雄武町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
オウム真理教実力占領自治区
{{{公式国名}}}
[[File:|125px]] [[File:|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : 尊師・サリンは永遠なり。
[[Image:|250px|雄武町の位置]]
公用語 日本語
首都 雄武町
最大の都市 雄武町
指導者 不明
国家元首 朝原彰晃
大統領 大塚正義
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第位
999.54平方km
人口
 - 総計(
 - 人口密度
世界第位
25670人
世界第xx位
25.68人/平方km
政府 不明
国民的な英雄 不明
通貨 日本円 (JPY)
時間帯 UTC +9 (DST: 不明)
国歌 神よ、朝原尊師を守りたまえ
宗教 オウム真理教(過激派)
国際電話番号 23D 
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雄武町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「雄武町」の項目を執筆しています。

雄武町(おうむちょう)は、過去に存在した町で、現在はオウム真理教実力占領自治区となっている。

北オウム共和国(きたおうむきょうわこく)とも。

オウム真理教過激派による軍事占領[編集]

経緯[編集]

強い領土的野心を持っていたオウム真理教の一部の過激派(オウム真理教帝国創生軍)はかねてから雄武町に目をつけていた。極秘裏に町内の空き家を改造しアジトを築いたり諜報活動を行って占領の機会を待った。そして正午頃凄まじい爆音とともにに隠しておいた速射砲で攻撃を加えた。町民ははじめ暴走族でも来たのかと思った。この時間を選んだのは昼飯を食っているから油断しているからという理由であった。町民は昼飯を残したまますぐさま逃げた。逃げ遅れたものはとらえられて洗脳機に掛けられて信者となった。町は焼け野原となり午後3時33分、オウムを名乗る者たちが北オウム共和国独立宣言を発表。あっという間の出来事であった。

のちに語り継がれる雄武事変である。

その後の状況[編集]

避難した雄武町民の大多数はとなりの興部町紋別市に移り住んだ。彼らは難民として扱われた。だがこの2市町はこのような事態が起きることを見越し、広大なアパートを保有し避難民をそこへ住まわせた。何の不自由もなく生活できるという。だが、興部町への避難民はもう一度同じ経験をする羽目になった。なお、オウム真理教本部は過激派の行為に猛反対しただちにすべての行為を停止し、謝罪と賠償をするよう求めた。

現状[編集]

オウム真理教実力占領自治区政府により実効支配されている。

国民
ほとんどがオウム人と呼ばれるオウム真理教過激派の信者で構成されている。
政治
軍総司令官がそのまま大統領となる。
経済
漁業・化学工業が発達(サリンは世界的生産地)している。域内総生産(GDP)は、自治区民1人あたり45897ドルであり、相当な経済力である。その重要な産業がサリンを中心とする化学工業であることから、いかにサリン生産地帯かが分かる。最近では農薬も盛んに生産されており、日本にも輸出されている。しかし、日本政府対自治区圧力の為に1000%の関税をかけているので高価であり、日本国内の流通は、自治区周辺地域に限られる。
軍事
オウム真理教帝国創生軍(オウム軍)
陸軍海軍空軍
オウム軍は紋別市を領土とすることで国家が完成するとして、侵攻能力に重点を置いている。中でも化学兵器サリン爆弾は最終秘密兵器で周辺の地域にとっては最も大きな脅威である。

関連項目[編集]