出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

とはいくつかの意味がある。 1つはこの記事のように真っ暗で何も見えないような状況のことをさす。 他にも、フォースの暗黒面や、ハリーポッターにおける死喰い人のように、悪い奴らのこともというがこれも、真っ暗で何も見えない、要するにこの記事である。またの対義語はである。

概要[編集]

前述のように闇と言うのは真っ暗で何も見えないところである。よって誰にも見られないから好き勝手にしていい。だから本項でも好き勝手にしようと思うが、それでは記事の体裁を保てなくなるので、馬鹿にならずにバカバカしくやっていきましょう。

はどこにでも存在する。闇があってこそのだもの。

この記事にも  ぱくり参考にしたという闇がある。あれの二番煎じにはなっても二の舞にはならないようにしなきゃ。

悪口[編集]

ここは闇であって常人には見えない。よって管理人の悪口だって言い放題だ!!

  • ここの管理人はみんな魔法使いだぁぁぁ。
  • このNRV貼り付け野郎めぇぇぇぇぇぇ~~。

闇につつまれたもの[編集]

の可視化[編集]

この節は魔法によって可視化されています。 闇を可視化することは魔法使いなどすごい人なら出来るのだ。以下その例を挙げていこう。

  • 闇払い - 闇である死喰い人を一掃するための魔法省のすごい人たちだ。彼らはに変えるべく努力をしている。
  • 死喰い人 - 通称「デス・イーター」。彼らは闇払いに追い掛け回されている闇の魔法使いだ。純血を好む。闇の帝王の下せっせと恐怖の支配を作っている。闇である彼らがやみを可視化できなくてはしょうがない。
  • ドラえもん - 秘密道具を駆使してなんでも出来る。
ミッキーマンソン.jpg この記事「」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)

以上のような人物なら闇の可視化は可能である。

しかし、常人にも出来る。

以下その例を挙げよう。

  • 闇の魔術に対する防衛術を学習する。その際、人狼先生に教えてもらうのが最良だろう。
  • 透明術に関しての学習を行う。ハーマイオニー・グレンジャーと行うのが最良だろう。  とは割りと類似似ている。
  • 反対呪文をマスターする。

など、魔法使いを志すもの向けがメインとなっている。これでは、自宅警備員のあなたでも出来るはずだ。

  • 右クリックからの「全て選択」を選択。ただし、一部ブラウザでは使用できない。
  • 編集ボタンを押してソースから読み解く。ただし、ソースの分からない馬鹿には使用できない。

これなら、常人のあなた!君でも出来るだろう。

この記事のように闇の中にもは見られる。上記のように可視化することも出来る。自宅警備員の君。未来は明るい。明かりは見える。あきらめるな!!あきらめたらそこで試合終了だぞ。