隠語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「隠語」の項目を執筆しています。

隠語(いんご)とは、様々な柵から逃れ隠遁の生活を送る者達仙人のように本当に隠者として暮らす者などのような、特殊な環境下を共有する者達が好んで使う特殊用語の事である。

概要[編集]

世の中には様々な人間がおり、中には「普通の人」と言われる凶暴・残虐な種族と、そんな野蛮な種族と共に暮らす事に疲れてしまった「心のやさしい人」の種族、そしてそんな「普通の人」などを遙かに超越した能力が備わっているが為に全て自分の世界で完結してしまう「超越した人」の種族など、さまざまな種族が存在している。

彼らの情報伝達としては、例えば日本では「日本語」が公用語として用いられているが、種族の更に細かく別れた小分類の中でのみ通用する、或いはその限られた中でのみ通用させたく、外部に聞かれると何かと不都合な情報が含まれる事がある。このような場合に公用語を使ってしまうと自分の種族がばれる恐れがある。

なるべく「普通の人」としてささやかで慎ましい生活を送ろうとして、人々はなるべくボロを出さないようにと怯えながら生活している彼らにとって、自分の属性が目立ってしまう事は非常に恥ずかしいことであり、またそのような事が発端になり、差別などのいじめを受ける切っ掛けを与えてしまいかねない。

このような事態を恐れた各種族の中の識者達によって、それぞれの種族にしか通用しないような「ひみつことば」が編み出され、極々限られたメンバーの中でのみ通用する暗号として、日夜情報交換の仕事を続けているのである。

関連項目[編集]


この項目「隠語」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)