陸奥五郎王国

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ムツゴロウ王国」の項目を執筆しています。
独立を宣言する国王。

陸奥五郎王国(むつごろうおうこく)は、国王である畑・ムツゴロウ・正憲に牛耳られている独裁国家。ほとんどの国民は国家、または野生のに成り下がっている悲しい現状を持っている。

1971年に建国宣言をした。いつの間にか青森県から独立した陸奥半島が、北海道を占拠して建国された。でも首都は陸奥(旧名、青森市)。最近では日本の首都の一部を占拠して植民地化を進めている。

定期的に「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」という日本向けのプロパガンダ映画も製作していることでも有名。

子供向けのノートに陸奥五郎王国を賛美する内容のコーナーを設け、日本の子供(とりわけ小学生)を洗脳させていたこともあった。

産業[編集]

王国の主な産業は仔猫吸引用の仔猫とマリファナの栽培である。マリファナはオランダの大会で優勝したことで有名。その他の産業として、ヒグマステーキとエキノコックスがある。

現在、産業の不振で多額の負債を抱え崩壊の危機を迎えており、ヤケクソになった国王はパチンコなどのギャンブルに手を出している姿が度々スキャンダルになっている。

特色[編集]

国民は国内では「動物とのふれあい」は必要不可欠な状況にあるため、人間と動物とのコミュニケーションをはかるために「動物語会話」を必修として学習している。

弱肉強食の世界=大自然での生き残りは、これもまた必要不可欠であるため、男性国民(15歳以上65歳未満)全員に15年に渡る兵役義務を課している。

また、国王が麻雀に深い関心を持ち、陸奥五郎王国プロ九段を自称していることから、その噂を耳にした腕自慢の雀士が集う国でもある。

国技は朝鮮玉入れであり、公式競技の際には王国オリジナル機「CRムツゴロウの動物王国」が用いられる。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

住民と動物[編集]

人口9000人に対して、動物は20万匹(頭)以上が確認されている。但し、動物については野生化した動物たちの異常繁殖により、正確な数値は不明。余りに数が多すぎて、計測不能になりつつある。

一説には100万匹近くの動物がいるとされる。このためかなりの弱肉強食の世界であり、住民は銃を携帯して常に動物に備えている。

国王の対応[編集]

  • 「独立に反対するものの多くを虐殺したため、動物の方が人間よりも多い状態になっているのではないか」という疑惑をもたれていたが
    • これに対し、国王は「いやぁ、大自然の掟は厳しいですねぇ」とにこやかにこれを認めたことで好感度アップに成功した。
  • 「動物の異常生息数により、動物の人間虐殺が日常的にあり実質的に人間が国を統治できていないのでは」という指摘があったが
    • これに対し、国王は「いやぁ、大自然の掟は厳しいですねぇ」とにこやかにこれを認めたことで好感度アップに成功した。
  • 以前、国王が定例会見登場時に顔に大きな傷を負っていたことがあったが
    • これに対し、国王は「いやぁ、大自然の掟は厳しいですねぇ」とにこやかにこれを認めたことで好感度アップに成功した。
  • なんでもかんでもにこやかに認めるだけではなんにもならないのではという厳しい指摘があったが
    • これに対し、国王は「いやぁ、大自然の掟は厳しいですねぇ」とにこやかにこれを認めたことで好感度アップに成功した。

現状[編集]

東京のど真ん中に傀儡国家を打ち立てて諜報活動を行なうなど、その活動の中心を東京に移しつつあったが、アイヌ社会主義民主共和国のある北海道にも革命の残党を残しており、日本各地からの波状的な革命を画策していると言われていたが、上記で述べたスキャンダル報道によりもはや国王はヤケクソであきらめているのではといわれている。

関連項目[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! この陸奥五郎王国は、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)