阿呆

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

阿呆(あほう、702年?-784年)とは、中国唐代前期の禅僧。鑑真の下で学び、黄檗宗を開いた。

資治通鑑記載の生涯[編集]

702年に唐の会稽に生まれる。博学才穎にして若くして科挙に受かったが、22歳のときに科別け[1]のために遁職して仏門に入り、鑑真に師事した。その後鑑真の下で才能を買われ、鑑真に随って3度日本への渡航を試みるが、いずれも失敗に終わる。その後鑑真一行と離れ、揚州の大寺菩袈寺で、同じ鑑真門下の惇摩に請われて同寺に留まり、のちに惇摩を継いで住職となった。そこで仏教研究の末に黄檗宗を開いた。784年、同寺で大往生を遂げた。(資治通鑑)

十八史略記載の生涯[編集]

702年に唐の滑稽に生まれる。博学才無にして若気の至りで科挙に落ちたが、22歳のときにたわけのために遁世して仏門に入り、鑑真に師事した。その後鑑真の下で失笑を買い、鑑真を逃れて3度日本への密航を試みるが、いずれも失敗に終わる。その後鑑真一行に追われ、揚州の大寺呆け寺で、同じ鑑真門下の頓馬に請われて同寺に留まり、のちに頓馬を継いで住職となった。そこで仏教研究の末に大馬鹿宗を開いた[2]。784年、同寺で没した。「往生しまっせ」の言葉通りの人生であった。(十八史略)

注釈[編集]

  1. ^ 当時の高級官僚は癒着防止のため、自分の部署である科を離れるよう命じられることがあった。それを機に職を辞す者も多かったという。
  2. ^ 現在は信者が少なく、ことに日本では大馬鹿宗に接する機会が少ないが、バカ田大学宗教学部では「大馬鹿宗概論Ⅰ・Ⅱ」が開講されている。

関連項目[編集]

Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「阿呆」の項目を執筆しています。ちなみに現在「知的障害者は阿呆か否か」をノートで議論してました。わはは! こいつらは本当の阿呆だ!
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。