阿澄佳奈

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
「でゅるわぁあああああぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅるわっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ」
阿澄佳奈 について、松来未祐
「ぷにっぷにっ ほわっほわっ ぷりっぽよん」
阿澄佳奈 について、新谷良子
「何で脱がないの?いいモノ持ってるのに」
阿澄佳奈 について、伊藤静
「すごく、残念な人。せっかくきれいに生んでもらったのに、それを否定しながら生きてるような。」
阿澄佳奈 について、沢城みゆき
「本人名義で歌手活動をしていない最後の大物」
阿澄佳奈 について、日刊スポーツ
「もこたんの歌は元気が出るね」
阿澄佳奈 について、井口裕香
「本当に役者スタッフ誰からも愛される。でも私以外の人と楽しそうにしてるのを見てると私はムッとなっちゃう」
阿澄佳奈 について、井口裕香
「テメー可愛いんだよ!!」
阿澄佳奈 について、喜多村英梨

阿澄 佳奈(あすみ かな、1983年8月12日 - )とは、B1プロデュース(地下組織)所属のベルギー出身の就活声優。愛称は"あすみん"、"アスミス"、"原田館長"など。植田ではないし、意外にもハラダチャーンでもない。しかし、ひだまりスケッチ×☆☆☆においてハラダチャーンと共演することになった。原田がおっぱいである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阿澄佳奈」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「阿澄佳奈」の項目を執筆してくれています。

人物[編集]

素のあたふたした小動物的リアクションが面白く、計算してボケた所はシュールであるという天性の芸人である。ひだまりスケッチの番宣番組としてインターネットにて放送されたひだまりラジオで、声優としてよりも芸人としての道が開花した。同じ事務所の先輩いじりを得意の持ちネタとする。 声のパターンが少ないというかどんな役柄であっても「阿澄佳奈の声」と判別できる特殊声域を持つ。一応幅はそこそこあり、幼女から這い寄る混沌までこなすことが出来る。また雑ンデレという全くやる気の無いツンデレを得意とするが、わ、態となんだからね!!

身長の低い女の子の声を当てることが多いが、本人の身長は実は7尺もある。そのせいかあむちゃんウメス辻っ子人など(自分と違って)小さい女の子が大好物であり、彼女たちの前では保母さんモード、もしくは俳句の達人モードが発動する。

実は声優界でも屈指の戦闘力の持ち主だが、それ程ネタにされていない。誰だね、背が7尺もあれば横幅もあるから相対的にサイズが大きくなるとかいうのは。2008年初頭ごろからは女性声優による一方向性のボディコンタクトが増加傾向にある。常連客としては井上麻里奈新谷良子こやまきみこなどが挙げられる。
おっぱいさんことダチャーンが触ってみたところ、真顔で追いかけられたらしい。また同じくおっぱいさんことグラビアアイドル経験のある可愛い方のゆかりんからムラやましい(ムラムラする+羨ましい)と言われるほどの胸力。

好きなタイプはシンタス。彼氏にしたいタイプもシンタス。遊びたい相手はウメス。最も勝率が良いのは先輩のマツキス。だがラジオでは「私には井口しかいない」「私の半分は阿澄佳奈で出来ている」などと愛ある言葉を交わしあっており、徐々に気持ちの変化も見られる。しかし実はそのラジオの時点で今の旦那がいたことが発覚した(後述の「歴史」参照)ので、そもそもどうなのかはわからない。

歌手としても幅広く活動し、本人名義はもちろんキャラソンも多くこなしている。また音楽ユニットmarbleのリーダーでもある。実はプロデュンヌでもある。やよいおり派。かつては彼女達のライバルだった時期もあるらしく、一部のファンからは復活も待たれているという噂もあるらしい。聴く側としてはスフィアの大ファンであることが知られている。ライブでステージに4人が現れた瞬間に感激で泣く。普段ちょくちょく共演してるのに。

酢漬け[編集]

同僚の松来未祐によって作られた掛け声である「いえす!アスミス!」に対し、阿澄も「マツキス」と返したのに端を発するが、周囲の親しい人間を酢漬けにする奇癖を持つ。

一番最初の被害者は当の松来未祐(マツキス)で、次の回のゲストであった蒼樹うめ(ウメス)、またスペシャルラジオCDを作った際に全員集合した際に新谷良子(シンタス)、後藤邑子(ゴトゥース)、水橋かおり(ミズハス)なども酢漬けにされてしまった。交友のある井上麻里奈(マリナス)なども被害者である。近年、ついに監督をも酢漬けにし、「サトジュミス」が完成した。

但し自身も先のラジオCDのサブタイトルに「いえす!アスミス!」と付けた物を売り出すなど、自らを酢漬けにするという自虐系の芸もこなすようである。なお、何故か井口裕香に関しては「いぐち」である。イグチスとは呼ばないのか。

歴史[編集]

お仕事関係は以下の通り。なお、2011年5月からの記述が飛び飛びになってる件に関しては察してください。

仕事以外では、歴史に名を刻んだ「アスミス気が付けば結婚していた事件」が有名である。
何の前触れもなく突然「先日結婚しました」と公式サイトで発表し、男性関連の話題がないどころかおんなのこどうしのキャッキャウフフが大好きな人だとさえ言われていた彼女が突如余所様の処へに行ったという事実は、世界を震撼させるに余り有る一大事であった。
その激しい祝意によりスピリタスを一気飲みするファンやハイテンションすぎて壁を破壊するファンが続出し、親友の松来未祐もまた「でゅるわぁあああああぶるわっひゃあひゃひゃひゃひゃどぅるわっはあああああああああぎゃあああああうわああああああああ」と人類の理解を超えたすさまじい祝福の咆哮を上げた。
おめでた報告は無かったが、熱心なファンからは「もし女の子が生まれたら結婚したい」「むしろ俺がアスミスの子宮に新しい命として宿りたい」と期待の声が届いている。

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「阿澄佳奈」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)