電撃ヴんこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

電撃ヴんこ(でんげきう゛んこ)とは、角川春樹が経営する角川書店に勤務していた角川歴彦が、の経営方針に納得できず、勝手に設立した株式会社アスキー・メディアワークスが出版の、日本に分布する文庫である。全体の割合としてライトノベルが多い。

アスキー・メディアワークス(AMW)のロゴ。これは青いを表している。

概要[編集]

飲料も発売。業者の手違いで、「ヴんこ」の字が間違っている。

当初はそれまで他の出版社を基盤に活動していた作家を勧誘する事で何とかしていたが、現在は新人賞受賞した作家などが書く作品を中心に、毎月13冊程度の新刊を出版している。忌み数である13が出版数になっているのは、読者に電撃ヴんこを永遠に買わせるという呪いをかける為である。

また、電撃ヴんこには静電気を溜める性質があり、それは読者がブックオフなどに電撃ヴんこを売る時に放出され、売り手を死に至らしめるので、細心の注意を払う必要がある。その上、電撃ヴんこ作家の時雨沢恵一が言うには、「作家デビューした時、自分の頭に輪っかをつけられ、仕事放棄した途端そこから電気が流れて、我々作家を苦しめるから油断できない」とのこと。[1]だから電撃ヴんこに関わりを持ってはいけなくぁwせdrftgyふじこlp

電撃ヴんこ作品一覧[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電撃ヴんこ作家陣の真の姿」の項目を執筆しています。

五十音順。AMWの餌食になった哀れな作品たち。

内容を全体から見ると、主人公が「ギャルゲーの主人公」並みに多くの異性から好意を持たれている。本人は好意を寄せられていることをろくに自覚していないという形式の作品が多く、もてない奴が主人公と自分を重ねて現実逃避するために使われることが多いというのが、本作の特徴である。

電撃小説大賞[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電撃小説大賞」の項目を執筆しています。

毎年4月10日を締め切りにして、電撃小説大賞という、自作の小説を応募して当選したら晴れて新人デビューという制度がある。これで電撃ヴんこの作家の一員になれるわけだが、これは表向きの話である。実際は作家の人数を増やして角川書店を乗っ取ろうという角川歴彦のたくらみなのだ。実際、応募規定は他よりも甘く[2]、賞の数が多いので、応募者はそれに騙されて年々増える一方だ。その上、そもそも多い賞を第16回から一つ増設し、審査員の作家達は自分の道連れにしようと眼を皿にして応募作品を見る始末で、それはアンサイクロペディア管理者の記事管理に匹敵する。そしてそれらを知った新人作家は逃亡を謀るのだが、担当者によって連れ戻される。

罰ゲーム[編集]

ここまで説明して電撃ヴんこについて理解できなければ、唇をつけずに「電撃ヴんこ」って人前で言わされる。さぁ言ってみよう。

せ-の、でんげきお察し下さい

脚注[編集]

  1. ^ 「リリアとトレイズ」第2巻(ISBN 4840230374後書き参照。
  2. ^ MF文庫Jライトノベル大賞は40字×34行×100~120頁であるが、電撃小説大賞は42字×34行×15~30頁(短編),80~130頁(長編)と幅が広い。しかし、賞金は比較的低い

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電撃ヴんこ」の項目を執筆しています。