関東鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関東鉄道」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「関東鉄道」の項目を執筆しています。
関東一円に路線網を持つ大手私鉄?」
関東鉄道 について、通勤・通学等で日常的に電車を利用している関東以外の一般人
「え?そんな大手私鉄聞いた事が無いけど?詐欺?」
関東鉄道 について、茨城県外の関東人
バス会社じゃなかったの?鉄道部門もあったの?」
関東鉄道 について、関東バス東京都)・関東自動車栃木県)・関東鉄道バス(茨城県)の利用者
「あれやろ、近鉄の関東版やな? で、球団なんて名前? 持ってへんの?」
関東鉄道 について、近鉄(近畿日本鉄道)沿線住民
「社名詐欺のような・・・」
関東鉄道 について、鉄道教信者(大手私鉄宗派)
「身の丈にあった社名をつけようよ」
関東鉄道 について、富山地方鉄道福井鉄道長野電鉄静岡鉄道広島電鉄 etc.
紀州鉄道(全長270メートル)っていう例もあるから、別にいいんじゃないの?」
関東鉄道 について、和歌山県民のごく一部・鉄道教信者
「こやつらめ、関東鉄道をよくも罵倒しやがって、全くもってけしからん!!」
すべての発言 について、磯野波平京成電鉄京急電鉄
「関東鉄道を罵倒しているやつらを日本から追放して何処かに置いて行ってくれ。ああいう奴絶対にダメだ!」
すべての発言 について、JR東日本佐野実

関東鉄道(かんとんてつどう)とは、茨城県南部に路線を持つ鉄道会社である。京成電鉄東武鉄道アキバエクスプレスなどと資本関係があり、ダサイ会社の粋を極めた存在である。昔は「常総筑波鉄道(じょうそうつくばてつどう)」と社名も相当ダ○かった。

暴走族が「○○統一!」(○○には地域名などが入る)とやるノリで、関東一円を網羅する大手私鉄になる事を夢見て、昭和中期、とりあえず地元の茨城県内の常総筑波と鹿島参宮が合併し、とりあえず茨城四天王 4路線・総距離1000キロ超えは達成したが、日立電鉄線(死亡)や茨城交通線(身売り)は取り込めずに茨城統一すらできないばかりか、鉾田線(晩年の鹿島鉄道・死亡済み)、筑波線(晩年の筑波鉄道・死亡済み)はお荷物にしかならないと悟り、昭和後期にはなかったことにした。しかし、社名は変えなかった。

現存する鉄道路線としては常総線・竜ヶ崎線があるが、むしろバス会社として悪名をとどろかせている。バスが首都高で渋滞にはまって動けなくなることから「嵌頓鉄道」と呼ばれていたが、現在は首都圏のナウな鉄道会社を自称するため「関東」の名を冠している。しかし鉄道がボロいのは関西鉄道(→JRトンヘ関西本線)と似たり寄ったりである。

略称は「関鉄(かんてつ)」。一般には「初志関鉄」という言葉で有名である。

鉄道事業[編集]

常総線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関東鉄道常総線」の項目を執筆しています。
路線図。「水海道より北の線路は都市伝説」を裏付ける内容。

東京×トロが乗り入れる取手駅から、西取手・寺原・新取手・稲戸井・戸頭・南守谷・守谷・新守谷・小絹・水海道駅までを走る路線である。水海道駅から下館駅も鉄道路線として続いていると言い張る人もいるが都市伝説の一種と考えられる。ただし、半分だけ亜空間に足を踏み入れているとの主張もあり、その証拠として線路や車両や乗客が唐突に半分になって進んで行く車両の目撃情報もある。

また、ある仮説によると車両・乗客共々、南水海道信号所に拘束されているとのことである。南水海道信号所は未知の世界となっており、関係者以外は立ち入ることの出来ない恐ろしい領域となっており、亜空間への入り口としては最高の場所であろう。

水海道はオヤジギャグが吹き荒れる極寒の地であり、ドアの半自動化を気動車としては初めて手掛けたことでも知られる。以前は、車体中央部にもデッキがある特徴ある車体構成であったが、現在は撤去されている。また関鉄では珍しくチャイムを導入したが、糞音質である事が上信電鉄高崎駅と共に知られている。道内の駅は、北水海道・中妻別・三妻別・南石下内・石下内・玉村別・宗道・下妻別・大宝部・騰波ノ毛・黒子延・太田幌・石狩下館の13駅であり、学園都市線と相互乗り入れを行っている。学園都市線の電化に伴い、石狩下館駅構内では、関東鉄道の気動車とJRの731系電車が連結する光景がみられるようになった。なお線路脇には大量のドライブシャフト、ブレーキシューなどの部品が落ちているが誰も気にしない。

戸頭駅付近ではグモッチュイーンが多く、ダイヤが度々乱れる。また水海道以北の踏切には信号機が無く、それ故、自動車と半分だけ亜空間から顔を出した車両との接触事故が後を絶たない。

さらに、西取手~取手間は緩い勾配となっており、紀元前1世紀頃に日本国有鉄道のキハ35形(常総線譲渡後はキハ350形)のブレーキが利かなくなり取手駅の駅ビルにお買い物しに行ったこともあった。これはブレーキ管に、寺原駅に隣接するゴルフ場のゴルフボールが詰まっていたことが1つの原因ではないかと推測されている。

竜ヶ崎線[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関東鉄道竜ヶ崎線」の項目を執筆しています。

香川県の讃岐から始まり、入地駅を通って竜ヶ崎駅を結ぶ、高校生乗客主体の路線である。日本初のワンマン運転施行路線としても有名である。また、運転席が右側にあるという独特のスタイルをした車両が走っているが、コレは「左運転席のアメ車は許さない。運転席は右側が正しいのだ!」という、貧乏で外車が買えない(もっとも、下記のごとく、バス事業関係は外車が非常に多い)茨城人の考えの下にこのようになっている。

使用車両[編集]

  • キハ0形 : 国鉄が使い切ってそろそろ廃棄しようとした車体を買い占めた車両である。旧キハ10形など。改造前の車体にあったステップを廃止してバリアフリーを謳っているが、そのせいでドア付近の床が思い切り傾斜しており、ドア前で立ち席する迷惑な乗客の駆逐に威力を発揮しているが、よく、ドアに人間や色々なものが引っかかり、ダイヤを乱すことが多い。
  • キハ310形 : キハ0形のパクリで、同様の自称パリアフリー車。外見はほとんど変わらないが、ドアチャイムが高音であるのが特徴。耳が痛くなった乗客によって色々なところが破壊されている。
  • キハ350形 : 常総線のお荷物列車とも言える存在。旧キハ35形。ブレーキが利かなくなり取手駅に突っ込む特技を持つ。トイレが撤去されてしまい、通勤ラッシュの乗客、なかでも腸が悪い人からはとても嫌がられている。JR千代田線の高速爆弾ドアに対抗し、きしみ騒音ドアで売り出していたが右左のドアの息が合っていない。車体を新造しなかったため、いちばんボロく、自称パリアフリー改造をしてもホームとの段差が最大のため、乗降の際はJR飯田橋駅のような注意を要した。南水海道信号所に拉致され、解剖実験されている仲間が多くいる。水色に塗られた4両は国鉄京浜東北線に貸し出されたが、在日朝鮮人達が暴れて破壊し、その様子が井筒和幸のドキュメンタリー映画に収められている。
  • キハ2100形 : 関東鉄道のイメージを一新した(といっても車体色は京成観光バスのパクリである)救世主とも言える車両。しかし、キハ0形等との連結が考慮され自動空気ブレーキになっているので、名物の取手駅クラッシュが期待される。車体がたまにすごく軋むことがあるり、車両接着にアロンアルファが使用されているという説が最近浮かび上がってきているが、ヤンキー文化華やかな当地では信憑性がある。上記の各車種に比べて車高をローダウンしているので本当にパリフリー車。運転室が無い側の妻面に、ヤンキーに魔改造された車のごとく竹槍マフラーが数本そそり立っている。
  • キハ2300形 : 関東鉄道初の電気指令式ブレーキを採用した車両。加速もいい。しかし、グモッチュイーンが多いことも有名。また、仲間でありながらもキハ2100形にライバル心を燃やしている。しかし、キハ2100形共々、より高性能なキハ5000形と同じ塗装に浸食されつつある。

バス事業[編集]

主に茨城県内の近郊輸送および茨城県と都心を結ぶ都市間バスを運行している。箱根から先は関東ではないが「沼津は関東」と強弁し免許を未だに維持している。

アキバエクスプレスの開通以前は、4階建てのメガライナー、乗客をこぼれんばかりに山盛りに載せて走るテラライナーや、三両編成の連接リムジンバス、百鬼夜行バス、チバラギ仕様な夜の氣志團バスなど様々な長距離バスが東北道・常磐道・首都高でみられた。

アキバエクスプレスの開通によって金蔓だったヲタク客を一気に失い、雑多な運用は整理された。その代わりに路線バスとしては初の時速160キロ運転と、渋滞の少ない専用路線の走行を実現している。しかし、アキバエクスプレス沿線住民からは、駅構内、特にホームに排気ガスが充満するとの苦情があり、近くハイブリッド動力化される見通しである。

また、夜行バスについては、現在は「いなかっぺ関西号」のみ運用されている。

バス事業は鉄道業よりも収益性が高く、中の人は、ボルボベンツその他ドイツ車など、中には一億円近くするものもある高級外車を、昼夜問わず乗り回すことで知られていた。

つくば駅からは東京駅に向かう高速バスが運行されているが、アキバエクスプレスの開通に伴って乗客が減少し、今では暇そうにハンドルを握っている1人しか乗っていないことがしばしばある。

また、数年前までは30分遅れなど普通で、筆者は大雨の中、傘を差しながら40分もバスを待っていたことがある。

関連会社[編集]

  • 鹿島鉄道 - 廃線済。なお、跡地の一部がバス専用道路になり、保有車両の一部は近くの公園に飾られている。廃品利用精神旺盛である。
  • 筑波鉄道 - 廃線済。やはり跡地は道路になったが自動車は通れない。
  • 大利根交通 - 関東鉄道から独立した会社だが(嘘)、車両の状態や運行本数は「本家」を軽く超えている。ある意味「青は藍より出て藍より青し」の京成クオリティを地で行っている。こら、そこ。カラーリングが名鉄グループのパクリだとか言わない。
  • アキバエクスプレス