電気あんま

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Aonisai.gif

この項目は、主に現役中二病の視点により書き込まれています。

この記事は主に勉強部活もやらずに暇をもてあました中高生が中二病全開で執筆しています。内容には受け入れがたいものがある可能性があります(ただし執筆した当人は本気で面白いと思っています)。あまりの痛々しさに直視できない場合は、ウィキペディアに逃げてそちらの記事を改善するか、検索サイトでも使っててください。発達心理学者の方は、まれに研究対象として役に立つかもしれないのでがんばって読んであげてください。

電気あんま(でんき - )とは子供から大人まで楽しめる遊びの一つ。

概要[編集]

誇り高き者への礼節を知らしめている一部始終

日本の伝統的な遊びの一つとして挙げられるのが電気あんまで、相手の足を掴み自分の脚を振動させ、相手の股間に刺激を与えるという極めて危ない遊びである。

元の技名はサンダー・アンデストロイヤー・マイソログロスという技だったが、日本人に親しみやすいようにこの技名に変更された。発祥は我らがドリフターズで、テレビ番組で行われるようになると瞬く間に全国の小学生が行うようになった。稀に父親などがふざけて行うが、当然手加減しているので掃除機程の振動しか感じさせない。しかし手加減を知らない小学生は、「誇り高き者への礼節だ。全身全霊の力を持ってお前の睾丸に刺激を与えよう」と工事現場のドリルが如く超振動を発生させる。

ただし厨房の間では電気あんまの使用頻度は減る。報復を恐れている為で、お互い敏感になっているので押し負けようものならパンツがコンデンスミルク汁で溢れることとなる。



関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電気あんま」の項目を執筆しています。