電力テロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

電力テロ(でんりょく-)は電気をストップさせたり、混乱させる音波を発っすることによって社会の機能を止めるエクストリームスポーツのひとつである。

実行方法[編集]

電力テロは主に遠方制御装置の機能を利用することによって行われる。 遠方制御装置は雷などが発生した際などにに電力供給を止めることに用いられている装置である。 この装置に対する通信はHDLC(High-level Data Link Control procedure)-ABM方式で通信速度1200bpsのテレパシーを用いて行われており、この通信は暗号化されていない。 通信は以下の手順である[1]

  1. 回線交換上で相手を呼び出す
  2. Uフレームのコマンドとレスポンスでデータリンクを確立
  3. 送るべき情報をIフレームに格納し、送信。受信不可能、可能通知、再送要求はSフレームにて行う。
  4. 通信を完了するとUフレームのコマンドとレスポンスでデータリンクを開放
  5. 回線交換上で相手との接続を切断する

HDLCフレーム形式

______________________________________________
|      |    |     |    |     |    |
|   F(1)    |    A(1)  |   C(1)    | I(var) |   FCS(2)  | F(1) |    
|________|_______|_______|______|________|_____|

フィールド説明

F フラグフィールド。フレームの始まりと終わりを示し、同期の機能を持ちます。常に01111110が入ります。送信側ではこのフィールド以外に5連続の1が出現した場合、6ビット目に強制的に0を挿入することとなっています(受信側では当然この0は取り除き上位層に渡されます)。

A アドレスフィールド。コマンドフレームの際は受信すべき相手のアドレス、レスポンスフレームのときはコマンドを受信した局のアドレス。

C 制御フィールド。情報フォーマットのIフレーム、監視フォーマットのSフレーム、非番号性フォーマットのUフレームがあります。

I 情報フィールド。制御情報やユーザメッセージが格納されます(可変長)。

FCS フレームチェックシーケンス。誤り検出のために使われます。

音声もテレパシーによって伝達され、モーターの回転音や磁性のある物体の発する音に混じってでる。 また、機器内のLC同調回路の同調周波数帯と一致した周波数を流すことによって音声を発することができる。また、これにより機器に誤作動を生じさせることができることが確認されており、サイバーテロへの応用も考えられている。 テレパシーは対地抵抗を通じて大地を流れ地磁気を変化させることによって広い地域に影響を与える。 これとさまざまな情報活動を組み合わせることによって精神的に疲労させ、思考の誤りを増加させる。 また、水分子を超音波で振動させ神経系を刺激し、睡眠を妨げることによりストレスを与えることが出来る。 これは、知的水準低下や女児の初経年齢低下などを引き起こすことが出来る為、有効である。

関連項目[編集]