関西テレビ放送

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
関西テレビから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関西テレビ放送」の項目を執筆しています。

関西テレビ放送株式会社(かんさいテレビほうそう)は、日本近畿広域圏放送対象地域とする民間放送事業者であり、差し替えを得意とする。そのため、短縮放送でフジテレビの番組を流すことになる。これは、地元の人から嫌がられており、反感を買う可能性が高い。関西読売テレビ大阪毎日朝日放送を構成。別名バ完済テレビ。

概要[編集]

場所は大阪民国の地下鉄堺筋線の扇町である。2007年某日に『発掘!あるある大事典』で納豆がやせるだのどうのこうの言ったが、それは嘘であった(いわゆる捏造)。これをきっかけに日本民間放送連盟から除名されるが、フジテレビの助けを受けて復活、HPを全回復した。

平日の夕方に『FNNスーパーニュースANCHOR』を放送しており、その番組には山本浩之という、冬山を思い出す頭を持つアナウンサーがメインキャスターとなっている。彼は数年前、生放送中に自らカツラであることを告白した。冬になると頭皮が寒くなり、カツラを付けていたころが懐かしいと語っている。彼は、関西テレビが投入した最終兵器であろう。

もう一人、忘れてはならないのは、お天気ナビの片平敦気象予報士。痩せていてメガネを掛けている容貌を持つ。彼は、天気予報前で明日の天気の特徴を印象的な物にするだじゃれを口にする。その内容によっては、スタジオで拍手が沸き起こることもあるし、冷たい目で見られることもある。そのような自体にもくじけない彼は、大阪のおばちゃんのカリスマ的存在であろう。2009年度から彼の相方である片平君2号の動きのパターンが乏しくなった。

また、ニュース速報のテロップが流れる際はどのテレビ局でもチャイムが流れるのが掟だが、関西テレビでは恐怖のサイレンがテロップと共に突如鳴りだし、人々を恐怖に陥れる。

関西テレビの問題点[編集]

  • 月曜日と金曜日の夜7時になぜかローカルバラエティを差し替え。フジテレビの番組は日曜の昼間に差し替え、2時間スペシャルのときは夜8時から1時間の短縮放送になる上、カットした部分は日曜の昼間にすら放送してくれない。
  • めざにゅー』のネットを打ち切ったり、『めざましどようび』を短縮放送する。
  • 競馬中継の差し替え。博打打でない方には関係ない。地上波で流すべきではない。
  • ノンストップ!』や『ワイドナショー』の差し替え。有名なフジテレビのアナウンサーやタレントの顔が見られず、関西の安物タレントの番組。
  • 東京大嫌いな頑固親父やしきたかじんのローカル番組。
  • ローカル番組を制作する金がない、でも東京発のリアルタイムの番組を放送することはプライドが許さないため、ネプリーグなどの再放送で暇つぶしする。
  • 再放送ばかりでは芸がないと思われるため、週によっては傑作選と題目を変えて放送(しかし中身は再放送と全く変わらない)。
  • キャサリン』をお上のフジテレビから許可をもらって放送。
  • フジテレビ制作の深夜番組が少ない。
  • フジテレビのスタジオで収録・放送しているのに、ちゃっかり「共同制作」として関西テレビのクレジットが載っている番組が他の系列局よりも比較的多い(『SMAP×SMAP』、『情報ライブ ミヤネ屋Mr.サンデー』など。)
  • 現地から頼まれてもいないのに、勝手に取材に来た職員がガソリンスタンドで順番待ちの列に割り込み。住民が激怒するも「おめーらだけには言われたかねーよ」と逆ギレ。

マスコット[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「パチエモン」の項目を執筆しています。
  • パチエモン
    卵とたらこと胡麻で構成されている。口癖は「カンテーレ」で、関西弁を喋る。どことなくくちぱっちに似ている。
    初期の名称は「ハチエモン」で、様々な仲間が存在するが、いつのまにか出番が少なくなった。『あるある大事典』以後、出番の少なさをいいことに現在の名前に改名。最近の放送開始オープニングでは、女装した3匹がバンドを組んでいる。

関連項目[編集]