関ケ原町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「関ケ原町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「関ケ原町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「関ケ原町」の項目を執筆しています。

関ケ原町(せきがはらちょう)は、長良共和国揖斐県(旧岐阜県南西部)にある町。日本の東西を分ける場所であり、東日本と西日本の緩衝地帯である。

概要[編集]

北は伊吹山など、南は養老山脈などに挟まれており、南北の幅は約3km。地形に多少起伏はあるにしろ、山を越えずに東日本と西日本を行き来できる貴重な地域のため、昔より東山道中山道国道21号線東海道本線東海道新幹線名神高速道路など、あらゆる交通網が集中してている。言い換えればここを占領すれば、日本の流通は完全に麻痺してしまうことになる。そのため町はそのことを利用し、長良共和国などに巧みな交渉を行い(ある意味脅し)、永世中立を勝ち取っている。

東日本VS西日本の様々な戦いの最前線であり、現在も戦争状態であると言えるが、人的被害は全くないことから住民は冷静にその状況を楽しんでる。

現在継続されている戦争[編集]

関ヶ原の戦いに乱入した武田信玄
  • 関ヶ原の戦い
    • 公式には400年以上前に終戦(東軍の勝利)となっているが、一部の武将は戦争を継続中である。長い年月により肉体が滅びる恐れがあったため、伊吹山にあるという不老不死の薬草でコンクリート像に姿を変えている。戦争の状況は関ヶ原ウォーランドで確認できるが、如何せんコンクリート像で動けないため、にらみ合いが続いている。
  • エスカレーター戦争
    • エスカレーターに乗るとき、右に寄るか左に寄るかの論争。
  • 赤いきつね戦争(別名どん兵衛戦争)
    • 同じインスタントカップ麺でも東と西とではダシの味が異なるため、この地域でしのぎあっている。この戦争での指揮官は金八先生であり、「戦車が恐くて赤いきつねが食えるか!」という名言を残している。
  • 将軍との戦い
    • 毎年に行われる雪将軍と東海道新幹線との果てしない戦い。東京大阪を行き来する芸能人、会社員、政治家、旅人など全ての人に影響を与える戦争である。この戦いの状況はあらゆるマスコミで報道され、人々は一喜一憂する。この報道で岐阜県の地名として関ケ原は有名であり、岐阜市大垣市の嫉妬を買っている。
  • アホ馬鹿戦争
    • 東京では「馬鹿」、大阪では「アホ」と言う言葉の境界線をめぐる戦争。これに名古屋の「たわけ」が乱入したことによりややこしくなり、探偵!!ナイトスクープ局長上岡龍太郎の命により北野誠が仲裁しようとしたが失敗。全国に戦争が拡散してしまったという。その後、探偵!!ナイトスクープの探偵が総動員で仲裁に回り、一旦は終結した。
  • 標準語戦争
    • 江戸時代までは京都の言葉やアクセントが標準語と言えたが、明治時代以降は東京の方言が標準語となったことによる戦争。言葉だけでなくアクセントもこの地域で東と西で変わる。現在はNHKなどの東京のマスコミの力の影響で東側が有利とされているが、逆に関西東海のマスコミは平日午後、土曜午前を限定で東京に攻め込んでいる。

終結した戦争[編集]

名所[編集]

  • 関ヶ原ウォーランド
  • 関ヶ原古戦場闘技城
  • 関ヶ原鍾乳洞


この項目「関ケ原町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)