障害者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


障害者(しょうがいしゃ)・障害児(しょうがいじ)とは、視覚・聴覚などの感覚器官のはたらきや、運動・学習などの能力が十分であるのに、稚拙な言動によって周囲に疎まれ、社会によって障害だと思われている人々の事である。

概要[編集]

社会一般で言う障害者とは四肢の欠損や先天性・後天性の病気、異常によって健常者と比較した場合絶対少数派のアノマリーに対して使われるが、これは誤用である。例えば前述の定義で言う健常者が逆に稀な存在だとしたらそれは一般的に考えて異常な存在であり、それこそ「障害者」の定義に当てはまるはずだからだ。実際天才は多数派から狂人と混同されてしまうことがある。

それに、誤用されている意味での障害者の人たちは肉体・知能的に単にユニークなだけであり、実がいは無に等しい。むしろ「五体不満足」の著書で知られる乙武洋匡氏などをはじめ、多数の誤用の意味の障害者の人たちは健常者と比べても遜色ない業績を多数残しており、時には健康体のくせに、死にたいだのなんだのウダウダ言ってやがる人々とか、まあ、なんかそんな感じのヤツに生きる希望みたいなものを与えてくれたりするのも絶対的に稀なケースではないのである。

そうしたユニークな人々のことを「障害者」と吐き捨てる人のほうがキンタマのチイセエ人間の屑、真実の意味の障害者であると言える。たとえば頭とか、とかが。

イェイ、オレって格好いい。

真実の障害者の定義[編集]

概要でも書かれているように、障害者とはいわゆる不健康体の人の事でないのは分かっていただけたかと思う。では本当の意味での「障害者」とは何か、これはズバリ言ってしまえば「社会にとってがい悪、人間の形をした屑」だと言える。

例えば前述したように、単にユニークな人たちの事を指差して笑うなんていうのは ぶっちゃけ「じゃあオマエが両腕ぶった切られて指差して笑われてみろ」と言いたい。たぶん実際に指を差して笑う人間なんていうのはそれこそ極少数だろうが、内心でほくそ笑んでいやがる屑野郎は老若男女問わず多数いる筈である。それこそ本当の意味の精神障害者である。このパターンの人たちは精神神経に異常をきたし、他人の立場になって物を考えられないのである。

また、他にも一般的に見て社会的がい悪の行動をとる人々も社会の障害である。「再婚相手の赤ん坊をうるさいからと言って殴って殺してしまう」、「ホームレスがキッタネェのでバットやエアガンで追い払った」「お金を返せと言われて腹が立つので、元ボクサーの暴力団員に相手を脅してもらった」「豚肉に血と心臓を混ぜて牛肉です」「自分のクラスの生徒が自殺していじめは無かったと思い込む」「頭が真っ白になって、気が付いたらけっていた」「酔っていて覚えてない」、などなど、パターンを挙げればきりが無い。

主な障害[編集]

知的障害
かたくなに自分の知識こそが絶対正しいと思い込んでいる人たちの事。また、その自分の知識を「相手に押し付ける」「空気も読まずにむやみやたらとひけらかす」人なども含まれる。また、その手の知識の大半は結構間違っているのが通常であるため無闇に信用してはならない。
円周率3と信じたり、赤ちゃんラブホテルで作られると思っていたり、はたまた春日(かすが)を躊躇なく「ハルヒ」と呼んでしまうような、知能・知識で問題のある人のことを言う。また、近年では嫌いな人のことを在日と呼ぶ等の知的障害も発生しており、人権問題に関する認知度とその人物の程度の低さをうかがい知ることができる。
なお、前述した「円周率」などの学校で学ぶべき正しい知識を間違って覚えているのは、大半が"ゆとり教育"とよばれる"詰め込み教育"時代の人々が(自分たちの利権を守るために)行っている後世代への情報統制であり、これはすなわち大人が全部悪いのである。絶対そうだ!!! 間違いない!!!!
言語障害
知的障害の一種。ひとくちに言語障害と言っても様々なパターンがある。
「芝生」…語尾にwを多用するw
また、意味も無くwだけを連呼するパターンもあるw
例→「ちょwwwおまwww」「wwwwwww」等w
「エセ外人」…とにかく半角英数を多用する。
単にシャイな人が多い。
例→「kwsk」「ari」「a」nado
「顔文字」…感情表現のための顔文字を多用する。
過度の顔文字の多用は感情むき出しの野蛮な原始人である!(`o´)/
例→「ヽ(#`Д´)ノ」「v(*^^*)v」「(\\^-^//)ハズカシイ」
「言語不満足」…ひらがなの書き取りから始めやがれ!
日本語というものすら忘れている、もしくは知らない人のことを言う。なお、現代日本では稀有だが自国民にもかかわらず事情から学習を受けられず、正しい文法を扱えない人も稀にいるため注意が必要である。
例→「うぇううえうえw」(意味の無い文字列の多用)「≠〃ャ」レ文字」(いわゆるギャル文字
例→『よろしかったでしょうか』を連呼する(いわゆる下流社会に生息するDQNで障害者でも労働できるマニュアルを知識階級に与えられて、何とか生活しているワーキングプア!)
なお、言語障害にはこの他にも様々なパターンが存在するが、すべてを記載すると膨大な量となるため省略する。
精神障害
主にコミュニケーション能力の不足や私利私欲のために行動する人たちの事である。要するに、自分が社会正義だと思っている一番たちの悪い障害者である。右翼左翼と呼ばれる人達や宗教関係者、政治家、社会保険庁、公務員、過激派などの中に多数存在し、大半は大金持ちであったり社会的地位の高い人物であるパターンが多いが、一方で非常に所得の低い貧困層の一部でも見受けられる。しかし近年では隠れ精神障害者が非常に多く、その適当統計の信憑性は無いに等しい。
情緒障害
前述した精神障害の発展系。思春期を過ぎても意味の分からないことで突然キレるなど、通常のコミュニケーションがまったくとれない人を差す。大抵は他の障害をわずらっている場合が多い。
肢体不自由者
自宅の自室ばかりにこもって、自宅から外を一歩も歩かない人。もちろん、身体的な理由で動きたくても動けない人、心の健康の問題上で外を歩くのが望ましくない人ではなく、動こうと思えば動けるのに「自室を警備しているんだ!」と主張して動かない人たちのことである。彼らは先の発言も含め、上述の精神障害も併発していることが多い。社会では「ひきこもり」「ニート」などと呼ばれているが、そんな呼び方をする人たちも障害者であることを忘れてはならない。
視覚障害者
アダルトゲームのやりすぎで、絵に描かれた女性現実世界の女性と思い込んでしまっているパターンである。大抵は絵の中の女の子が立体的に見え、三次元の女性はモンスターに見えることが多い。また、声優と呼ばれる職業の人たちに異常な固執を見せているが、彼らには声優が光の球体、つまり実体の無い妖精に見えるパターンが多いようである。
同時に自分がイケメンでスタイル抜群に見える事例も多い。
聴覚障害者
他人の助言・指導・批判・糾弾・文句がまったく耳に入らず、自分に都合のいいことしか耳に入らない人を差す。この手の障害者はまったく同じミスを何度も繰り返したり、逆にキレる「情緒障害」や、「視覚障害」等を併発しているパターンが多い。
なお、間違った意味での障害者で似たものに「学習障害」と言うものがあるが、この真実の障害者のタチの悪いところは理解していてそうした行動をとるところにあり、性質は全く異なるものである。
健康障害者
毎日、マクドナルドケンタッキーの特大サイズを食べ続け、アメリカ人気取りをした太った人に多い。また、米国信仰という精神障害を併発している。しかし切実に痩せたくても痩せられない人というのは(病気であったりして)確実に存在し、そういう人たちを一蹴して「デブ」とののしる事こそ障害である事を忘れてはならない。

日本における障害者[編集]

近年、日本では上記のような障害者が急増している。これは「面倒くさいから適当でいいや」というスタンスの元にスタートしたゆとり教育の効果もあり、加えて親の過保護による情緒障害・精神障害者、ネットによる視覚障害・聴覚障害者…等々、健常者が障害者になってしまう「公がい」が急激に増加していることが挙げられる。

これらの事態を解決する施策は今のところない。そもそも政府自体が占領政策として事実上の若い世代の障害者育成を掲げているのだからどうしようもない。本来、そのような教育を防ぐべき存在である日教組自体も、左翼という精神障害者の育成を掲げているので、やりようがない。ただし左翼や右翼と呼ばれる障害者の人々にも様々なタイプがあり、障害者でありながら障害者が増え続けている現状を危惧し、行動を起こしつつある。が、やはり所詮は障害者に障害者の障害を取り除くなんてことは障害だらけで結局不可能なのである。

このような状況を見て、「もはや日本には健常者はいない。」と主張する人たちも存在する(ただし、彼らの中には韓国主義、中国主義という精神障害者も多い)。そのため、今後はこの障害とどうつきあっていけばよいのか、ということを考える必要があるだろう。

「障害者」と言う言葉の混用[編集]

何度も前述されているように、先天的や事故・病気等の原因により、感覚機能の働きや運動・学習などの能力が十分でない人のことを「障害者」と誤用しているケースが多い。

この誤用された障害者の人々に対して「障者」という使い方を「嫌がっている」と思い込んでいる障害者によって、現在では誤用の意味での障害者の人たちのことを「障者」、もしくは「障者」と呼んで人種差別する者も現れている。当然ながらこんな差別をするやつは障害者であり、社会のがい悪である。

また、そうした「真実の意味での障害者」を「社会のがい悪だ」と糾弾するのも障害者である。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「障害者」は何故か「身体障害者」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
この項目「障害者」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)