長門市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「長門市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「長門市」の項目を執筆しています。

長門市(ながとし)は、山口県北部にある同県の旧国名を付けたである。

[編集] 概要

山陰では珍しく、4つの鉄道路線が集まる交通の要所になっている。しかしいずれの路線にも急行や特急列車が無く、また本数も少ないため、高速バスしかアクセスが事実上無い萩市に、明らかに押されている。これは江戸時代徳川家康日本海側の寂れた所に長州藩の本拠を置いてしまえと企んだことに由来しており、長門市民としては自分所の繁栄を家康のせいで失ったと勝手に看做して、長州藩の中でも特に江戸幕府に対する反感を抱く者が多い地域になった。そしてそれが転じて、政治に興味を抱く者が増えることになり、後の安倍親子を生んだと言われている。

なお市に属する観光地の一つに向津具(むかつく)半島があるが、その名称は市の上述した現状を憤慨した者が、やけくそで名づけたものとされている。というより、それ以外の由来を考えることが出来るだろうか。

現在では安倍晋三の父親の出身地であるといったほうが、通りがよいであろう。また、安倍辞任と呼ばれる武将もこの地出身だという噂が流れたことがあるが、あくまでも都市伝説であり、真偽は不明である。

[編集] 観光

長門市ではに、人々が発狂して絶叫を上げる祭りが行われる。この祭は、この辺の地域民のヒステリック解消の役目を果たしていると考えた方が良さそうである。旧国名を名乗りながら、三重県伊勢市島根県出雲市のように、大きな観光地を持てていないことにコンプレックスを感じる市民は少なくないようで、その名称の壮大さを用いて萩市などを併合し、名実共に長門市を県下一の都市に変化させることを目論む勢力が密かに存在しているという噂がある。その最初の動きは2005年の3町吸収だという。信じるか信じないかはあなた次第だ・・・。

長門市に観光資源がないと言われれば、それは嘘である。温泉は"自称"本家本元湯本温泉に温泉信者には人気高いリウマチの名湯、俵山温泉の二大温泉がある上、海岸には海のアルプスと呼ばれ、景色の綺麗な青海島がある。ここがなぜアルプスと呼ばれるかは、本家アルプスに負けず劣らず遭難者が多いからであるが、その実態は某国家工芸人から拉検閲により削除

また、根強い信者を持つ聖地としても名高い。平成になり、信仰施設ができてから信者が相次いで訪れるようになった。その名は金子みすゞというただのおばはんであるが、吟遊詩人でもあり、記念館が作られるや信者が30万人以上人口移動したほどのカリスマを持つ。一方、何の因果か苗字がかぶるというだけで、もう一つの新たなる聖地として涙ぐましく布教しようとしている人たちもおり、「なんでこっちの記念館は作らないんだ!」と世迷い言を叫んでいるが、誰も相手にしない。現実の所、はるひ野三廻部のような非常事態には至らなかった。KYな都会の新人類たちもそこまで移動する余裕がなかったと見える。

[編集] 関連記事

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス