閉店

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

閉店(へいてん)とは

  1. 商業施設で蛍の光を聴く儀式のことを指す。#儀式としてを参照。
  2. 辞める辞める詐欺の亜種。#詐欺としてを参照
Disambiguation
このページは人間の頭がごちゃごちゃになるのを回避するための項目です。この項目を見た場合は、すばやくここからリンクされている別のページに移動した方が、頭のためになります。ここへリンクしているページがありましたら、他の人の頭をショートさせないためにも、ここから案内される各々のページへリンク変更をしてください。

儀式として[編集]

この儀式は一日の終わりをしめやかに迎えるために行われる。主に百貨店やショッピングモールなど大型商業施設、および公共施設で行われることが多い。これらの施設で蛍の光が流れ始めたら来場者は一日の終わりをしみじみと感じながら、曲が終わるまでに施設を後にして家路を急ぐ。なお、立ち止まって蛍の光を最後まで聴かないことがこの儀式の暗黙の了解となっている。

近年ではコンビニエンスストアなど「閉店」しない24時間営業の店舗が増加など社会情勢の変化に伴い、この儀式を省略する商業施設も増加しているといわれている。

詐欺として[編集]

詐欺としての閉店は「店を閉める」と宣言すると注目度が高まり閉店セール目当てに客が集まる現象を利用したものである。大々的な宣伝をせずとも客を集めることが出来るため、競争が激しい紳士服量販店では「閉店セール」が「フレッシュマンフェア」「決算セール」と並ぶ恒例の年中行事となっている。

基本的に詐欺としての閉店の場合も形ばかりでも店を閉じることが多いが、中には延々と閉店セールを行う店もある。大阪府のある靴店は閉店セールを始めてすでに半世紀近くになる。この靴店はある種のサザエさん時空に巻き込まれたのではないかとの指摘もあるが、真相は定かではない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「閉店商法」の項目を執筆しています。