電波ソング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電波ソング」の項目を執筆しています。

電波ソング(でんぱ-)とは、(いわゆるゴッド)によって抽出された良質の電波が、少年幼女の形となって踊りだす状態の事である。ピカ━━━━━━

概要[編集]

地球外の電波を効率よく受信する神(いわゆるゴッド)が、(己の)受信した電波を電波蓄積器に一旦保存しておき、しばらく安置させて電波が三次元世界と電子的な意味で融和して地上との安定(性)が取れた所でそれを電波分離器にかけ、良質の電波をアンプ二次元少女キャラなどによって抽出する。 するとリアル(三次元)世界の裂け目から二次元が入り込み、激しいリズムで跳躍し始めるので、幼女や男の娘たちが三次元世界で踊りだす。 この躁病リズム状態の事を一般的に電波ソングと島の民は呼ぶ。

特徴[編集]

電波ソングは電波の上下運動を基調として成り立っている。そのため、全ての音が一様な音に聞こえるようになり、どの楽器も打楽器的になっていく(変化する)。同時に、上下運動を基調としてリズムが成り立っているために、ほとんどの電波ソングは1小節&1小節の塊がリズムの基本となっている。 結果として、電波ソングは直線的なリズムと、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄を省いたメロディで形成され、これはアニメソングにも多く共通してみられる特徴である。

習慣性[編集]

電波ソングに見られる印象的な歌詞は、ゴッドとしての素質がある者には強い習慣性が現れるため、大変危険である。 ポケモンのテーマソングとしてかつて有名であった「ポケモオン、げーエッとーダーゼーイーエーイーエーイーエーイーエーイーエーイーエー」の一フレーズだけで、その歌詞に感動的な「何か」を感じてしまうようであれば、その時点であなたは既に電波に侵されており、同時に新世界に現れたゴッドの一人である。あるいは血塗られた歴史に呪われた魂たちの声を伝えるために神の命によってこの世に生を受けたものであるかもしれないし、ダライ・ラマの生まれ変わりかもわからない。シャーマンの末裔である可能性もあろう。ともかく、そのような方は、これからは電波ソングからの脱出はおそらく永久に不可能であるかもしれないのだ。

関連項目[編集]


この項目「電波ソング」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)