阪神タイガース教

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

阪神タイガース教(はんしんタイガースきょう)は大阪民国阪急王国の国教で、阪神タイガースという集団を崇める宗教。全世界に約3億人ほどの信者が確認されており、実質的に世界宗教の地位を手にしている。

敵対する宗教として、読売ジャイアンツを支持する「巨人教」、中日ドラゴンズを支持する「宗教法人・俺竜(2011年に守道の科学に改名)」が存在する。

阪神タイガース狂という表記は誤りであるとともに正しい。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「阪神タイガース教」の項目を執筆しています。

概要[編集]

開祖は不明。教会創立時期は1935年とされる。通常信者は阪神ファンと呼ばれ、熱狂的な信者も多い。その行動は極めて過激で、イスラム教原理主義派のテロリストよりも過激な行動が目立つ。聖地は兵庫県西宮市にあり、総本山は甲子園と呼ばれる大神殿にある。3月末から10月上旬にかけて18:00になるとそこに数万人の信者が巡礼し、約3時間程度の間礼拝を行う。これを怠ると信者としての資格を失う。

思想統制も厳しく、異教徒(他チームファン)と話をしただけで粛清の対象とされる。特に敵対する宗教である読売ジャイアンツ教の信者は大阪の街を歩いただけで猛烈な迫害を受ける。

「阪神私設応援団」と呼ばれる僧兵軍を抱え、異教徒の弾圧や聖戦(ジハード)に出向くことを主な活動としている。

教主を監督、教団幹部を選手と呼び、崇拝の対象としている。

問題を起こした伊良部は、宗教裁判で、破門されたことは有名。

広島東洋カープという調教施設がある。

礼拝の方法[編集]

大阪民国政府の制止を振り切り道頓堀川への突入を敢行した狂信的信者。この行為によって死亡したら極楽往生ができると信者は考えている[1]
聖地甲子園にて風船を飛ばす信者たち
  1. スタンドに入る際は必ず指定の宗教服(縞のハッピまたはレプリカユニフォーム、公式ファンクラブのナンバージャージなど)を着て教団指定の帽子をかぶることが義務付けられる。教団カラーを遵守した上での個性的な装いは禁止されていない。中には教団マスコットに扮する者やアフロをかぶる者など様々で、信者達を観察していると時々聖戦よりおもしろいこともある。
  2. 聖水類は禁忌ではないが、投擲用武器に使えてしまうのでビン·カン·ペットボトルの類は持ち込み禁止である。聖地で割高ながらも販売しているのでお布施も兼ねて中で買おう。聖水の飲みすぎで途中でトイレに行きたくなったら必ず一礼して退席すること。トイレに行くのは相手の攻撃回に限る。
  3. 教団の選手が打席に立った際は祈りの歌を歌わなければならない。巡礼に参加する者は覚えておく必要がある。新しい歌が覚えきれていない時や分からないときは法具を打ち鳴らしているだけでもいい。しかし右翼席に座る時は祈りの歌、歴代の勇者の名前は一通りは覚えておくのが原則である。
  4. 7回の攻撃の際にはコンドームを飛ばさなければならない。ラッキーセブンのテーマが終わる前に膨らましすぎで割ったり手を離して飛ばしたりするのは異端者である。なお、この際オレンジ色のコンドームを飛ばすことは許されず、異端審問の対象となる。
  5. 勝利すれば、聖歌を信者全員で大合唱する。熱狂的信者になると3番まで歌うことができる。新規入信者でも最低1番は完璧に覚える必要がある。気が向いたら酔っ払いながら聖地の近くの道路の高架下で試合終了後も歌いつづけるのも一興である。近くの飲み屋で騒ぐのもいいが、万が一廻りに邪教信者がいないかよく確認すること。
  6. 優勝した際は伝統どおり道頓堀川に突入する信者がいるが、近年では大阪民国政府によって弾圧されている。ヘドロだらけの川に飛び込むことで自身の信仰心の強さをアピールしている。その道頓堀には、1985年の時にバース神と間違えられて、カーネル·サンダースが投げ入れられた(その後、2009年3月に道頓堀川の底に沈んでいるのをダイバーによって発見され、24年振りに引き揚げられた)。しかし、カーネル·サンダースの呪いは深く、その後の18年の優勝が遠のいた。そのため2003年の優勝の際には、その後の日本一を願い、5300人もの信者が禊の儀をとり行い、一人を人柱として投入したが、それでも日本一は未だ叶っていない。
  7. 教団を熱狂的に支持すれば信者と認められるが、新たに入信しようと思う者は猛虎騎士修道会に入るのが望ましい。
  8. 警察が来ても決して屈してはならない。信仰心は国家権力よりも強くなければならない。また仮に何か衝突があっても、所詮阪国の警察も信者ばかりである。「阪神ファンはイチバンヤー」と叫んでその場を取り繕い、相手の顔さえ立てれば問題無い。
  9. 教団の勢力が弱体化し、異教が台頭したとしても決して改宗してはならない。特に邪教に改宗したものは粛清の対象とされ、宗教裁判の末、魔女として火あぶりにされる。

聖地[編集]

  • 阪神甲子園球場:いわずと知れた総本山。優勝決定しそうな試合にはメッカ並みに人が集まる。
  • 京セラドーム:よく夏の一定期間同じ関西にある糞球団から聖地を奪い取り試合を行う場所。が、もともとは異教徒の聖地のため観戦には不向きである。
  • 道頓堀の戎橋:優勝が決定した際に信者が一斉に集まる場所。橋中央から川に飛び降りることが伝統となっている。
  • 御堂筋:阪神タイガースが優勝、もしくは日本一になったときにパレードと呼ばれる盛大な聖典が行われる。これはすべての信者が一生に一度は参らなくてはならない大巡礼である。

カースト[編集]

この宗教にも身分制度があり星野体制以降加入したものはにわか最下層であり人間外の存在として扱われる。

このような単純な質問で信者としての本質が見抜かれてしまうので気をつけなければならない。そして、最下層であることが判明すると人間として扱われなくなる。

また、最強の助っ人外国人を問われた場合にはジェフ・ウィリアムスと答えるよりバースと回答するかもしくはネタで切り返す方がポイントが高い(ネタ度が高ければ高いほうが良いという説もある例:マイク・グリーンウェルロブ・ディアーウルフ・チーフ等)ので注意しなければならない。

信者の一日[編集]

ここでは信者が一日を過ごすにおいて模範とされること記す。

  • 朝:起床後すぐにテレビとラジオを点け、「おはよう朝日です」、「おはようパーソナリティ道上洋三です」を視聴する。因みに、起床時点でスポーツコーナーが終了していた場合は不信心とみなされる。これは信者に早起きを促すためである。
  • 昼:一市民として日常生活を送る。但し、日中に聖戦がある場合、最低でもテレビ、ラジオ等を使用して礼拝を行う必要がある。無論聖地に行くことが最良である。
  • 夜:聖戦がある時は出来る限り聖地に行き、礼拝を行うこと。無論テレビ、ラジオを通しての礼拝も可である。聖戦が降雨などにより中止になった場合、「虎辞書なる!」の放送のある場合があるので、見逃さないこと。同じく、聖戦の無い時期に放送される「熱血!!タイガース党」も見逃してはならない。但し、放送される時刻が深夜である「虎バン」は健康への影響がある場合、見ない時があっても不信心とはされない。尚、これらを録画し、後に見ることも許されている。主に「虎バン」は録画をすることが推奨される。

教団の主要人物[編集]

機関紙[編集]

洗脳用テレビ局[編集]

洗脳施設[編集]

  • JOSHIN-半分の確率で六甲颪がかかっている。テレビ売り場のチャンネルはもちろん阪神戦。変えたら殺される!!!!

対外政策[編集]

大阪民国の人口の90%は阪神タイガース教の信者であり、他県でもそこそこの信者の数を誇るが、読売巨人教の信者も多いと言われる京都府でのシェア増加を図るべく、様々な工作を施している。

  • 例1:朝日放送の朝の情報番組「おはよう朝日です」による洗脳。例えばスポーツコーナーでの阪神偏向政策、シーズンオフの阪神特集など。
  • 例2:京都府にある野球場での阪神タイガースの主催試合の開催。但し、最近では二軍の試合が殆どである。

関連項目[編集]

この項目「阪神タイガース教」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)