長門 (戦艦)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情DHMOが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

長門(ながと)は大東亜戦争前の大日本帝国臣民にとっては、「陸奥」と共に帝国最大の戦艦とされてきた船舶である。とはいえ建造時は実際に、世界最大の戦艦であった。

世界最強の7隻、ビッグ7の一角に名を連ねるも、最後はビキニ環礁で核実験の標的艦として沈没する。

長門型戦艦[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長門 (戦艦)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長門型戦艦」の項目を執筆しています。

大日本帝国海軍第一次世界大戦でも日露戦争同様に一定の成果を収めたが、次第に支那の権益を巡ってアメリカ合衆国あたりと対立することになった。

そのため、この段階で既に同国を標的とした戦艦を果敢にも建造することになった。そうして、1920年に「八八艦隊」の第一号艦として建造されたのがこの「長門」であった。

なお、同型機として「陸奥」も少し遅れて建造されていたが、日本の動きをいち早く悟ったアメリカがワシントン会議を開催し、未完成である「陸奥」は沈没させよと要求した。これに対し日本は、未完成の船を半ば強引に進水させて完成品だという主張をし、そのまま通させてしまった。とはいえアメリカもイギリスも似たようなことはしていたため、この要求に対し大きな顔をすることが出来なかったという事情はあった。

さて、頭で終戦まで「長門」・「陸奥」は「帝国最大の戦艦」であったと述べた。しかし実際には大和型戦艦として「大和」・「武蔵」が1942年に建造されているのはご存知の通りである。

なぜ当時の帝国臣民が知らなかったかといえば、両戦艦は当時既に時代遅れとなっていた独活の大木であり、特に前者は暗にコメディの意図を込めて建造したものであったため、そんなことを臣民に知らせて失笑を買うのは恥ずかしいと、戦艦の存在そのものを禁則事項とし、臣民に対して情報統制を行ったからだとされている。

そんな訳で「大和」・「武蔵」の存在が終戦時まで公開されなかったことから、「長門」・「陸奥」は竣工してから長期にわたり、国民の人気を集める存在であった。特に大和魂を有した日本男子で「長門」に惚れ込まなかった者は皆無といわれている。

そのなかでも、「長門」の乗組員は「戦艦は国の柱」とみなしていたことから特に船への愛着心を強く有していて、船と自分は一心同体のものだと考えていたといわれており、そこから生じた「長門は俺の嫁」という文句は帝国海軍の模範とされ、流行語ともなった。

長門の孤軍奮闘[編集]

神風を吹かせるための改造

大日本帝国は多くの戦艦を有していたが、終戦時まで稼動状態で残ったのはこの「長門」のみであった。

他の戦艦は全て航空隊と同様、どうみても他力本願的な神風を吹かせるため徒労し、撃沈していた。同型艦の「陸奥」に至っては、何者かがエロ本をこっそり焼却処分しようとして誤って設計図を燃やしてしまったあげく、主砲塔内で闇鍋をやったために爆発炎上している。

「長門」はそのような馬鹿げたゲームに加わらず、孤軍奮闘を貫き通したため最後まで残ったとも言われている。 そのような戦艦であったことから信頼度は高く、山本五十六真珠湾を攻撃する際に乗艦した艦ともなった。

改造[編集]

捕鯨艦? 「長門」

戦後、「長門」は1946年にビキニ環礁でアメリカの核実験の攻撃対象として用いられ、その直撃で沈んだというのが定説である。しかし実際のところは、沈没後引き上げられて宇宙戦艦に改造された「大和」同様、別のものに改造されたとも言われている。改造後は「50ノット」で航行する事が可能なものになったとも、全く別の形態(候補としてサブマリン戦艦空母陸上戦艦航空母艦駆逐艦不沈空母 etc.)になったとも言われているが、真相は定かでない。

そもそも60年近く、誰も戦艦の形状をした「長門」を目撃していないことから、改造されて運用されていたとしても、主砲撤去その他原型をとどめないまでに魔改造されている可能性が高い。空母はおろか、航空機戦闘機)になっていてもおかしくないというのが現状である。

いくつかある説のうち有力なものとして、「『捕鯨艦長門』として食料増産に貢献した」というものがある。近年、環境保護団体による捕鯨船の撃沈、炎上が相次いだことから、調査捕鯨艦隊の旗艦としての復活論も根強い。昨今は農林水産大臣が大量のDHMOや電力を消費していることについて、環境保護団体から省エネに逆行する愚策と批判があったが、これについても一般的にいわれる議員会館の環境浄化(ナントカ還元水の項目を参照)、議員会館内での耕作などのほか、「長門」の現役復帰に向けた工事に使用されているという説がある。しかし、この件に関して水産庁および大臣は黙秘しており、関係者は口封じを兼ねたエクストリーム・自殺や顔の交換・改造を行い、国外へ逃亡した模様である。 (でも、日露(現マルハニチロ)が終戦後、海軍に「俺の船お前らに取られて、今船持ってないからなんか貸せゴラァ」ってたかったら、第一候補に長門を挙げた、、、っちゅうのは事実だお。)

関連項目[編集]