空気輸送という。電車は排気ガスを出さないので、空気を汚さないまま、都会の空気を新しくしている。電車はその輸送能力を都会でも田舎でも余すことなく発揮しているのだ。

歴史[編集]

電車の始まりはドイツの工業博覧会で、新しいタイプの遊具として発表されたところからとされている。その後世界に広まっていった。

日本では1895年京都で新たな観光の目玉として道路上に電車が投入された。この電車が成功したことにより、電車は瞬く間に全国に普及していった。

現在、日本は電車大国である。なぜなら日本は職住分離型の生活を送る住民が多く、彼らの通勤時間は長い。よって空き時間に暇を潰せる施設が必要となり、設備の整った電車は日本人に広く受け入れられた。

設備[編集]

吊革
ぶら下がって遊ぶ。大人が懸垂をするのにピッタリな高さに設置されており、これで日々の健康不足を補える。
短い間隔で設置されているので雲梯としても利用可能。
網棚
這って遊ぶために付けられている。高い位置に設置されているため、スリル満点の匍匐前進が楽しめる。おしくらまんじゅう開催時は人のいない休憩場所として利用可能。仮眠することも出来る。
手すり
登り棒として使う。網棚に登るときにもお世話になる。足場も多いので、安心して使うことが出来る。

電車そのものを使った遊び[編集]

体とカバンがぶつかり合い、熾烈を極めるおしくらまんじゅう
おしくらまんじゅう
もとは子ども同士が押し合って体を暖め合う遊びだが、電車内でのおしくらまんじゅうは一味違う。密閉空間に数十分超満員の車内で押し合う究極の我慢比べである。おっさんの体臭や痴漢の魔の手など、耐えるべき要素が次々と追加されて行く、過酷なゲームである。
席取りゲーム
主に始発駅で行われる。電車内の数ある席を大勢で奪い合うゲーム。席を奪った者は立っている者よりも優越感に浸れる。妊婦や老人には優先席というハンデが与えられている。
飛び降り
走る電車に向かって突進し、撥ねられた際どのように美しい軌跡を描いて着地出来るかを競う。下手をすれば命の危険さえある危ない遊びである。鉄道各社はこの遊びを禁止しているが、そのスリルさのゆえに挑戦者が絶えない。

案内[編集]

駅案内のアナウンスにおいて英語の発音が「Next station is 東京」等になっており地名だけ妙に日本語ぶっている。 車内には電子公告掲示板も有るが果たして経済効果があるのかは 分からない。そこら辺は社会科見学の際に車掌などに聞いておけば大丈夫だろう。

情弱さんの「電車」認識[編集]

「列車」をみんな「電車」だと言う都市部の情弱さんは非常に多い。電化が多い故の弊害とも言えるが、都内でさえ車両基地や貨物輸送にディーゼル機関車が使われている鉄道教の教徒はすぐに見抜けますが、一般人は誰も気にしないのである。しかし、非電化区間に入ると鉄道教徒だけでなく地元民にさえ、その認識でいると猛烈に叩かれるので注意が必要となってくる。特に日本国内では電車が運行していない都道府県である徳島県でそれを言うと禁則事項ですになりかねないとも聞く。

だから、架線の認識が分からない人が対応するには、「地方では『列車』と呼ぶ!」のが無難であると言いたい。まあ、ハイブリットイベント列車「HBなんとか」や豪華寝台車である「トワイライトエクスプレス瑞風」や「四季島」に関しては一応電動なので、半ば電車ではあるのだけど「キイテ87-1」とある様に寝台ディーゼル車の形式番号なので、前述の「列車呼び」がやはり無難とも言える。何せ、ルートに非電化区間の少ない「ななつ星in九州」ですら、ディーゼル機関車の牽引なんだしね。

関連項目[編集]

Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第34回執筆コンテストに出品されました。