電柱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電柱」の項目を執筆しています。

電柱(でんちゅう)は、地上に架設された電線・ケーブル類を支持する柱状の工作物─────というのは表向きで、実際は対巨大怪獣用トラップである。

概要[編集]

世界中で昔から人々は巨大な怪獣妖怪に恐れを抱いていて、どうしたら退治できるかと日々考えていた。そんな中、電柱を発明した。街や住宅街、農村に乱立させれば、人が剣山を踏むような痛みを与え、さらに電線を電柱の上で蜘蛛の巣状に張り巡らせれば感電させることもできると考えた。日本においては1869年の東京・横浜間に電柱が設置されたことを皮切りに、全国中に徐々に広まっていった。第二次世界大戦によって電柱は破壊されたが、高度経済成長期第一次怪獣ブーム第二次怪獣ブームが発生することによって人々は「ゴジラバルタン星人が襲ってきたらどうしよう」と恐れ、全国で急速に電柱が広まっていった。

一般には電柱は電力会社による送電・配電を目的としていると言われているが、巨大怪物を感電させる目的のおまけでやっているのである。

現在[編集]

日本の一般的な住宅街。都市景観は最悪だが、こうでもしないと日本人は安心して暮らせないのである。

現在では至る所に電柱が設置されており、狭い道路に電柱を建てて車道・歩道共に更に幅を狭めているほどである。そんな邪魔になる所にさえ設置するほど日本は巨大怪獣を恐れている。なおヨーロッパの一部の国では巨大怪獣を恐れていないことに加え、都市景観を損ねることから、電柱を撤去して電線を地中に埋めている。

都市部では超高層ビルが電柱の代わりに対巨大怪獣用トラップになるため、電線地中化が始まりつつあるが[1]、田舎では電柱が1番高い建造物となるため、どんどん設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ しかし地方自治体はめんどくさがってやりたがらないうわなにをするやめr

関連項目[編集]

この項目「電柱」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)