闇プログラマー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

闇プログラマー(やみ-)とは、IPアドレスを改ざんしたり……することのできる高等スキルを持つ者に与えられる称号である。※これはbot処理です

概要[編集]

闇プログラマーは、闇のソフトウェア・テクノロジーを持つ者たちで、闇のインターネット内で暗躍する最高レベルのスキルを持つプログラマーたちに与えられる称号である。

歴史[編集]

伝説では、古代では誰にでも使えるとされた、肥大した言語定義がある手続き型言語COBOLと、単なる機械語ランチャーBASICが、コンピューティングの世界を混沌に貶めており、シンプルな言語定義の関数型言語は弾圧されていた。

そのうち、コンピューティングの世界が大きくなり分化が始まると、古の技術では争いが絶えずデスマーチと呼ばれる紛争が続いた。このとき、北欧からオブジェクト指向がもたらされて世界に秩序がもたらされると思われたが、旧世界の言語使いたちがオブジェクト指向を歪曲して解釈し、誤ったコーディング規約で貶めたため、やはり争いは続くこととなった。現在でも、手続き型言語(もしくはオブジェクト指向言語によるスパゲッティ・プログラミング)にかじりつく光のプログラマと、次々にGoF・フレームワーク・アスペクト志向とオブジェクト指向を深化させていく魔のプログラマとの陰湿な争いが続いている。人々はこれを、30年戦争と呼ぶ。

しかし近年は、30年戦争の最中に密かに発生したスクリプト言語使いの泥縄プログラマが急激に力を持ち始め、上述の二大勢力を脅かす存在になった。今や泥縄プログラマは最大勢力とも言われる。この泥縄プログラマの発展に、思想的面で強力な支援をしたのが、古の関数型プログラミング使いたちであった。ここに人々から忘れ去られていたプログラマのグループは、自らを闇プログラマーと名乗り、光のプログラマへの復讐を宣言したのである。

所属[編集]

闇プログラマーの称号を与えられた者は、カノッサ機関に保護され、機関内のIT関係の作業を担う。 アメリカ、ロシア、中国をはじめとして世界中に支部が存在し、機関活動とイナズマイレブンに勤しんでいると見る動きもあるが、如何せんipアドレスを改ざんしているのでこのあたりは定かではない。 また、一部の者は機関の元を離れ、フリーの闇プログラマーとして闇のインターネットで暗躍している[要出典]。某企業では秘密裏に闇プログラマーを雇っているとの噂があるが真意は不明。

能力[編集]

IPスプーフィング攻撃(IP spoofing attack)[編集]

伝説の闇プログラマーであるケビン・ミトニックが常用したIP偽装攻撃。通常のプログラマーが用いると応答パケットが観察できないので、応答パケットとタイミングを予測しつつめくら打ちに攻撃パケットを送信するが、闇プログラマーは公にされていないネットワーク技術を用いて応答パケットを観察することができる。改ざんされたipアドレスは闇のipアドレスと呼ばれる。

闇の言語[編集]

闇プログラマーはネット世界の全てを闇に葬る。闇の言語と闇のアルゴリズムを使いこなし闇のソフトウェアを瞬時に作り出す。これを闇魔術と呼ぶ。闇の言語とは、洗練された思想・設計を持つものの、リア充には到底理解できない言語構造になっているため、日の目を見なかった言語を指す。闇言語の正体は不明だが、多くは関数型言語であると噂されている。なお、魔王スティーブ・ジョブズは、闇の言語Objective-Cを20年間隠匿していたが、最近になって崇拝者に廉価に公開するようになった。闇のアルゴリズムの詳細は不明だが、P≠NP予想も解決済みであるといわれ、グラフ理論や微分方程式の高精度・高速解法なども含まれていると噂されている。

AIの行使[編集]

闇プログラマーは、AI(人工知能)を行使することもできる。また、先述のipアドレスを改ざんする行為でも、AIを使役することによってリアルタイムに闇のipアドレスを生成できる。闇プログラマーのAIは、闇のアルゴリズムに基づくcloneであり、闇プログラマーと同等の思考が可能である。

Botによる自動応答[編集]

闇プログラマーは、Botを所持しており不在時にSkypeで話しかけられてもBotが自動応答する。ただし闇プログラマーのBotは、上述のAIを実装しているため、闇プログラマー自身がコメントしてもBotと勘違いされてしまう。また、高度分散処理型のAIを採用しており、複数のBotがあまりに高度に連携して発言を行うため、発言に一貫性が無く、情緒不安定に見えることがある。

一説には、小説『エドガー@サイプラス』の政府機関に追われるBotエドガーは実在し、それは闇プログラマーによって作られたものとされているが、対テロ戦争の開始により真実は不明となった。一説によるとアメリカ国家安全保障局が実態を隠蔽するために、政府首脳に強く軍事作戦の遂行を進言したとされる。

回線[編集]

闇プログラマーは、闇ファイバー(ダークファイバ)によるネットワーク通信を行う。この回線は電気通信事業者が使用していない空きの回線のため、レイテンシが少なく光速の数百倍と言う速度を誇る。また、通常のインターネットプロトコルによる通信はされておらず、ダークプロトコルと呼ばれる独自のプロトコルを使用している。プロトコルはまた、ローカル環境においては無線LANを活用することもある。この無線LANも、通常のIEEE標準に基づかない、闇の電波と闇の周波数を用いた闇の無線LANで、自然界のバックグラウンドノイズのように観測されるため、逆探知などは困難になる。

事業仕分けで光より速い通信技術が出てきたらどうするんですか?という話があり、実は闇ファイバーの事であるが公に知られると闇プログラマーにipアドレスを改ざんされるので黙秘を続けたのはあまりにも有名な話である。

使用言語[編集]

闇プログラマーの使用言語は、上述の通り、洗練された思想・設計を持つものの、リア充には到底理解できない複数の言語だと考えられている。名称が分かっているのは、闇ベーシック(DarkBASIC)ではあるが、関数型なのか、オブジェクト指向型なのか、オペレーティング・システムを統合したものかさえも一般には知られていない。最近ではD言語(Dark Language)を使っている闇プログラマーも存在するらしいが、闇プログラマー自体が滅多に正体を明かさないため、探し出すのは非常に困難である。なお、歴史家は、Rubyの原作者であるまつもとゆきひろ氏が世間に紹介した、Haskellが闇言語ではないかと推定している。強い静的型付けを持つ純粋関数型言語で、闇に包まれて実装系が30年以上も発見されなかったためである。

偽装言語[編集]

闇プログラマーは、正体を偽装するため、以下の言語を用いることが多いと言われている。

  • D
    ベターCとして開発された言語。というのは表向きで、2010年9月に行われた闇プログラマーの暴露により、闇魔術というべきハッキングテクニックを記述するための言語であることが判明した。真の名は闇言語(Dark Language)。
  • LISP
    著名なテキスト・エディターであるEmacsは、そもそもはLISPの実行環境であるが、泥縄のプログラマを偽装するのに使う事もできる。
    Common Lispではなく、Schemeを用いている場合もある。
    かつてLOGOなる幼児教育用と称した言語が存在したが、実はLOGOはLISPの亜種であり、真の目的が闇プログラマー予備軍の早期育成であったことはあまり知られていない。
  • R
    手続き型言語の皮をかぶった関数型言語。
    アメリカ食品医薬品局で利用されるに至っており、医療関係者に闇プログラマーの蔓延が心配されている。
  • OCaml
    フランスのINRIAが開発した関数型プログラミング言語MLの方言とその実装である。
  • C++
    近年、ラムダ関数の導入を主張する人々が現われたが、その中にかなりの闇プログラマーが存在すると噂されている。
  • JavaScript
    関数型言語の側面も持ち、真っ当なオブジェクトベース言語で、NESカーネルのシェルに採用されるなどOSとの親和性が高いにも関わらず、Webコンテンツのイベントハンドラ内の手続き的記述が主目的のカワイソス言語。闇言語に近いが世間から疑われづらいとの理由で闇プログラマーの支持を得ていると言われる。

関数型言語への支持が多い理由として、関数型言語の世界では、プログラムとデータを差別することなく一級市民扱いしているため、永年差別で虐げられた感情から生じるシンパシーが考えられる。ちなみに、プログラムとデータの差別が無い、究極の言語は機械語である。

使用オペレーティング・システム[編集]

闇プログラマーが使用するOSは以下の通りである。先進的かつ洗練されたデザインを持ったOSだが日の目を見ることなく市場から消えたオペレーティング・システムに、現代的なチューニングをほどこし使っていると言われる。

  • OS/2 Warp5
  • Plan10
  • OPENSTEP 5
  • BTRON4
  • BeOS
  • OS-9(6809)
    Level2と呼ばれるバージョンがあるが、Level1との間には越えられない壁と言っても過言ではない程の違いがある。
    Level2は、たかだかクロック2MHzの8bitCPUであったが、64KBを超えるメモリをMMUを使ってアクセスできる、時分割での完全マルチタスクにより、プロセスが1個くらい死んでもOS丸ごと心中しない等、21世紀の現在から見ても遜色ないばかりか、当時の技術水準では考えられない機能を実現していた。しかし、当時の政治その他的どうのこうのにより、文字通り闇に葬り去られてしまった。
    HD63C09Eなる、本家6809よりさらに高速なCPUも存在したが、色々な意味で、闇CPUと呼ばれるにふさわしい代物であった。

類型[編集]

闇プログラマーの他にも、似たような称号は数多く存在する。

  • 銀河のプログラマー
    光・魔・泥縄・炎・古・神・皇族・土・風・泥・痛み、そして『闇』の全て力を備えたプログラマーである。
    宇宙中のすべての糞ソフトウェアを闇ホールに飲み込み、消してしまうことができる。
    星の数ほどのプロジェクトをデスマーチから救い、企業に貢献してきた。
    宇宙上に敵なしのプログラマーとも囁かれているほどの力の持ち主である。
  • 光のプログラマー
    人月単位でお金を払ってくれる、顧客の為に開発を行う者たちに与えられる称号。
    手続型言語をフローチャート通りに実装するため、オーソドキシアンとも呼ばれる。
    関数型言語は全く使えず、オブジェクト指向言語を与えてもGoFデザイン・パターンに沿ったコーディングは行えない。
    リア充。
    ホーリーファイバを利用して通信を行う。
  • 魔のプログラマー
    美しいプログラミングに魅せられた人々。顧客のためではなく、自分のためにコーディングを行える。
    高度なオブジェクト指向技術を持ち、テスト駆動型開発を崇拝している。また、GoFの23種類のデザイン・パターンを完全に覚えており、ことわざのように日常会話で用いる。
    光のプログラマからは内部が理解できないが、悪魔召喚プログラムと呼ばれる有用なライブラリを作り出すと思われている。
    たまに古の楽園Smalltalkについての伝承を語る。
  • 泥縄のプログラマー
    どんなに汚いコーディングでも、動けば正義だと主張している現実主義者。
    現在ではPHP、前世紀ではDelphi等のRADを愛用している事が多く、実用上、便利な成果物を残している。前世紀のLinuxは泥縄プログラマの成果物の集合体であった。
    経験値がたまると、魔のプログラマにクラス・チェンジすることが多くある。
  • 炎のプログラマー
    ひとたびプログラムを開始すると、その開発は逃れようもない大炎上を起こす者たちに与えられる称号。
    特殊な葉を乾燥させ薬品で仕上げた棒状の物体に火をつけ、そこから出る煙を吸うことで脳に呪術的な物質を送り込み続ける者が多い。
    燃えるハートで、顧客や上司、同僚と軋轢を起こす。亜種として「戦うプログラマー」が有名である。
  • 古のプログラマー
    時代にそぐわないプログラミング言語で、レガシーコードを書く開発を行う者たちにも与えられる称号。
    主にCOBOLを使用して開発を行う者たちに与えられる称号になっている。例えば、ジャパネットたかた専務執行役員の星井龍也氏が知られている。
  • 神のプログラマー
    すべてのプログラマ集いしとき、混沌より生まれたプログラマに与えられる称号。
    セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 (SNRI) を大量に服用することにより、システム上の物理メモリー/仮想メモリー空間はおろか、外部ストレージ・メモリーや、外部I/O等のすべてのシステムの状態を瞬時に把握することができる。闇プログラマーに余裕で対応することができるが、薬剤投与の副作用で、すぐに入院施設のある精神科に搬送されるため、実際には対抗勢力になりえない。
  • 皇族プログラマー
    敵に回すと皇室を敵に回すことになりかねない者たちに与えられる称号。
    7色の言語を操る。
  • 土のプログラマー
    IT土かt
  • 風のプログラマー
    「げほっげほっ……すいません、熱があって咳が止まらなくて……本日はお休みとさせて頂いてよろしいでしょうか……?」
  • 北のプログラマー
    巷で10年遅れのOSとか言われてるRed Star 2.0の開発に従事するプログラマー。
    彼らに開発の自由、言論の自由はあるのだろうか。
  • 泥のプログラマー
    闇会社のキャリアの最初の10年間の称号。
  • 病みプログラマー
    闇会社に勤め本物の闇を知っている者たちに与えられる称号。
    エクストリームスポーツの一つであるエクストリーム・デスマーチにおいて右にでる者はいない。
  • C++闇の軍団
    ところどころに実装定義が存在する、複雑な仕様のC++を使いこなし、開発を行う者たちに与えられる称号。
  • ブラックプログラマー
    通称黒プログラマ。闇プログラマーと名前が似ているが、全く異なるものである。後述するデスマーチ教の熱心な教徒であり、安らぎも健康も技術力も人間関係も人生も犠牲にして仕事に投入する時間をひたすら極大化している。1日は3人日であるというのが信条。なお闇プログラマーがデスマーチ教に入信すると、ダークブラックプログラマーの称号を得る。

関連組織[編集]

闇プログラマーはカノッサ機関以外でも様々なコミュニティと関係を持つ。

  • デスマーチ教
    かつての古代宗教で見られた苦行を現代で実践するものたち。睡眠時間の削減、粗食の追求、仕事時間の極大を進め、極限まで己の精神、肉体を鍛えぬく。
  • エスアイヤー
    プログラマーから解脱したもの達の集まり。使い魔であるプログラマーを使役し、闇プログラマーを物量で押す。別名シ企業。
  • タロ大学
    タロ大学関係者が「入門OCaml」を執筆するなど、偽装言語使いを積極的に育成しており、実質的に闇プログラマー育成機関となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]