菊池雄星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
雄星から転送)
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「菊池雄星」の項目を執筆しています。

菊池 雄星(でりへる おうじ)とは、埼玉西武ライオンズに所属する、10年に1人の逸材と称されるプロ風俗マニアであり、金をかけて体を張った笑いをとるコメディアンでもある。

[編集] 経歴

甲子園で活躍したことで2009年のドラフト会議で1位指名を受け、晴れて埼玉西武ライオンズに入団。同時に、引退後の生計を考え、通信制大学で教員免許の取得に励む。

契約金が高かったこともあり、お金に余裕があった雄星は、入寮の際に先輩らに気遣って、たぶん自腹で、寮の自室に酸素ボックスを設置する。そして、「先輩方にもぜひ使っていただきたい」と新人ながら関係者に対し若者としての心遣いをしてみせた。だが、その日の夜、この酸素ボックスの試運転をしたところすぐに破壊、室内が30℃の蒸し風呂になる。埼玉は毎年猛暑で有名なことから、4月のしょっぱなから自室を、そして西武ライオンズを犠牲にしてまで部屋を温室化することで、来るべき夏の暑さに耐えられるよう今から体調を整えてほしいという雄星の心遣いがよくあらわれた瞬間であった。

その後、活躍しようにも体力が足りないだのフォームの修正だので、いろんな意味で注目を浴び、2軍落ち。やがて、肩の故障で表舞台から去ってしまった。まさに、10年に一度の考えられない事態である。彼の専属レポーターを二名も用意した文化放送もさぞ悲しんだに違いない。しかし、この間にも、彼はきっと努力しているに違いない。そう、肩の故障を逆手にとって、教員免許の取得のために、一生懸命勉強していることであろう。彼は、野球選手としては未知数だが、教員としても未知数なのだ。

そういうわけで、わずか2〜3ヶ月の露出ののち、シーズン終了まで音沙汰なく過ごすこととなった。

2011年にようやく涙の初登板を果たし、久々に表舞台に出てきた。その後は1軍昇格2軍降格を繰り返しながらも、それなりに頑張った。

なお、もう後釜にはハンケチもやってきていて、ポスト雄星の争奪戦は、すでにはじまっているのだ。

2012年は後半から投げる機会も増えたけど・・・4勝とか普通じゃん。

2013年はノーヒットノーランもやりかけたが、表舞台で再び注目されすぎたのが災いしたか、後半戦は全休。

脱税ホストやシャブAV嬢が大好き

脇はアーン♥♥

[編集] 関連項目


ExSport.png この項目「菊池雄星」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス