門司区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

門司区(もじく)とは、福岡県北九州市に存在する7つの行政区の一つである。

2010年度より、北九州市を拠点とした地方勢力、ギラヴァンツ北九州の勢力下になることが決定。弱小勢力を抱えながら、本州よりやってくる外敵をいかに食い止めていくかが大きな課題である。

概要[編集]

九州と本州を分ける関門海峡で有名な門司区は、企救半島という誰も読めない地名の大部分を占めている区である。いちおう、きく半島という。古くから本州と九州を結ぶ中継地点として栄え、それは海峡の名前にも、下関のと、門司のをあわせて関門海峡と読まれていることからも分かる。

ただし、旧名は馬関海峡(ばかんかいきょう)。もっとも、この危ないネーミングは全て下関側の地名によるものであるので、門司区には何の罪もない。

地理[編集]

九州と本州を結ぶ段階で戦略的にも政治的にもトップレベルの重要な地区であることは間違いない。そのため、門司区には海上保安庁第七管区海上保安本部が設置され、瀬戸内海と九州全域の海上の安全を担っている。いるはずなのだが、福岡県警は門司水上署を廃止して門司署に統合した。そのため、区内では110番に電話すると118番に転送されるという都市伝説が(中略)である。

そんな大事な話をウィキペディアではこれっぽっちもしやがらない。リンクすらない。

そのほか、日本の道路、船舶といった輸送手段の全ての重要な交通路に当たり、国道2号線と国道3号線に加え、関門橋といったまさに日本の輸送の大動脈が門司区を通過している。

通過しているだけだなんていうな。事実だからこそ。

また、源平合戦のクライマックスである壇ノ浦の戦いが行われた壇ノ浦や、宮本武蔵佐々木小次郎が戦った巌流島対岸の下関市に存在するため、歴史ファンが間違って訪れる場所としても有名である。そして、間違った歴史ファンを対岸の下関市へ送り届ける船便を定期運行しているのも門司区の特色である。

あわせて、2009年10月には、護衛艦くらまコンテナ船カリナ・スター衝突事件が発生するなど、一つの区ではありえないほどの多用な内容を門司区は抱えている。

門司港[編集]

明治から戦前まで外国との交易で栄えていた門司港が存在する。戦前は石炭の輸出で有名で、北九州港とともに九州各地の炭鉱から石炭を輸出しまくっている。そして、戦後にエネルギーの主流が石油に移ってサヨウナラ

まぁ、よくある話である。

なお、もう一つ門司港を代表する文化の一つとして、的屋のタンカ売で有名なバナナの叩き売りがある。テキ屋がハリセンを叩きながら調子よく売り込む姿は、寅さんで有名な男はつらいよでも幾度と無く見られた場面である。門司港はその発祥の地としても有名で、大正時代台湾から輸入したバナナの中で、腐って商品価値無くなったものを門司港で安く売りさばいたのが始まりとされている。

そんな大事な話をウィキペディアが記載していないのは、きっと目の錯覚だ。

現在は、北九州港として一まとめにされてしまった上、門司港レトロといった過去の栄光を押し出すことで、観光地として生き残りを図っている。

ギラヴァンツ北九州[編集]

2009年12月1日、北九州市をホームタウンとしたサッカーチーム、「ニューウェーブ北九州」が「ギラヴァンツ北九州」に改名する。これは、「ニューウェーブ」という言葉がすでに商品登録されていたためであり、どこかの新潟県に存在するサッカーチームでも見られた笑い話である。

あわせて、ギラヴァンツの練習場は門司区の新門司球技場であり、そんな大事な話をウィキ・・・もういいや。

なお、福岡県を拠点とするJリーグのチームはアビスパ福岡が有名だが、実はアビスパは1995年に静岡県藤枝市から福岡市へ移転してきた外来の勢力であったため、生粋の福岡チームであるギラヴァンツとは大きな隔たりがある。

教育[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「敬愛幼稚園 (福岡県)」の項目を執筆しています。

門司区にある敬愛幼稚園という記事がウィキペディアに存在する。幼稚園である。1925年に藤井玄瀛氏によって設立された幼稚園である。

そんな大事な話かウィキペディア

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「門司区」の項目を執筆しています。