関根勤

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関根勤」の項目を執筆しています。

関根 勤(赤熱トム、せきね つとむ、1953年8月21日 - )とは、個性派物真似師の大御所であり、説明ジジイである。

人物[編集]

初代大滝秀治が具合が悪い時は、初代の皮を剥いで二人羽織をしている。
  • 芳賀書店のレジ係を務めたりと、それなりにベテラン色を出してみたりもする。温和そうなイメージからは想像できないが、かなり作法にはうるさく、不作法な言動をすると千葉真一もしくは藤岡弘、の物真似で殺人チョップを食らう。
  • 小堺一機は昔からの盟友で、互いを「ムックン」「ラビー」と呼び合う仲である。また、同世代の芸能人である明石家さんまからは"関根さん"と呼ばれており、関根も"さんちゃん"と返している事から、彼らの上下関係は微妙な位置づけであるようだ。(ちなみにさんま=小堺間では"小堺"・"さんまさん")
  • あまりに赤熱トムと書きすぎたからCMでも「せきねつトム」で出演されてしまった。名前を入力して変換してたら誤変換しちゃいましたネタとして微妙にローカルなネタなのに残念。
  • 笑い顔がオーバーでわざとらしいのも特徴。
赤熱トム時代の写真

歴史[編集]

  • 1970年代 ギンザNOW!初代王座として君臨。兎人間として名を馳せる。
これまでは誰も真似をしなかった長嶋茂雄ジャイアント馬場などのような「スポーツ選手の発言や仕草の真似」というジャンルを確立させる。サード長嶋春一番に多大なる影響を与えたものと思われる。
萩本欽一に「くどいキャラ」と言われる。
欽どこで小堺と「黒子とグレ子」でタッグ結成。
この頃カマキリ殺法に磨きを掛ける。キレが良すぎて何匹ものバッタや蝶を退治してしまって生態系がプチ破壊される。
擬音が挨拶になる。
現在は専属・兼任の放送作家になった有川周一舘川範雄楠野一郎は初期の頃のトップリスナーにして
  • 1990年代 アニメ声優番組ブーム、お笑いブームなどの時代の波を受け、放送時間や曜日の変更という妨害を受けまくる。
名前の省略の仕方に独特の手法を取り入れる、例えば小倉優子は「おぐゆう」である。
  • 2000年代 「いいとも」と「さんまのからくりTV」ではレギュラーの座を確保。

関連項目[編集]