関市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
関市につきまして説明している項目です。はい。

  • 三重県の町につきましてですがー、えー……関町をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「関市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「関市」の項目を執筆しています。

関市(せきし)は、岐阜県中濃地方の都市である。

またの名を「刀都」と言い、関と問えば「刃物」と返り、刃物と問えば「」と返る。関市を語る上での最重要項目として「」と「V」があげられる。

概要[編集]

岐阜県中部に位置する中濃地方の中心都市であり、鋭い刃のようなV字型の市域をしている。日本の人口重心があることから、その形はV字天秤のようでもある。関市は岐阜県もしくは長良共和国の市であって、「関の山」で有名な東海道の宿場町ではないし天下分け目の戦いがあった町でもない。曖昧な同一地名や類似地名にはくれぐれも注意が必要である。

刃物の生産が盛んで、我々が普段手にする包丁剃刀はほとんどが関市で生産されている。フェザーは大阪に、貝印は東京に本社があるが、実際には本社の名を借りたただの営業拠点であり、製造本拠地は関市である。さらには、殺人や強盗などで凶器として使用される刃物のようなものも、関市で生産されたものであることが多い。このように関の刃物は日常・非日常を問わずあらゆる場面で活躍しており、あなたの家にも必ずや美濃関産の刃物があることだろう。

関市は、ドイツゾーリンゲンイギリスシェフィールドとともに「刃物の3S」と呼ばれるが、姉妹都市にはなっていない。「刃物職人達は揃って堅物であり馴れ合いを嫌う」「鋭く危険な刃物産地の市民同士がひとたびすれ違えば何が起こるか分からない」と言った理由から刃物産地同士の都市提携は行われていないようだ。

地理[編集]

長良川とその支流である板取川や津保川が流れ、V字谷を形成している。板取川の奥地には「板取スイス村」と呼ばれるスイス人の入植地があり、村に通じる板取街道はその名に反して虎杖ではなく紫陽花の名所となっている。

長良川は鮎の産地として有名であるが、ヤナ漁の本場は上流の郡上市鵜飼の本場は下流の岐阜市であり、関の知名度はそれらより遥かに低い。これは関の刀匠が自ら打った日本刀の切れ味を試すために、長良川に腰まで浸かって刀を振って、泳いでいる鮎をメッタ切りにしているからである。なお、関にも岐阜に比べてれば非常に小規模であるが、小瀬鵜飼が存在するが、ほとんどは日本刀でメッタ切りにされた鮎を鵜が拾うという漁法であり、岐阜の鵜飼とは比べ物にならない。

平成の大合併によって武儀郡の町村を編入したが、美濃市と合併出来なかったため、V字型の市域となった。この個性的な市形を、ウィキペディアでは「いびつな形状」などと記述しているが、市当局では「鳥が翼を広げたような地形」と表現することでうまく取り繕っている。それでも内心では忸怩たるものがあるらしく、V字型をモチーフとしたゆるキャラであるぶぅは、関市の公認となっていない。関市の公認キャラクターは刃物をモチーフとした「関*はもみん」である。

ちなみに、旧武芸川町・洞戸村・板取村を「西翼」、旧武儀町・上之保村を「東翼」と呼んでいる。この翼によって停滞気味の経済をV字回復に導くことが出来るか、その力が試されている。

歴史[編集]

関の刃物の歴史は、西国から刀工がこの地に移り住んだことに始まる。市内には鍛冶町・元重町・孫六町があり、「刀祖元重」「関の孫六三本杉」と言えば業界では知らない者はいないだろう。もし知らなかったらその業者はモグリである。安土桃山時代までは、「長船」を擁する備前が、関と並ぶ二大産地であったが、洪水で壊滅している。そのため備前の刃物生産壊滅の真相は、関が忍者を雇って破壊工作を行ったとの説が、現在に至るもまことしやかに語られている[要出典]。20世紀に入ると、良質な鉄を産する満州国が刃物の生産地として新たに名乗りをあげたが、関はそれに対抗して「満州国産の日本刀は、満州鉄道で使い古したレールを再生した粗悪品で、実戦ではすぐに折れる。」という悪質なデマを流した[要出典]。結局、満州国は日本の敗戦に伴い滅亡したため、現在に至るも関が日本の刃物生産を独占している。

地名の由来となった美濃関は、刃物の取り締まりを行っていた重要な関所であるが、不破関鈴鹿関と比べると知名度が極端に低いため、ごくまれに、関市に関ヶ原があると勘違いしてやって来る県外人がいるようだ。

V」がローマ数字5を表すように、岐阜県内で岐阜大垣高山多治見に次いで5番目に市制を敷くなど、平成の大合併以前から「V字」との関わりを持っている。

交通[編集]

古来より京都飛騨を結ぶ交通の要地であるが、中山道高山本線各務原市美濃加茂市を通っており、関市には、台風豪雪の被害でボロボロに荒れている長良川鉄道越美南線しか通じていない。なお、長良川鉄道の本社は関市にある。かつては名鉄美濃町線も通じていたが、岐阜市の陰謀によって廃止された。

市内に東海北陸自動車道東海環状自動車道の二つの高速道路が通じており、東海北陸道に関IC、東海環状道に関広見ICがある。開通当初の関ICは、その名に反して料金所が設置されていなかった。

関広見ICの開通前の仮称は「関西IC」であったが、IC付近に関西電力の開閉所があり、紛らわしいとの声を受け現在の名称に変更された。関広見ICが出来たことで、可児市の広見より当市の広見の方が有名になりつつある。

関連項目[編集]


この項目「関市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)